球団記録更新!月間勝利数19に!

広島が今月19勝目を挙げた
これまでの月間勝利数18の球団記録を更新した
25年ぶりの記録更新となった
さらに月間勝ち越し数もこれまでの12を上回る15となり、こちらも球団新記録となった
明日の試合でさらなる記録更新となるか注目である
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
ヤクルトVS広島
ヤクルトは小川泰弘、広島は山口翔が先発
試合は1回表から動いた
ツーアウトランナーなし
バティスタの第13号ソロホームラン
さらにツーアウト1塁3塁
磯村嘉孝の2点タイムリーツーベース
0-3と広島が先制する
さらに4回表
ツーアウト2塁
菊池涼介のタイムリーヒット
0-4と広島がリードを広げる
さらに5回表
ワンナウト1塁3塁
田中広輔のタイムリーヒット
さらにワンナウト1塁3塁
代打・小窪哲也のタイムリーツーベース
さらにワンナウト2塁3塁
山口翔がワイルドピッチによる振り逃げ
その間に3塁ランナーの田中広輔がホームイン
0-7と広島がリードを広げる
さらに6回裏
ワンナウト1塁3塁
田中広輔の第2号スリーランホームラン
0-10と広島がリードを大きく広げる
さらに7回表
ワンナウト満塁
西川龍馬のファーストゴロの間に3塁ランナーの菊池涼介がホームイン
0-11と広島大量リードとなる
さらに9回表
ワンナウト1塁
バティスタの第14号ツーランホームラン
0-13と広島が大量リードとし、そのまま逃げ切った
勝ち投手は山口翔
負け投手は小川泰弘
ヤクルトは村上宗隆と荒木貴裕が安打を放った
先発した小川泰弘は4回1/3イニング7失点と炎上した
広島はバティスタと西川龍馬が3安打と猛打賞の活躍
先発した山口翔は7回無失点と好投した
ヤクルトは14連敗となり、2年前のシーズン96敗シーズンの時の記録に並んだ
リーグワーストは球団記録の16連敗
この負けでチームは最下位に転落となった
広島の山口翔はプロ初先発であわやノーヒットノーラン
7回ツーアウトまでノーヒットピッチングで嬉しいプロ初勝利となった

続いて中日VS DeNA
中日は勝野昌慶、DeNAは東克樹が先発
試合は1回表から動いた
ワンナウト満塁
ロペスの第10号グランドスラム
0-4とDeNAが先制する
さらに2回表
ツーアウト3塁
宮崎敏郎のタイムリーツーベース
0-5とDeNAがリードを広げる
さらに4回表
ワンナウト2塁
神里和毅のタイムリーツーベース
さらにワンナウト2塁
宮崎敏郎のタイムリーツーベース
0-7とDeNAがリードを広げる
中日はその裏
ノーアウト1塁2塁
ビシエドのタイムリーヒット
1-7と中日が点差を縮める
しかし9回表
ツーアウト1塁2塁
柴田竜拓のタイムリーヒット
1-8とDeNAがリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は東克樹
負け投手は勝野昌慶
中日は阿部寿樹と松井佑介が2安打とマルチ安打の活躍
先発した勝野昌慶は3回2/3イニング7失点と炎上した
DeNAは宮崎敏郎と柴田竜拓が3安打と猛打賞の活躍
先発した東克樹は7回1失点と好投した
中日の勝野昌慶はプロ初勝利を挙げたヤクルト戦も、初の炎上となった
立ち直ることも出来ず、与田監督は早期交代させた
DeNAは約1ヶ月ぶりに最下位脱出
東克樹は今シーズン最長となる7イニングを投げた

続いて阪神VS巨人
阪神は高橋遥人、巨人はヤングマンが先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト1塁3塁
大山悠輔の第9号スリーランホームラン
3-0と阪神が先制する
巨人はその裏の2回表
ノーアウト1塁
大城卓三の第2号ツーランホームラン
3-2と巨人が1点差に詰め寄る
しかし5回裏
ノーアウト3塁
大山悠輔のタイムリーヒット
4-2と阪神がリードを広げる
さらに7回裏
ノーアウト3塁
糸原健斗の犠牲フライ
5-2と阪神がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は高橋遥人
負け投手はヤングマン
セーブはドリス
巨人は坂本勇人が2安打とマルチ安打の活躍
先発したヤングマンは3回2/3イニング3失点と打ち込まれた
阪神は近本光司、大山悠輔、マルテが2安打とマルチ安打の活躍
先発した高橋遥人は7回2失点と好投した
巨人は対阪神戦6年ぶりの4連敗となった
ビジター6戦6勝と相性のよかったヤングマンも4回途中で降板と波に乗れなかった
阪神は3連勝
高橋遥人は377日ぶりの白星を手にした
今日から広島との首位攻防戦にいい弾みがついた

続いてパ・リーグ
日本ハムVSロッテ
日本ハムは有原航平、ロッテは種市篤暉が先制
試合は1回裏から動いた
ワンナウト2塁
近藤健介のタイムリーツーベース
さらにツーアウト1塁3塁
渡邉諒のタイムリーヒット
2-0と日本ハムが先制する
さらに3回裏
ノーアウト1塁
中田翔の第11号ツーランホームラン
さらにワンナウト2塁3塁
石川亮の打球を井上晴哉がバックホームするも送球が逸れてセーフとなった
記録は井上晴哉の悪送球
5-0と日本ハムがリードを広げる
さらに4回裏
ワンナウト1塁2塁
清宮幸太郎の第1号スリーランホームラン
8-0と日本ハムが大きくリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は有原航平
負け投手は種市篤暉
ロッテは鈴木大地が2安打とマルチ安打の活躍
先発した種市篤暉は4回8失点と炎上した
日本ハムは中田翔が3安打と猛打賞の活躍
先発した有原航平は9回無失点と好投した
ロッテはレアードが絶不調
古巣相手にこの3連戦11打数ノーヒットと完全に封じ込まれた
種市篤暉は自己最悪の被安打11、8失点となった
日本ハムは4連勝
有原航平は3年ぶりの完封勝利でハーラートップの6勝目となった
清宮幸太郎は待望の今シーズン第1号ホームランが球団通算8000号となった

最後はオリックスVSソフトバンク
オリックスは榊原翼、ソフトバンクは泉圭輔が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト2塁
吉田正尚のタイムリーヒット
0-1とオリックスが先制する
ソフトバンクはその裏
ワンナウト1塁2塁
甲斐拓也の打球をマレーロが悪送球
その間に2塁ランナーの松田宣浩がホームイン
さらにワンナウト1塁3塁
牧原大成のファーストゴロの間に3塁ランナーの明石健志がホームイン
1-2とソフトバンクがすぐさま逆転に成功する
オリックスはその裏
この回先頭打者の白崎浩之の第1号ソロホームラン
2-2とオリックスがすぐさま同点に追いつく
しかし6回表
ワンナウト1塁
デスパイネの第14号ツーランホームラン
2-4とソフトバンクが勝ち越しに成功する
オリックスはその裏
ワンナウト1塁3塁
西浦颯大のファーストゴロの間に3塁ランナーの白崎浩之がホームイン
さらにツーアウト2塁
小田裕也のセカンドへの内野安打の間に2塁ランナーの西浦直亨が一気にホームイン
4-4とオリックスがすぐさま同点に追いつく
しかし8回表
ツーアウト2塁
デスパイネのタイムリーヒット
4-5とソフトバンクが勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は武田翔太
負け投手は澤田圭佑
セーブは森唯斗
オリックスは小田裕也、大城滉二、吉田正尚、ロメロ、後藤駿太、白崎浩之、小島脩平、西浦颯大が安打を放った
先発した榊原翼は6回4失点と打ち込まれた
ソフトバンクはグラシアル、デスパイネ、松田宣浩が2安打とマルチ安打の活躍
先発した泉圭輔は3回2失点とピリッとしない内容だった
オリックスはこれで借金9と今シーズンワーストとなった
2回の守備でミスをしたマレーロに西村監督は苦言を呈した
ソフトバンクのデスパイネは今月11本目のホームランとなり、自己最多記録を更新した

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ 3試合とも18時プレイボール予定
巨人(高橋優貴)VS中日(柳裕也)
DeNA(今永昇太)VSヤクルト(ブキャナン)
広島(床田寛樹)VS阪神(西勇輝)
パ・リーグ
18時15分プレイボール予定
ロッテ(二木康太)VS西武(高橋光成)
18時プレイボール予定
オリックス(山岡泰輔)VS日本ハム(加藤貴之)
18時プレイボール予定
ソフトバンク(千賀滉大)VS楽天(辛島航)

巨人の高橋優貴はここまで3勝2敗
前回の中日戦は7回3失点も負け投手となった
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
中日の柳裕也はここまで4勝2敗
前回の巨人戦は6回5失点で負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
DeNAの今永昇太はここまで5勝2敗
対ヤクルト戦はここまで2戦2勝と相性がいい
前回のヤクルト戦は6回1/3イニング3失点で勝ち投手となった
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
ヤクルトのブキャナンはここまで1勝1敗
前回登板は6回無失点も勝ち負けつかず
今シーズン初対決となるDeNA戦
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
広島の床田寛樹はここまで5勝2敗
ここまで対阪神戦は2戦1勝0敗
前回の阪神戦は5回1/3イニング2失点も勝ち負けつかず
阪神の西勇輝はここまで3勝4敗
ここまで対広島戦は2戦1勝1敗
前回の広島戦は8回3失点で負け投手となった
今シーズン2度目の投げ合いとなる両投手
今日はどちらが投げ勝つのか注目である
ロッテの二木康太はここまで4勝2敗
前回の西武戦は6回4失点も勝ち負けつかず
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
西武の高橋光成はここまで4勝4敗
前回のロッテ戦は6回7失点で負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
オリックスの山岡泰輔はここまで4勝1敗
前回の日本ハム戦は8回3失点で勝ち負けつかず
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
日本ハムの加藤貴之はここまで1勝4敗
前回のオリックス戦は3回2失点で負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ソフトバンクの千賀滉大はここまで5勝0敗
前回の楽天戦は7回2失点も勝ち負けつかず
今日も好投してチームを勝利に導いてもらいたい
楽天の辛島航はここまで3勝2敗
ここまで対ソフトバンク戦は2戦1勝0敗
前回のソフトバンクは4回7失点も勝ち負けつかず
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
posted by ダークキング at 17:00Comment(0)日記

決めた1発!起死回生のグランドスラム!

マレーロ 川島慶三 デスパイネ 大竹耕太郎 松葉貴大 月間40安打 イチロー 首位陥落 源田壮亮 山下斐紹 島内宏明 ウィーラー 浅村栄斗 辰巳涼介 増田達至 中村剛也 犠牲フライ 山川穂高 銀次 外崎修太 秋山翔吾 十亀剣 古川侑利 752日 引退 肉離れ 角中勝也 秋吉亮 酒居知史 石川直也 押し出し四球 中田翔 田中賢介 中村奨吾 近藤健介 吉田裕太 清宮幸太郎 平沢大河 西川遥輝 鈴木大地 岩下大輝 吉田侑樹 島本浩也 無敗 156試合 7人目 104人目 通算200号 亀井善行 桜井俊貴 藤川球児 サヨナラグランドスラム 高山俊 マルチ 上本博紀 大城卓三 ソロホームラン 坂本勇人 丸佳浩 今村信貴 青柳晃洋 ノーヒット 初勝利 延長戦 84打席 不名誉 日本記録 81打席ぶり ビシエド 山崎康晃 鈴木博 三嶋一輝 筒香嘉智 ソト 堂上直倫 京田陽太 平良拳太郎 大野雄大 25年ぶり 球団記録 バレンティン 13連敗 中崎翔太 菊池涼介 奥村展征 西川龍馬 スリーランホームラン 村上宗隆 ツーランホームラン 鈴木誠也 大瀬良大地 高橋奎二 17人目 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ 西武 ソフトバンク 広島 中日 DeNA ヤクルト 阪神 巨人 パ・リーグ セ・リーグ プロ野球 ロメロ 泉圭輔 榊原翼 種市篤暉 有原航平 ヤングマン 高橋遥人 東克樹 勝野昌慶 山口翔 小川泰弘 魔の水曜日 再調整 2軍落ち 白崎浩之 中川圭太 森唯斗 グラシアル 釜元豪
伝統の一戦
阪神VS巨人戦
この試合で今シーズン初の出来事があった
延長までもつれたこの試合
引き分け寸前の延長12回裏に代打・高山俊がサヨナラグランドスラム
史上17人目の記録となった
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
ヤクルトVS広島
ヤクルトは高橋奎二、広島は大瀬良大地が先発
試合は1回表から動いた
ツーアウト1塁
鈴木誠也の第15号ツーランホームラン
0-2と広島が先制する
ヤクルトはその裏
ワンナウト2塁3塁
村上宗隆の第14号スリーランホームラン
3-2とヤクルトがすぐさま逆転に成功する
広島は5回表
ツーアウト1塁3塁
鈴木誠也のタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁3塁
西川龍馬打球を奥村展征が1塁に送球するも、送球が少しそれ村上宗隆が倒れこみながら捕球
その間に3塁ランナーの菊池涼介と2塁ランナーの鈴木誠也がホームイン
記録は2点タイムリー内野安打
3-5と広島が逆転に成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は大瀬良大地
負け投手は高橋奎二
セーブは中崎翔太
ヤクルトは村上宗隆が2安打とマルチ安打の活躍
先発した高橋奎二は4回2/3イニング5失点と打ち込まれた
広島は鈴木誠也が2安打とマルチ安打の活躍
先発した大瀬良大地は7回3失点とまずまずだった
ヤクルトは泥沼13連敗となった
球団記録まで残り3となってしまった
大瀬良大地対策でバレンティンをスタメンから外して左打者を7人揃えたが勝てなかった
広島は8カード連続で勝ち越しとなり、球団記録となる月間18勝となった
25年ぶりの記録となった

続いて中日VS DeNA
中日は大野雄大、DeNAは平良拳太郎が先発
試合は1回表から動いた
ワンナウト2塁
ソトのタイムリーヒット
0-1とDeNAが先制する
中日は6回裏
ワンナウト1塁3塁
京田陽太のセカンドゴロの間に3塁ランナーの堂上直倫がホームイン
1-1と中日が同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長11回表
ツーアウト3塁
筒香嘉智のタイムリーヒット
1-2とDeNAが勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は三嶋一輝
負け投手は鈴木博
セーブは山崎康晃
中日はビシエドが2安打とマルチ安打の活躍
先発した大野雄大は8回1失点と好投した
DeNAは筒香嘉智が3安打と猛打賞の活躍
先発した平良拳太郎は6回1失点と好投した
中日の大野雄大は81打席ぶりの安打を放ち、日本記録の84打席ノーヒットの不名誉な記録はなんとか阻止した
DeNAは今シーズン初の延長戦勝利となった
平良拳太郎は5回ワンナウトまで中日打線をノーヒットに抑えるナイスピッチングだった

続いて阪神VS巨人
阪神は青柳晃洋、巨人は今村信貴が先発
試合は1回表から動いた
ツーアウトランナーなし
丸佳浩の第8号ソロホームラン
0-1と巨人が先制する
さらに3回表
ツーアウトランナーなし
坂本勇人の第17号ソロホームラン
0-2と巨人がリードを広げる
さらに4回表
ノーアウト2塁
大城卓三のタイムリーツーベース
0-3と巨人がリードを広げる
阪神は5回裏
ツーアウト2塁3塁
上本博紀の2点タイムリーツーベース
2-3と阪神が1点差に詰め寄る
巨人は8回表
この回先頭打者の丸佳浩が第9号ソロホームラン
2-4と巨人がリードを広げる
しかしその裏
ツーアウト1塁
マルテの第5号ツーランホームラン
4-4と阪神が同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長12回裏
ワンナウト満塁
代打・高山俊の第1号グランドスラム
8-4と阪神がサヨナラ勝ちした
勝ち投手は藤川球児
負け投手は桜井俊貴
巨人は亀井善行と丸佳浩が3安打と猛打賞の活躍
先発した今村信貴は6回2失点と好投した
阪神はマルテが3安打と猛打賞の活躍
先発した青柳晃洋は5回3失点とまずまずだった
巨人の坂本勇人は通算200号本塁打を達成
史上104人目の快挙となった
ショートで1000試合以上出場しての200本塁打は史上7人目の快挙となった
高木京介はノーアウト満塁のピンチを凌いで無敗神話を継続させた
これで通算156試合連続で無敗となった
阪神のマルテは来日後初の2試合連続ホームラン
1点差となった6回から登板した島本浩也は2回無失点5奪三振と見事な活躍
チームの勝利に貢献した

続いてパ・リーグ
日本ハムVSロッテ
日本ハムは吉田侑樹、ロッテは岩下大輝が先発
試合は1回表から動いた
ワンナウトランナーなし
鈴木大地の第5号ソロホームラン
0-1とロッテが先制する
日本ハムは5回裏
ワンナウト1塁2塁
西川遥輝のショートライナーの際に平沢大河が悪送球
その間に2塁ランナーの清宮幸太郎がホームイン
1-1と日本ハムが同点に追いつく
ロッテは7回表
ワンナウト2塁
吉田裕太の第2号ツーランホームラン
1-3とロッテが勝ち越しに成功する
しかしその裏
ツーアウト2塁3塁
近藤健介の2点タイムリーツーベース
3-3と日本ハムがすぐさま同点に追いつく
ロッテはその裏の8回表
ツーアウト1塁
中村奨吾のタイムリーツーベース
3-4とロッテがすぐさま勝ち越しに成功する
日本ハムはその裏
ツーアウト1塁
田中賢介の第1号ツーランホームラン
さらにツーアウト満塁
中田翔に押し出し四球
6-4と日本ハムがすぐさま逆転に成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は石川直也
負け投手は酒居知史
セーブは秋吉亮
ロッテは中村奨吾が3安打と猛打賞の活躍
先発した岩下大輝は6回1失点と好投した
日本ハムは近藤健介が4安打、西川遥輝が3安打と猛打賞の活躍
先発した吉田侑樹は5回1失点と好投した
ロッテは角中勝也が肉離れで登録抹消となった
今月3人目の肉離れでの離脱となった
今シーズン限りでの引退を表明している日本ハムの田中賢介は752日ぶりのホームランとなった

続いて楽天VS西武
楽天は古川侑利、西武は十亀剣が先発
試合が動いたのは3回表
ノーアウト1塁2塁
秋山翔吾のタイムリーヒット
さらにワンナウト2塁3塁
外崎修太の犠牲フライ
0-2と西武が先制する
楽天はその裏
ツーアウト2塁3塁
銀次のタイムリーヒット
1-2と楽天が1点差に詰め寄る
しかし6回表
山川穂高の第22号ソロホームラン
1-3と西武がリードを広げる
さらに8回表
ノーアウト2塁
中村剛也のタイムリーヒット
1-4と西武がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は十亀剣
負け投手は古川侑利
セーブは増田達至
楽天は辰巳涼介、浅村栄斗、ウィーラー、銀次、島内宏明、山下斐紹が安打を放った
先発した古川侑利は6回3失点と好投した
西武は秋山翔吾と源田壮亮が2安打とマルチ安打の活躍
先発した十亀剣は6回1失点と好投した
楽天は一夜で首位陥落
古川侑利は2年連続で弘前での試合が黒星となった
島内宏明は26打席ぶりの安打となった
西武の秋山翔吾は月間40安打を達成
3度目の月間40安打はイチローに並ぶ快挙となった

最後はオリックスVSソフトバンク
オリックスは松葉貴大、ソフトバンクは大竹耕太郎が先発
試合は1回表から動いた
ワンナウト1塁2塁
デスパイネのタイムリーヒット
0-1とソフトバンクが先制する
さらに2回表
ツーアウト1塁3塁
川島慶三のタイムリー内野安打
0-2とソフトバンクがリードを広げる
オリックスはその裏
ツーアウト1塁2塁
マレーロのタイムリーヒット
1-2とオリックスが1点差に詰め寄る
さらに3回裏
ツーアウト3塁
ロメロのタイムリーヒット
2-2とオリックスが同点に追いつく
しかしその裏の4回表
ワンナウト2塁3塁
釜元豪の2点タイムリーヒット
2-4とソフトバンクがすぐさま勝ち越しに成功する
さらに9回表
ツーアウトランナーなし
グラシアルの第9号ソロホームラン
2-5とソフトバンクがリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は大竹耕太郎
負け投手は松葉貴大
セーブは森唯斗
オリックスはロメロ、中川圭太、白崎浩之、マレーロが2安打とマルチ安打の活躍
先発した松葉貴大は6回4失点と打ち込まれた
ソフトバンクは釜元豪が3安打と猛打賞の活躍
先発した大竹耕太郎は6回2失点と好投した
オリックスは松葉貴大の2軍落ちを決めた
昨日の負けで今シーズン0勝4敗と勝ちなし
2軍での再調整となった
ソフトバンクは連敗を3でストップさせ、1日で首位に返り咲いた
ここまで7敗1分と勝ててなかった魔の水曜日と言われていた水曜日でようやく勝利できた

明日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ 3試合とも18時プレイボール予定
ヤクルト(小川泰弘)VS広島(山口翔)
中日(勝野昌慶)VS DeNA(東克樹)
阪神(高橋遥人)VS巨人(ヤングマン)
パ・リーグ 2試合とも18時プレイボール予定
日本ハム(有原航平)VSロッテ(種市篤暉)
オリックス(榊原翼)VSソフトバンク(泉圭輔)

ヤクルトの小川泰弘はここまで1勝6敗
前回の広島戦は8回1失点も負け投手となった
今日も好投してチームを勝利に導いてもらいたい
広島の山口翔は今シーズン初先発
中継ぎでは3試合に登板している
ヤクルト戦は中継ぎで1回無失点
プロ初先発となる今日の試合
好投してプロ初勝利を手にしてもらいたい
中日の勝野昌慶はここまで1勝1敗
前回登板は6回2/3イニング1失点でプロ初勝利を挙げた
初対決となるDeNA戦
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
DeNAの東克樹はここまで2勝1敗
前回の中日戦では6回1失点で勝ち投手となった
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
阪神の高橋遥人はここまで2試合に登板するも0勝0敗
前回登板は6回無失点も勝ち負けつかず
今シーズン初対決となる巨人戦
今日も好投して今シーズン初勝利を手にしてもらいたい
巨人のヤングマンはここまで3勝1敗
前回の阪神戦は8回無失点で勝ち投手となった
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
日本ハムの有原航平はここまで5勝2敗
対ロッテ戦は3試合に登板して2勝1敗と勝ち越している
前回のロッテ戦は6回5失点で負け投手となった
ロッテの種市篤暉はここまで3勝0敗
前回の日本ハム戦は5回1/3イニング2失点で勝ち投手となった
今シーズン2度目の投げ合いとなる両投手
今日はどちらが投げ勝つか注目である
オリックスの榊原翼はここまで2勝3敗
前回のソフトバンク戦は7回2失点も勝ち負けつかず
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ソフトバンクの泉圭輔はここまで2勝0敗
プロ初先発となる今日の試合
4月22日のオリックス戦では2番手で登板し、2回無失点でプロ初勝利を手にした
相性のいいオリックス戦でチームの勝利に貢献してもらいたい
posted by ダークキング at 17:00Comment(0)日記

止まらぬ負の連鎖!球団記録が見えてきた・・・

ヤクルトの連敗が止まらない
昨日で12連敗となった
球団記録は1970年の16連敗
最近では2014年に14連敗している
この年はシーズン96敗という不名誉な記録を作った
不名誉な記録だけに1試合でも早く止めてもらいたい
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
ヤクルトVS広島
ヤクルトは原樹理、広島は野村祐輔が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト1塁
山田哲人のタイムリーツーベース
1-0とヤクルトが先制する
しかしその裏の2回表
會澤翼の第5号ソロホームラン
1-1と広島がすぐさま同点に追いつく
さらに3回表
ワンナウト1塁3塁
鈴木誠也のタイムリーヒット
さらにワンナウト1塁2塁
西川龍馬のタイムリー内野安打
さらにツーアウト1塁3塁
田中広輔のタイムリーツーベース
1-4と広島がリードを広げる
さらに4回表
ノーアウト1塁3塁
バティスタのタイムリーヒット
さらにワンナウト2塁3塁
西川龍馬のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
田中広輔のショートゴロの間に3塁ランナーのバティスタがホームイン
1-7と広島がリードを広げる
ヤクルトはその裏
この回先頭打者の山田哲人が第12号ソロホームラン
さらにノーアウト1塁
村上宗隆の第13号ツーランホームラン
さらにツーアウト満塁
青木宣親の2点タイムリーヒット
6-7とヤクルトが1点差に詰め寄る
しかし8回表
ワンナウトランナーなし
會澤翼の第6号ソロホームラン
6-8と広島がリードを広げる
ヤクルトはその裏
ツーアウト1塁2塁
中村悠平のタイムリーヒット
7-8とヤクルトが1点差に詰め寄るも、反撃はそこまで
勝ち投手はレグナルト
負け投手は原樹理
セーブは中崎翔太
ヤクルトは山田哲人と奥村展征が2安打とマルチ安打の活躍
先発した原樹理は3回1/3イニング7失点と炎上した
広島は野間峻祥と會澤翼が3安打と猛打賞の活躍
先発した野村祐輔は3回1/3イニング6失点と炎上した
ヤクルトの五十嵐亮太は通算800試合登板を達成
史上7人目の快挙となった
広島は今月17勝目となり、月間勝利数の球団記録に王手をかけた
西川龍馬が20試合連続安打を記録
球団では2014年の菊池涼介以来5年ぶりの快挙となった

中日VS DeNAと阪神VS巨人は雨のため雨天中止となった

続いてパ・リーグ
日本ハムVSロッテ
日本ハムは金子弌大、ロッテは涌井秀章が先発
試合が動いたのは2回表
この回先頭打者の井上晴哉が第8号ソロホームラン
0-1とロッテが先制する
さらに3回表
ノーアウト2塁3塁
鈴木大地のセカンドゴロの間に3塁ランナーの江村直也がホームイン
さらにワンナウト3塁
清田育宏のタイムリーヒット
0-3とロッテがリードを広げる
日本ハムは4回裏
ワンナウト2塁3塁
清宮幸太郎の2点タイムリーツーベース
さらにワンナウト1塁3塁
中島卓也のファーストゴロの間に3塁ランナーの清宮幸太郎がホームイン
3-3と日本ハムが同点に追いつく
さらに5回裏
ワンナウト1塁3塁
王柏融のショートゴロの間に3塁ランナーの大田泰示がホームイン
4-3と日本ハムが勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は金子弌大
負け投手は涌井秀章
セーブは秋吉亮
ロッテは井上晴哉が2安打とマルチ安打の活躍
先発した涌井秀章は6回4失点と打ち込まれた
日本ハムは大田泰示が3安打と猛打賞の活躍
先発した金子弌大は5回2/3イニング3失点とピリッとしない内容だった
ロッテの井口監督は決勝点となった5回の守備に苦言を呈した
王柏融のショートゴロでダブルプレーの予定も1塁はセーフ
その間に3塁ランナーの大田泰示がホームインし、それが決勝点となった
王柏融のショートゴロを平沢大河が打球を待って処理
セカンドの中村奨吾の油断もあり併殺が取れなかった
日本ハムの金子弌大は移籍後初の札幌ドームでの勝利投手となった
大田泰示は今シーズン7度目の猛打賞となった

続いて楽天VS西武
楽天は塩見貴洋、西武は今井達也が先発
試合が動いたのは6回表
ワンナウトランナーなし
秋山翔吾の第10号ソロホームラン
0-1と西武が先制する
さらに7回表
この回先頭打者の山川穂高が第21号ソロホームラン
0-2と西武がリードを広げる
しかしその裏
ワンナウト2塁3塁
ブラッシュの第14号スリーランホームラン
さらにツーアウト満塁
平井諒が2塁に牽制球を投げた際に3塁ランナーの島内宏明がホームスチール
外崎修太がバックホームするもその送球が悪送球となり、その間に2塁ランナーの辰巳涼介もホームイン
5-2と楽天がすぐさま逆転に成功する
さらに8回裏
ワンナウト1塁
ブラッシュの第15号ツーランホームラン
7-2と楽天がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は塩見貴洋
負け投手は今井達也
西武は山川穂高と森友哉が2安打とマルチ安打の活躍
先発した今井達也は6回1/3イニング5失点と打ち込まれた
楽天はウィーラーとブラッシュが2安打とマルチ安打の活躍
先発した塩見貴洋は7回2失点と好投した
西武の今井達也は6回までノーヒットピッチングも、7回に捕まった
辻監督も6回までの投球を絶賛した後に、その後の踏ん張りを求めた
楽天は今シーズン17度目の逆転勝ちで約1カ月ぶりに首位に返り咲いた

最後はオリックスVSソフトバンク
オリックスは山本由伸、ソフトバンクは二保旭が先発
試合が動いたのは3回裏
ツーアウト3塁
小田裕也のタイムリーヒット
1-0とオリックスが先制する
さらに5回裏
ノーアウト1塁3塁
吉田正尚の犠牲フライ
さらにツーアウト1塁2塁
中川圭太のタイムリーヒット
3-0とオリックスがリードを広げる
ソフトバンクは9回表
ツーアウト2塁
明石健志のタイムリースリーベース
3-1とソフトバンクが2点差に詰め寄るも反撃はそこまで
勝ち投手は山本由伸
負け投手は二保旭
セーブは増井浩俊
ソフトバンクはデスパイネと内川聖一が2安打とマルチ安打の活躍
先発した二保旭は4回1失点と好投した
オリックスは小田裕也が3安打と猛打賞の活躍
先発した山本由伸は7回無失点と好投した
ソフトバンクはブルペン陣が奮起するも勝てなかった
二保旭は2443日ぶりの先発登板で好投するも、打線の援護がなく負け投手となった
オリックスは山本由伸が今シーズンの対ソフトバンク戦24イニング連続無失点となった
防御率もリーグ1位となった

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ 3試合とも18時プレイボール予定
ヤクルト(高橋奎二)VS広島(大瀬良大地)
中日(大野雄大)VS DeNA(平良拳太郎)
阪神(青柳晃洋)VS巨人(今村信貴)
パ・リーグ 3試合とも18時プレイボール予定
日本ハム(吉田侑樹)VSロッテ(岩下大輝)
楽天(古川侑利)VS西武(十亀剣)
オリックス(松葉貴大)VSソフトバンク(大竹耕太郎)

ヤクルトの高橋奎二はここまで0勝1敗
前回の登板は5回1失点も勝ち負けつかず
初の広島戦でも好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
広島の大瀬良大地はここまで4勝2敗
前回のヤクルト戦は6回4失点も勝ち負けつかず
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
中日の大野雄大はここまで3勝3敗
対 DeNA戦はここまで2試合に登板して1勝1敗
前回の DeNA戦は6回7失点で負け投手となった
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
DeNAの平良拳太郎は今シーズン初登板
キャンプ初日に右足首を痛めるなど怪我に泣いたが、ようやく今シーズン初登板となった
好投して今シーズン初勝利を手にしてもらいたい
阪神の青柳晃洋はここまで4勝3敗
対巨人戦はここまで2試合に登板して1勝1敗
前回の阪神戦は6回2失点で勝ち投手となった
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
巨人の今村信貴はここまで1勝0敗
対阪神戦は1試合に登板しているが、中継ぎで1回無失点だった
初の阪神戦での先発登板となる
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
日本ハムの吉田侑樹は今シーズン初先発となる
中継ぎでは4試合に登板している
おそらくオープナーでの先発だろう
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ロッテの岩下大輝はここまで1勝1敗
前回登板は5回1/3イニング2失点も勝ち負けつかず
初対決となる日本ハム戦
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
楽天の古川侑利はここまで1勝1敗
前回登板は5回3失点で勝ち投手となった
今シーズン初登板となる西武戦
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
西武の十亀剣はここまで2勝0敗
楽天戦には中継ぎで1試合登板しているがアウト1つ取れずに5失点と炎上した
先発としては初対決となる
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
オリックスの松葉貴大はここまで0勝3敗
前回のソフトバンク戦は5回1/3イニング2失点も負け投手となった
今日も好投して今シーズン初勝利を手にしてもらいたい
ソフトバンクの大竹耕太郎はここまで1勝2敗
対オリックス戦は2試合に登板し、防御率0.00と抜群の安定感も2試合とも勝ち負けつかず
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
posted by ダークキング at 17:00Comment(0)日記