ルーキーが放ったホームラン!熾烈な競争いよいよ幕開け

2月24日
5試合のオープン戦が予定されていたが、ソフトバンクVSオリックスは雨天中止となった
DeNA VS広島
4-4 規定により引き分けとなった
オープン戦なので、延長戦はない
DeNAは石田健大、広島は大瀬良大地が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト2塁3塁
筒香嘉智のタイムリーヒットで先制
さらにワンナウト1塁3塁
ロペスのタイムリー内野安打で追加点
2-0とDeNAが先制する
広島はその裏の2回表
ワンナウト2塁3塁
田中広輔の犠牲フライ
2-1と広島が1点差に詰め寄る
DeNAは3回裏
ツーアウト1塁
筒香嘉智のタイムリーツーベースで追加点
3-1とDeNAがリードを広げる
広島はその裏の4回表
ワンナウト3塁
會澤翼のタイムリーヒット
3-2と広島が再び1点差に詰め寄る
さらに6回表
ワンナウト3塁
會澤翼のタイムリーヒット
3-3と広島が同点に追いつく
さらに9回表
ツーアウト2塁3塁
代打・松山竜平のタイムリーヒット
3-4と広島がこの試合初めて勝ち越す
しかしその裏
ワンナウト2塁
楠本泰史のタイムリーツーベース
4-4とDeNAが土壇場で同点に追いつき、試合はそのまま引き分けで終わった
DeNAは石田健大、今永昇太、山崎康晃が投げて、3人とも失点した
広島は大瀬良大地が3回3失点とピリッとしない内容だった

続いて中日VS阪神
4-2で中日が勝利した
中日は柳裕也、阪神は藤浪晋太郎が先発
試合は1回表から動いた
ツーアウトランナーなし
福留孝介のソロホームラン
0-1と阪神が先制する
さらに3回表
ワンナウト2塁
鳥谷敬のタイムリーツーベース
0-2と阪神がリードを広げる
中日はその裏
ワンナウト3塁
大島洋平の打球をファーストの木浪聖也がバックホームするも3塁ランナーの京田陽太がホームイン
記録はフィルダースチョイス
1-2と中日が1点差に詰め寄る
さらに4回裏
ノーアウト1塁2塁
京田陽太のタイムリーツーベース
さらにワンナウト2塁3塁
遠藤一星の犠牲フライ
3-2と中日が勝ち越しに成功する
さらに8回裏
ツーアウト2塁
渡辺勝のタイムリーヒット
4-2と中日がリードを広げ、そのまま逃げ切った
阪神は藤浪晋太郎が4回3失点
やはり四死球からの失点が目立った
中日は柳裕也が5回2失点と好投
その後は小熊凌祐、田島慎二、祖父江大輔、鈴木博志の投手リレーで無失点に終えた

続いてヤクルトVS楽天
3-8で楽天が勝利した
ヤクルトはスアレス、楽天は美馬学が先発
試合は1回表から動いた
オコエ瑠偉の先頭打者ホームラン
さらに田中和基のソロホームラン
2者連続ホームランで楽天が0-2と先制する
さらに2回表
ワンナウト1塁3塁
藤田一也のタイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
島内宏明に押し出しの四球
0-4と楽天がリードを広げる
さらに4回表
ワンナウト1塁2塁
島内宏明のタイムリーヒット
0-5と楽天がリードを広げる
さらに5回表
ワンナウト2塁3塁
オコエ瑠偉の犠牲フライ
0-6と楽天が大きくリードを広げる
ヤクルトはその裏
先頭打者のバレンティンのソロホームラン
1-6とヤクルトが反撃を開始する
しかし8回表
ノーアウト1塁
辰巳涼介のツーランホームラン
1-8と楽天が大きくリードする
ヤクルトは9回裏
ワンナウト満塁
松本直樹のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
村上宗隆のセカンドゴロの間に3塁ランナーの西田明央がホームイン
3-8と5点差まで詰め寄るも、反撃はそこまで
ヤクルトは登板した5人の投手のうち4人が失点した
楽天のルーキー、辰巳涼介はオープン戦初アーチとなった

最後は巨人VS日本ハム
3-2で巨人が勝利した
巨人は田口麗斗、日本ハムは金子弌大が先発
試合が動いたのは3回表
ツーアウト3塁
王柏融のタイムリーヒット
0-1と日本ハムが先制する
さらに8回表
この回先頭打者の横尾俊建がソロホームラン
0-2と日本ハムがリードを広げる
巨人はその裏
ワンナウト1塁2塁
大城滉二のスリーランホームラン
3-2と巨人が逆転し、そのまま逃げ切った
日本ハムは金子弌大と上沢直之で5回無失点
開幕戦と2戦目で先発予定の2人がしっかりと試合を作った
巨人は小林誠司、炭谷銀仁朗、阿部慎之助とポジション争いとなる大城滉二が試合を決め、しっかりとアピールした

楽天の辰巳涼介が放ったホームラン
オコエ瑠偉、田中和基もホームラン
楽天の外野のポジション争いはさらに加熱しそうだ
posted by ダークキング at 19:21Comment(0)日記

ついに始まったオープン戦!DeNAはホームラン攻勢!

2月23日
ついに始まったオープン戦
この日は3試合が行われた
まずは中日VSDeNA
4-8でDeNAが勝利した
先発は中日が吉見一起、DeNAがバリオス
試合が動いたのは2回表
ツーアウトランナー2塁
大和がレフトへのタイムリーヒットを放ち先制
さらに3回表
ツーアウトランナーなし
ソトがレフトスタンドへホームランを放つ
0-2とDeNAがリードを広げる
さらに4回表
ノーアウト1塁2塁
伊藤光がレフトスタンドへホームランを放つ
0-5とDeNAがリードを広げる
中日の反撃は5回裏
ワンナウト満塁
阿部寿樹がセンターへの犠牲フライを放つ
さらにツーアウト1塁2塁
加藤匠馬がセンターへタイムリーヒットを放つ
2-5と中日が反撃を開始する
さらに7回裏
福田永将がセンターバックスクリーンへホームランを放つ
3-5と中日が2点差に詰め寄る
さらに8回裏
ワンナウト3塁
平田良介が犠牲フライを放つ
4-5と中日が1点差に詰め寄る
しかしその裏の9回表
ワンナウト3塁
楠本泰史がレフトへタイムリーヒット
さらにワンナウト2塁
神里和毅がバックスクリーン左へツーランホームランを放つ
4-8とDeNAがリードを広げ、そのまま逃げ切った
中日は開幕投手候補の笠原祥太郎が3回4失点と打ち込まれた
DeNAはバリオス、エスコバー、パットンの外国人投手3人衆で4回を無失点と好投
今年もこの3人は手強そうだ

続いてヤクルトVS阪神
8-3 ヤクルトの勝ち
ヤクルトはブキャナン、阪神は才木浩人が先発
試合は1回表から動いた
ノーアウト1塁2塁
ナバーロのタイムリーヒットで先制
さらにノーアウト1塁3塁
大山悠輔のサードへの併殺打の間に3塁ランナーの糸原健斗がホームイン
0-2と阪神が先制する
ヤクルトの反撃は2回裏
ノーアウト満塁
中村悠平の犠牲フライ
さらにツーアウト1塁2塁
坂口智隆のタイムリーヒット
2-2とヤクルトが同点に追いつく
さらに3回裏
ワンナウト2塁3塁
西浦直亨のファーストゴロの間に3塁ランナーの渡邊大樹がホームイン
3-2とヤクルトが勝ち越しに成功する
さらに4回裏
ノーアウト2塁
代打、広岡大志がバックスクリーンへツーランホームラン
さらにワンナウト3塁
渡邉大樹が犠牲フライを放つ
6-2とヤクルトがリードを広げる
さらに7回裏
ノーアウト1塁
代打、荒木貴裕が左中間へツーランホームラン
8-2とヤクルトがリードを広げる
阪神はその裏の8回表
この回先頭打者の高山俊がバックスクリーンへソロホームラン
8-3としたが、ヤクルトがそのまま逃げ切った
ヤクルトは代打で出場した2人がホームラン
阪神は才木浩人が4回6失点と大炎上
開幕ローテーション入りへはまだまだ厳しそうだ

最後は巨人VS楽天
巨人は菅野智之、楽天は森雄大が先発
試合が動いたのは2回表
この回先頭打者のブラッシュのソロホームラン
さらにノーアウト1塁3塁
銀次のセカンドゴロの間に3塁ランナーの島内宏明がホームイン
0-2と楽天が先制する
さらに3回表
この回先頭打者の田中和基がバックスクリーンへソロホームラン
0-3とリードを広げる
巨人はその裏
ワンナウト1塁3塁
ゲレーロのタイムリーヒット
1-3と2点差に詰め寄る
しかし6回表
ワンナウト1塁
内田靖人のタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁
太田光のタイムリーヒット
1-5と楽天がリードを広げる
巨人はその裏
ワンナウトランナーなし
陽岱鋼が右中間へソロホームラン
さらにワンナウト1塁3塁
山本泰寛の犠牲フライ
3-5と巨人が再び2点差に詰め寄る
しかし9回表
ツーアウト3塁
オコエ瑠偉がタイムリーヒット
3-6と楽天がリードを広げ、そのまま逃げ切った
巨人は菅野智之が2回2失点だった
開幕まで残り1ヶ月ほど
各球団シーズンへ向けて調整段階も終盤へ向かっている
posted by ダークキング at 19:19Comment(0)日記

侍JAPAN28選手を発表!若きメンバーが選手された

稲葉監督の下2020年東京五輪での優勝を目指す侍JAPAN
3月9日、10日に行われるENEOS 侍ジャパンシリーズ2019でのメキシコ代表との強化試合
選ばれた28選手の平均年齢は24.2歳
若き選手のみが選ばれ、実績のある選手の代表入りは見送られた
代表に選ばれた選手は以下の通りである
阪神
大山悠輔 内野手
楽天
森原康平 投手
田中和基 外野手
中日
京田陽太 内野手
ロッテ
松永昂大 投手
田村龍弘 捕手
中村奨吾 内野手
DeNA
山崎康晃 投手
今永昇太 投手
三上朋也 投手
オリックス
山岡泰輔 投手
山本由伸 投手
吉田正尚 外野手
巨人
田口麗斗 投手
小林誠司 捕手
吉川尚輝 内野手
岡本和真 内野手
日本ハム
清宮幸太郎 内野手
近藤健介 内野手
西川遥輝 外野手
ヤクルト
梅野雄吾 投手
原樹理 投手
村上宗隆 内野手
ソフトバンク
高橋礼 投手
森唯斗 投手
甲斐拓也 捕手
上林誠知 外野手
広島
野間峻祥 外野手
以上28人が選ばれた
意外なのはパ・リーグ王者の西武からは誰も選ばれなかったことだ
と言っても、秋山翔吾、山川穂高などはもう実績も充分にある
東京五輪での代表当落ラインのメンバーがほとんどということかもしれない
ここで活躍出来るかどうかで東京五輪に出れるかどうか決まるだろう
もちろん今シーズンの活躍も必要なことである
2日連続のメキシコ代表との試合
是非とも連勝で終わってもらいたい
posted by ダークキング at 18:34Comment(0)日記