プロ初勝利が初完封!移籍後初ホームランも!

富岡西 重信慎之介 大和 内川聖一 後逸 松山竜平 サヨナラ 中日 阿部寿樹 楽天 青柳晃洋 渡邉諒 源田壮亮 鈴木大地 石川雅規 高橋優貴 愛媛 坂本勇人 9年ぶり 徳島 山岡泰輔 弓削隼人 鳴門 ノーヒットピッチング デスパイネ 長谷川勇也 ブキャナン 日本ハム 巨人 西川遥輝 移籍後 田嶋大樹 落球 伊藤光 和田恋 高橋礼 吉川光夫 浜地真澄 近本光司 上茶谷大河 13回目 犠牲フライ 西川龍馬 ゲレーロ 若林晃弘 亀井善行 山口俊 プロ初勝利 オリックス ロッテ 広島 パ・リーグ サヨナラ勝ち 村上宗隆 岩下大輝 デラロサ 青木宣親 宇和島東 連続試合打点 DeNA 秋山翔吾 ツーランホームラン 梅野隆太郎 ソラーテ 先発全員安打 2年連続 初完封 初ホームラン 西武 ヤクルト セ・リーグ 球団新記録 寺島成輝 キャリアハイ 下水流昂 西村監督 矢野監督 シーズンワースト 銀次 安達了一 大島洋平 今井達也 原監督 スリーランホームラン 京田陽太 筒香嘉智 ロペス 山田哲人 益田直也 熱中症 エラー 松山聖陵 球団通算8000号 高校野球 川瀬晃 ソロホームラン 菊池涼介 モンティージャ ソフトバンク プロ野球 阪神 通算1000勝 堂上直倫 スアレス 約3ヶ月ぶり 神里和毅 佐野恵太 濱口遥大 途中交代 ビシエド 外崎修太 高橋光成 涌井秀章 中島卓也 則本昂大 増田達至 9回目 松田宣浩 押し出し死球 加藤貴之 中村剛也 金子侑司 代打 大野雄大 山本拓実 栗山巧 宗佑磨 森友哉 マーティン ガルシア ジョンソン 14試合ぶり
楽天の弓削隼人がプロ初勝利
それも完封で勝ち取った
プロ2度目の登板で見事にプロ初勝利となった
下水流昂は移籍後初ホームランをはなった
若き力と新戦力で見事に勝利した
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
巨人VS広島
巨人は山口俊、広島はモンティージャが先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト満塁
亀井善行のタイムリーヒット
さらに3回表
ワンナウト満塁
ゲレーロの2点タイムリーツーベース
3-0と巨人がリードを広げる
さらに4回裏
ワンナウト1塁3塁
坂本勇人のタイムリー内野安打
4-0と巨人がリードを広げる
広島は5回裏
ツーアウト2塁
菊池涼介のタイムリーツーベース
4-1と広島が点差を縮める
巨人は6回裏
この回先頭打者の若林晃弘が第4号ソロホームラン
さらにノーアウト1塁2塁
坂本勇人のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
ゲレーロの犠牲フライ
7-1と巨人がリードを広げる
広島は8回表
この回先頭打者の西川龍馬の第9号ソロホームラン
さらにワンナウト1塁2塁
松山竜平の3号スリーランホームラン
7-5と広島が2点差に詰め寄る
巨人はその裏
ノーアウト2塁3塁
重信慎之介の犠牲フライ
8-5と巨人がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は山口俊
負け投手はモンティージャ
セーブはデラロサ
広島は西川龍馬が4安打と猛打賞の活躍
先発したモンティージャが2回1/3イニング3失点とピリッとしない内容だった
巨人は丸佳浩、坂本勇人、亀井善行が3安打と猛打賞の活躍
先発した山口俊は7回1/3イニング5失点と炎上した
広島の連勝は9でストップ
松山竜平は約3ヶ月ぶりのホームランを放った
巨人の原監督は監督通算1000勝目となった
先発全員安打で原監督の節目の記録をお祝いした

さらにDeNA VSヤクルト
DeNAは上茶谷大河、ヤクルトはブキャナンが先発
試合は1回裏から動いた
ノーアウト2塁
佐野恵太のタイムリーヒット
1-0とDeNAが先制する
さらに2回裏
ツーアウト2塁
神里和毅のタイムリーツーベース
2-0とDeNAがリードを広げる
ヤクルトは4回表
山田哲人の第23号ツーランホームラン
2-2とヤクルトが同点に追いつく
DeNAは5回裏
ワンナウト2塁3塁
ロペスの2点タイムリーヒット
4-2とDeNAが勝ち越しに成功する
さらに8回裏
ノーアウト1塁3塁
伊藤光のタイムリーヒット
さらにツーアウト3塁
大和の打球を村上宗隆が落球
その間に3塁ランナーの宮崎敏郎がホームイン
6-2とDeNAがリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は上茶谷大河
負け投手はブキャナン
ヤクルトは青木宣親と山田哲人が2安打とマルチ安打の活躍
先発したブキャナンは5回4失点とピリッとしない内容だった
DeNAは神里和毅が4安打、伊藤光が3安打と猛打賞の活躍
先発した上茶谷大河は7回2失点と好投した
ヤクルトは4連敗で今シーズンワーストの借金20となった
寺島成輝が今シーズン初登板も、2/3イニング2失点と打ち込まれた
DeNAの上茶谷大河は自身6連勝となり、球団新人新記録となった
筒香嘉智は14試合ぶりに4番に復帰もノーヒットだった

続いて阪神VS中日
阪神はガルシア、中日は大野雄大が先発
試合は1回表から動いた
ワンナウト1塁3塁
ビシエドのサードゴロの間に3塁ランナーの大島洋平がホームイン
0-1と中日が先制する
阪神は2回裏
ツーアウト3塁
近本光司のタイムリー内野安打
1-1と阪神が同点に追いつく
中日はその裏の3回表
ワンナウトランナーなし
阿部寿樹の第4号ソロホームラン
1-2と中日が勝ち越しに成功する
阪神は5回裏
ノーアウト1塁
ソラーテの第2号ツーランホームラン
3-2と阪神が逆転に成功する
中日はその裏の6回表
ワンナウト2塁3塁
ビシエドのタイムリーヒット
さらにワンナウト1塁3塁
阿部寿樹のタイムリーヒット
3-4と中日がすぐさま逆転に成功する
阪神はその裏
ノーアウト1塁
梅野隆太郎のタイムリーツーベース
さらにワンナウト1塁2塁
近本光司のタイムリーヒット
5-4と阪神がすぐさま逆転に成功する
中日は8回表
ツーアウト1塁2塁
堂上直倫のタイムリーヒット
さらにツーアウト2塁3塁
京田陽太のタイムリー内野安打
5-6と中日が逆転に成功する
しかし9回裏
ノーアウト1塁
ソラーテの第3号ツーランホームラン
7-6と阪神がサヨナラ勝ちした
勝ち投手は浜地真澄
負け投手は岡田俊哉
中日は阿部寿樹が4安打と猛打賞の活躍
先発した大野雄大は5回3失点とまずまずだった
阪神は近本光司とソラーテが4安打と猛打賞の活躍
先発したガルシアは5回2失点と好投した
中日は今シーズン9度目のサヨナラ負けとなり、対阪神戦の連勝は7でストップした
阿部寿樹はプロ入り後初の4安打を放った
阪神は球団通算8000号ホームランとなった
ソラーテは2本のホームランでサヨナラ勝ちに貢献も、エラーもあった
ソラーテのエラーも合わせてチーム4失策とエラーが多い試合に矢野監督も「頭がいたい」とサヨナラ勝ちを喜べなかった
浜地真澄はプロ初勝利となった

続いてパ・リーグ
日本ハムVS楽天
日本ハムは吉川光夫、楽天は弓削隼人が先発
試合が動いたのは2回表
ツーアウト2塁
下水流昂の第1号ツーランホームラン
0-2と日本ハムが先制し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は弓削隼人
負け投手は吉川光夫
日本ハムは西川遥輝と中島卓也が安打を放った
先発した吉川光夫は4回2失点だった
楽天は銀次と和田恋が2安打とマルチ安打の活躍
先発した弓削隼人は9回無失点と好投した
日本ハムの吉川光夫は移籍後2戦2敗となった
渡邉諒の連続試合打点は8でストップした
楽天は7安打でルーキーの弓削隼人を援護した

続いて西武VSソフトバンク
西武は今井達也、ソフトバンクは高橋礼が先発
試合が動いたのは4回表
ワンナウト1塁3塁
長谷川勇也のセカンドゴロの間に3塁ランナーの内川聖一がホームイン
0-1とソフトバンクが先制する
西武はその裏
ワンナウト1塁
森友哉のタイムリーヒット
さらにワンナウト2塁3塁
栗山巧のタイムリーヒット
さらにワンナウト1塁3塁
金子侑司のショートゴロの間に3塁ランナーの中村剛也がホームイン
3-1と西武がすぐさま逆転に成功する
ソフトバンクは6回表
ツーアウトランナーなし
松田宣浩の第23号ソロホームラン
3-2とソフトバンクが1点差に詰め寄る
しかし7回裏
ツーアウト2塁3塁
外崎修太の打球を川瀬晃が後逸
その間に3塁ランナーの秋山翔吾と2塁ランナーの源田壮亮がホームイン
5-2と西武がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は今井達也
負け投手は高橋礼
セーブは増田達至
ソフトバンクは松田宣浩が2安打とマルチ安打の活躍
先発した高橋礼は6回3失点と好投した
西武は森友哉と栗山巧が2安打とマルチ安打の活躍
先発した今井達也は6回2失点と好投した
ソフトバンクはデスパイネが途中交代
試合前から熱中症のような症状だったとのこと
今日以降の試合出場は状態次第となりそうだ
西武は今シーズン4戦4敗と相性の悪かった高橋礼からようやく勝利した
今井達也はキャリアハイとなる6勝目となった

最後はロッテVSオリックス
ロッテは岩下大輝、オリックスは田嶋大樹が先発
試合が動いたのは3回裏
ツーアウト2塁
鈴木大地のタイムリーヒット
1-0とロッテが先制する
さらに5回裏
ツーアウトランナーなし
マーティンの第2号ソロホームラン
2-0とロッテがリードを広げる
オリックスは7回表
ツーアウト満塁
代打・宗佑磨に押し出し死球
2-1とオリックスが1点差に詰め寄る
ロッテはその裏
ノーアウト1塁
マーティンのタイムリーツーベース
さらにノーアウト2塁
鈴木大地のタイムリーツーベース
4-1とロッテがリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は岩下大輝
負け投手は田嶋大樹
セーブは益田直也
オリックスは安達了一が安打を放った
先発した田嶋大樹は5回2失点と好投した
ロッテは鈴木大地が3安打と猛打賞の活躍
先発した岩下大輝は6回1/3イニング1失点と好投した
オリックスは2試合連続で初回に三振ゲッツー
西村監督は「初回が全て」と怒りを露わにした
ロッテの岩下大輝は5回までノーヒットピッチング
7回途中で降板となったことに「次はああいう場面を任せてもらえるようになりたい」と四球で崩れての交代を悔やんだ

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ
18時プレイボール予定
巨人(高橋優貴)VS広島(ジョンソン)
17時45分プレイボール予定
DeNA(濱口遥大)VSヤクルト(石川雅規)
18時プレイボール予定
阪神(青柳晃洋)VS中日(山本拓実)
パ・リーグ
18時プレイボール予定
日本ハム(加藤貴之)VS楽天(則本昂大)
18時プレイボール予定
西武(高橋光成)VSソフトバンク(スアレス)
18時15分プレイボール予定
ロッテ(涌井秀章)VSオリックス(山岡泰輔)

巨人の高橋優貴はここまで3勝3敗
対広島戦はここまで1試合に登板して0勝0敗
前回の広島戦は5回1/3イニング1失点も勝ち負けつかず
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
広島のジョンソンはここまで7勝6敗
対巨人戦はここまで3試合に登板して1勝1敗
前回の巨人戦は7回4失点も勝ち投手となった
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
DeNAの濱口遥大はここまで5勝3敗
対ヤクルト戦はここまで4試合に登板して1勝1敗
前回のヤクルト戦は5回2失点も勝ち負けつかず
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ヤクルトの石川雅規はここまで4勝5敗
対DeNA戦はここまで1試合に登板して0勝1敗
前回のDeNA戦は4回1/3イニング5失点で負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
阪神の青柳晃洋はここまで5勝6敗
対中日戦はここまで2試合に登板して1勝1敗
前回の中日戦は4回5失点で負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
中日の山本拓実はここまで0勝1敗
対阪神は初登板となる
前回登板は5回2失点も負け投手となった
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
日本ハムの加藤貴之はここまで5勝4敗
対楽天戦はここまで5試合に登板して0勝0敗
前回の楽天戦は2回1失点で勝ち負けつかず
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
楽天の則本昂大はここまで2勝1敗
対日本ハム戦は初登板となる
前回登板は6回3失点で勝ち投手となった
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
西武の高橋光成はここまで7勝5敗
対ソフトバンク戦はここまで5試合に登板して2勝2敗
前回のソフトバンク戦は6回5失点も勝ち負けつかず
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ソフトバンクのスアレスはここまで0勝4敗
対西武戦はここまで1試合に登板して0勝1敗
前回の西武戦は2回6失点で負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ロッテの涌井秀章はここまで3勝6敗
対オリックス戦はここまで4試合に登板して1勝0敗
前回のオリックス戦は6回4失点で勝ち負けつかず
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
オリックスの山岡泰輔はここまで7勝3敗
対ロッテ戦はここまで2試合に登板して1勝0敗
前回のロッテ戦は6回1/3イニング5失点も勝ち負けつかず
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい

高校野球は2大会で決勝戦が行われた
徳島大会では鳴門が富岡西を8-1で破り、2年連続13回目の夏の甲子園大会出場となった
愛媛大会では宇和島東が松山聖陵を7-3で敗り、9年ぶり9回目の夏の甲子園大会出場となった
これで49代表全てが出揃った
posted by ダークキング at 17:00Comment(0)日記

いよいよ今日で出揃う!今年は初出場が少ない?

神戸国際大付 中京大中京 大阪桐蔭 横浜 広島 文星芸大付 小松 佐野日大 25回目 埼玉 花咲徳栄 相模原 小松大谷 2年連続 遊学館 小山台 智辯学園 星稜 福井 至学館 福知山成美 聖愛 西日本短大付 奈良 広島商 東海大仰星 神奈川 青森 花巻東 東日大昌平 19回目 2回目 高松商 島根 岐阜 4年ぶり 4回目 大阪 甲子園 熊本工 海星 川之江 岡山 16年ぶり 米子東 3年連続 夏の甲子園 佐々木朗希 国学院久我山 英明 7年ぶり 日大東北 鳥取城北 鳥取 小林西 桜丘 尽誠学園 履正社 大和広陵 聖光学院 愛知 高松北 23回目 岩手 49代表 高校野球 那賀 東海大菅生 15年ぶり 郡山 日大鶴ヶ丘 金光大阪 京都国際 丹生 日本航空石川 智辯和歌山 和歌山 西東京 東東京 作新学院 24回目 福島 習志野 宮城 石見智翠館 福井工大福井 八戸学院光星 開星 木更津総合 仙台育英 千葉 東北 長崎日大 石川 聖カタリナ 築陽学園 長崎 高岡商 創価 福岡 明石商 今治西 桜美林 済美 兵庫 九州国際大付 富山第一 日大三 福岡大大濠 富山 西京 明徳義塾 東海大相模 関東一 津田学園 春日部共栄 丸亀城西 宮崎日大 7回目 上宮太子 高田商 立命館宇治 立正大淞南 龍谷大平安 高知商 日大藤沢 香川 九州学院 広陵 3年ぶり 秀岳館 宇治山田商 駿河総合 高知 桐光学園 静岡 いなべ総合 天理 三重 京都外大西 京都 大分商 尾道商 熊本 富島 岡山学芸館 明豊 倉敷商 松山聖陵 愛媛 大分 大垣日大 中京院中京 宇部鴻城 山口 初出場 宮崎 尾道 近大付 栃木 創志学園
高校野球はいよいよ明日49代表出揃う
今日は11大会で決勝戦が行われた
愛知大会では誉が桜丘を8-1で敗り、初の夏の甲子園大会出場となった
岐阜大会では中京院中京8-6で敗り3年ぶり7回目の夏の甲子園大会出場となった
静岡大会では静岡が駿河総合を3-2で敗り、4年ぶり25回目の夏の甲子園大会に出場となった
兵庫大会では明石商が神戸国際大付を4-1で敗り、2年連続2回目の夏の甲子園大会出場となった
大阪大会では履正社が金光大阪を7-2で敗り、3年ぶり4回目の夏の甲子園大会出場となった
奈良大会では智辯学園が高田商を12-5で敗り、3年ぶり19回目の夏の甲子園大会出場となった
和歌山大会では智弁和歌山が那賀を12-1で敗り、3年連続24回目の夏の甲子園大会出場となった
広島大会では広島商が尾道を10-7で敗り、15年ぶり23回目の夏の甲子園大会出場となった
山口大会では宇部鴻城が西京を7-1で敗り、7年ぶり2回目の夏の甲子園大会出場となった
福岡大会では築陽学園が西日本短大付を7-4で敗り、16年ぶり2回目の夏の甲子園大会出場となった
宮崎大会では富島が小林西を4-0で敗り、初の夏の甲子園大会出場となった

初出場となったのは今のところ3校
だいたいいつも5〜6校は初出場ということが多い
多い年は10校を越える初出場校があった
前回大会は100回という節目もあり、56といつもより9大会多く開かれたので初出場校が6校あった
そのかわり、今年は10年以上ぶりの夏の甲子園大会出場となった学校が7校ある
久しぶりに聞く高校が多い大会となった

強豪校も続々と姿を消した
前回高校野球のことを書いてから1週間がたった
その間に敗れた強豪校をみていこう
青森大会では聖愛が決勝で八戸学院光星に敗れた
岩手大会ではプロ注目投手・佐々木朗希を擁する大船渡が決勝戦で花巻東に敗れた
宮城大会では東北が仙台育英に決勝戦で敗れた
福島大会では春に聖光学院を倒した東日大昌平が準決勝で日大東北に敗れた
栃木大会では佐野日大は準々決勝で、文星芸大付は決勝で作新学院に敗れた
群馬大会では桐生第一が準決勝で前橋育英に敗れた
埼玉大会では春日部共栄が準決勝で花咲徳栄に敗れた
千葉大会では木更津総合が準決勝で習志野に負けた
東東京大会では小山台が関東一に決勝で敗れた
西東京大会では日大三高が準々決勝で桜美林に敗れた
桜美林は創価に準決勝で敗れた
日大鶴ヶ丘は準々決勝で東海大菅生に敗れた
早稲田実は準々決勝で、東海大菅生は準決勝で、創価は決勝で国学院久我山に敗れた
神奈川大会では横浜が相模原に準々決勝で敗れた
桐光学園は準決勝で日大藤沢に敗れた
日大藤沢は決勝で東海大相模に敗れた
山梨大会では山梨学院と東海大甲府がベスト4に進出
富山大会では高岡第一は高岡商に準々決勝で敗れた
石川大会では日本航空石川が小松大谷に準々決勝で敗れた
遊学館は準々決勝で星稜に敗れた
福井大会では福井工大福井が丹生に準決勝で敗れた
愛知大会では至学館が桜丘に準決勝で敗れた
中京大中京は誉に準決勝で敗れた
三重大会ではいなべ総合が宇治山田商に敗れた
宇治山田商は準決勝で津田学園に敗れた
三重は暁に敗れた
京都大会では京都外大西は準々決勝で京都国際に敗れた
福知山成美は準々決勝、龍谷大平安は準決勝で立命館宇治に敗れた
大阪大会では上宮太子が東海大仰星に敗れた
大阪桐蔭は準々決勝、東海大仰星は準決勝で金光大阪に敗れた
近大付は準決勝、金光大阪は決勝で履正社に敗れた
兵庫大会では社が神戸国際大付に準々決勝で敗れた
奈良大会では郡山が天理に敗れた
天理は大和広陵に準々決勝で敗れた
鳥取大会では鳥取城北が決勝で米子東に敗れた
島根県では立正大淞南は準決勝で、開星は決勝で石見智翠館に敗れた
岡山大会では創志学園が準決勝で倉敷商に敗れた
倉敷商は決勝で岡山学芸館に敗れた
広島大会では広島新庄が準々決勝で尾道商に敗れた
広陵は準決勝で広島商に敗れた
香川大会では丸亀城西が高松北に敗れた
尽誠学園は英明に準決勝で敗れた
英明は決勝で高松商に敗れた
愛媛大会では済美が今治西に敗れた
今治西は聖カタリナに準々決勝で敗れた
川之江は小松に準々決勝で敗れた
小松は準決勝で松山聖陵に敗れた
高知大会では高知商がが準決勝で高知に敗れた
高知は決勝で明徳義塾に敗れた
福岡大会では福岡大大濠が九州国際大付に準々決勝で敗れた
九州国際大付は準決勝で、西日本短大付は決勝で築陽学園に敗れた
長崎大会では長崎日大が海星は準決勝で敗れた
熊本県では秀岳館は九州学院に準決勝で敗れた
九州学院は決勝で熊本工に敗れた
大分大会では明豊は準決勝で大分商に敗れた
宮崎大会では宮崎日大が小林西に準々決勝で敗れた

今日の決勝戦で49代表が出揃う
甲子園での組み合わせがどうなるかも楽しみである
posted by ダークキング at 17:00Comment(0)日記

不敗神話継続!この記録はどこまで伸びる?

3年連続 28回目 13年連続 15回目 16回目 9年連続 28年ぶり 11回目 7回目 5年連続 37年ぶり 2回目 4年ぶり 23年ぶり 20回目 3回目 2年連続 18回目 5年ぶり 5回目 鹿屋中央 神村学園 鹿児島 長崎 鎮西学院 大分商 藤陰 大分 明徳義塾 高知 英明 高松商 香川 開海 石見智翠館 島根 倉敷商 岡山学芸館 岡山 京都国際 立命館宇治 京都 海星 津田学園 三重 小松大谷 星稜 石川 山村学園 花咲徳栄 埼玉 神奈川 日大藤沢 東海大相模 創価 国学院久我山 西東京 文星芸大付 作新学院 栃木 日大東北 聖光学院 福島 東北 仙台育英 宮城 夏の甲子園 高校野球 最年長 通算1000得点 42人目 350二塁打 西村監督 長谷川勇也 内川聖一 安達了一 松井佑介 モヤ 吉田正尚 福田周平 ロメロ 今宮健太 デスパイネ 上林誠知 甲斐拓也 松田宣浩 竹安大知 ミランダ 2試合連続 支配下登録 由規 プロ初ホームラン 柿沼友哉 鈴木大地 サヨナラ勝ち サヨナラ 青山浩二 益田直也 清田育宏 山崎剛 和田恋 浅村栄斗 荻野貴司 中村奨吾 石橋良太 種市篤暉 初勝利 エラー 栗山監督 中島卓也 木村文紀 近藤健介 中田翔 源田壮亮 渡邉諒 岡田雅利 秋山翔吾 清水優心 山川穂高 掘瑞輝 ニール 100日ぶり 細川成也 宮崎敏郎 中井大介 岡田俊哉 ソロホームラン 木下拓哉 アルモンテ ソト ダブルプレー 大島洋平 ビシエド 中川虎大 笠原祥太郎 先発全員安打 小川監督 上田剛史 荒木貴裕 山田哲人 走者一掃のタイムリー 青木宣親 菊池涼介 小園海斗 會澤翼 バティスタ ワイルドピッチ 安倍友裕 押し出し四球 西川龍馬 バレンティン 九里亜蓮 高梨裕稔 2年ぶり ルーキーイヤー 7人目 3年ぶり 100安打 近本光司 ツーランホームラン 小林誠司 高山俊 梅野隆太郎 亀井善行 福留孝介 グランドスラム 炭谷銀仁朗 若林晃弘 ゲレーロ 犠牲フライ 岡本和真 丸佳浩 糸原健斗 岩田稔 桜井俊貴 松坂大輔 不敗神話 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ 西武 ソフトバンク 中日 広島 DeNA ヤクルト 阪神 巨人 パ・リーグ セ・リーグ プロ野球
中日の不敗神話がまたもや継続された
チームは8連敗と最悪のムードだったが、松坂大輔が登板した翌日は負けない
その不敗神話継続で、チームの連敗はストップ
これで松坂大輔が投げた次の試合は13試合で12勝
平成の怪物は自らが勝てなくても、その次の日にチームを勝たせる不思議な力がある
そう言っても過言ではないだろう
まずはセ・リーグ
巨人VS阪神
巨人は桜井俊貴、阪神は岩田稔が先発
試合は1回表から動いた
ノーアウト3塁
糸原健斗の犠牲フライ
0-1と阪神が先制する
巨人はその裏
ワンナウト2塁
丸佳浩のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
岡本和真の押し出し四球
さらにワンナウト満塁
ゲレーロの第9号グランドスラム
さらにツーアウト3塁
若林晃弘のタイムリーヒット
7-1と巨人がすぐさま逆転に成功する
阪神はその裏の2回表
この回先頭打者の福留孝介が第5号ソロホームラン
7-2と阪神が点差を縮める
巨人は3回裏
ノーアウト1塁
炭谷銀仁朗の第4号ツーランホームラン
9-2と巨人がリードを広げる
さらに4回裏
ワンナウト1塁
亀井善行のタイムリースリーベース
さらにワンナウト3塁
岡本和真のタイムリーヒット
11-2と巨人がリードを広げる
阪神は6回表
ツーアウト1塁2塁
梅野隆太郎のタイムリーヒット
11-3と阪神が点差を縮める
巨人はその裏
炭谷銀仁朗の第5号グランドスラム
15-3と巨人が大量リードとする
阪神は8回表
ツーアウト1塁
高山俊のタイムリーヒット
15-4と阪神が点差を縮める
巨人はその裏
ツーアウト1塁3塁
小林誠司のタイムリーヒット
16-4と巨人が大量リードとし、そのまま逃げ切った
勝ち投手は桜井俊貴
負け投手は岩田稔
阪神は福留孝介が3安打と猛打賞の活躍
先発した岩田稔は3回9失点と炎上した
巨人は岡本和真が3安打と猛打賞の活躍
先発した桜井俊貴は7回3失点と好投した
阪神の近本光司はシーズン100安打を達成
球団としては2016年の高山俊以来3年ぶり7人目の快挙となった
福留孝介は史上42人目となる通算1000得点を達成
42歳3ヶ月での達成は史上最年長記録更新となった
巨人は1試合2本のグランドスラムでプロ野球タイ記録を達成
炭谷銀仁朗は約2年ぶりの1試合2本塁打を記録
グランドスラムはルーキーイヤー以来13年ぶり2度目となった

続いてヤクルトVS広島
ヤクルトは高梨裕稔、広島は九里亜蓮が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト1塁3塁
バレンティンの犠牲フライ
1-0とヤクルトが先制する
広島はその裏の2回表
ツーアウト満塁
西川龍馬に押し出し四球
1-1と広島がすぐさま同点に追いつく
さらに3回表
ワンナウト2塁3塁
安倍友裕の打席時に高梨裕稔がワイルドピッチ
その間に3塁ランナーのバティスタがホームイン
さらにワンナウト1塁3塁
會澤翼のタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁
小園海斗の第2号ツーランホームラン
1-5と広島が勝ち越しに成功する
さらに6回表
ツーアウト2塁
菊池涼介のタイムリーツーベース
1-6と広島がリードを広げる
ヤクルトはその裏
この回先頭打者の青木宣親が第13号ソロホームラン
2-6とヤクルトが1点差に詰め寄る
広島はその裏の7回表
ワンナウト1塁2塁
會澤翼のタイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
西川龍馬の走者一掃のタイムリーツーベース
2-10と広島がリードを広げる
さらに8回表
ワンナウト2塁3塁
安倍友裕のタイムリー内野安打
さらにワンナウト1塁3塁
會澤翼のタイムリーヒット
2-12と広島が大量リードとする
ヤクルトは9回裏
ツーアウト満塁
山田哲人に押し出し四球
さらにツーアウト満塁
荒木貴裕の2点タイムリーヒット
5-12とヤクルトが点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は九里亜蓮
負け投手は高梨裕稔
ヤクルトは青木宣親と上田剛史が2安打とマルチ安打の活躍
先発した高梨裕稔は2回1/3イニング3失点とピリッとしない内容だった
広島は會澤翼と小園海斗が3安打と猛打賞の活躍
先発した九里亜蓮は7回2失点と好投した
ヤクルトは今シーズン5度目の3連戦3連敗となった
高梨裕稔の投球に小川監督は苦言を呈した
広島は9連勝となった
先発全員安打の18安打12得点と打線が爆発した

続いて中日VS DeNA
中日は笠原祥太郎、DeNAは中川虎大が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト1塁3塁
ビシエドの犠牲フライ
1-0と中日が先制する
さらに3回裏
ノーアウト1塁3塁
ビシエドのダブルプレーの間に3塁ランナーの大島洋平がホームイン
2-0と中日がリードを広げる
DeNAはその裏の4回表
ツーアウトランナーなし
ソトの第27号ソロホームラン
2-1とDeNAが1点差に詰め寄る
中日は5回裏
ワンナウト3塁
アルモンテの犠牲フライ
3-1と中日がリードを広げる
DeNAはその裏の6回表
ノーアウト満塁
ソトの犠牲フライ
3-2とDeNAが1点差に詰め寄る
中日はその裏
ワンナウト2塁3塁
木下拓哉の犠牲フライ
4-2と中日がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は笠原祥太郎
負け投手は中川虎大
セーブは岡田俊哉
DeNAは中井大介、ソト、宮崎敏郎、細川成也が安打を放った
先発した中川虎大は2回1失点だった
中日は大島洋平とアルモンテが2安打とマルチ安打の活躍
先発した笠原祥太郎は6回2失点と好投した
DeNAの連勝は7でストップ
中川虎大はプロ初登板初勝利はならなかった
中日は連敗を8でストップさせた
笠原祥太郎は100日ぶりの白星を挙げた

続いてパ・リーグ
西武はニール、日本ハムは掘瑞輝が先発
試合は1回裏から動いた
ツーアウト1塁
山川穂高のタイムリーヒット
1-0と西武が先制する
日本ハム
その裏の2回表
ツーアウト1塁
清水優心の第1号ツーランホームラン
1-2と日本ハムが逆転に成功する
西武は3回裏
ワンナウト3塁
山川穂高の第31号ツーランホームラン
3-2と西武が勝ち越しに成功する
さらに4回裏
ノーアウト1塁
岡田雅利のタイムリーツーベース
さらにワンナウト3塁
秋山翔吾のタイムリーヒット
5-2と西武がリードを広げる
日本ハムは6回表
ツーアウト2塁
渡邉諒のタイムリーヒット
5-3と日本ハムが点差を縮める
西武はその裏
ツーアウト1塁3塁
源田壮亮のタイムリー内野安打
さらにツーアウト満塁
山川穂高に押し出し四球
7-3と西武がリードを広げる
日本ハムは8回表
ワンナウトランナーなし
中田翔の第23号ソロホームラン
7-4と日本ハムが点差を縮める
さらに9回表
ワンナウト1塁2塁
近藤健介の第2号スリーランホームラン
7-7と日本ハムが同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長10回裏
ワンナウト1塁
秋山翔吾の打球を中島卓也が後逸
その間に1塁ランナーの木村文紀が一気にホームイン
8-7と西武がサヨナラ勝ちした
勝ち投手はヒース
負け投手は宮西尚生
日本ハムは中田翔が2安打とマルチ安打の活躍
先発した掘瑞輝は4回5失点と打ち込まれた
西武は木村文紀が4安打と猛打賞の活躍
先発したニールは7回3失点と好投した
日本ハムは土壇場で同点に追いつくも、延長戦でサヨナラ負け
中島卓也の痛恨のエラーも栗山監督は中島卓也を庇った
西武のニールは6勝目ならず
ヒースは来日後初勝利となった

続いてロッテVS楽天
ロッテは種市篤暉、楽天は石橋良太が先発
試合が動いたのは2回裏
ノーアウト1塁
中村奨吾の第14号ツーランホームラン
2-0とロッテが先制する
さらに4回裏
ツーアウト1塁2塁
荻野貴司のタイムリーツーベース
3-0とロッテがリードを広げる
楽天はその裏の5回表
この回先頭打者の浅村栄斗が第21号ソロホームラン
さらにノーアウト2塁3塁
和田恋の犠牲フライ
3-2と楽天が1点差に詰め寄る
さらに6回表
ツーアウトランナーなし
山崎剛の第1号ソロホームラン
3-3と楽天が同点に追いつく
しかし9回裏
ノーアウト満塁
清田育宏のタイムリーヒット
4-3とロッテがサヨナラ勝ちした
勝ち投手は益田直也
負け投手は青山浩二
楽天は浅村栄斗が3安打と猛打賞の活躍
先発した石橋良太は7回3失点と好投した
ロッテは荻野貴司、鈴木大地、中村奨吾、柿沼友哉、清田育宏が安打を放った
先発した種市篤暉は5回2失点と好投した
楽天の山崎剛はプロ初ホームランを放った
由規は支配下登録され、背番号は63となった
ロッテはサヨナラ勝ちでカード勝ち越しとなった
清田育宏は2試合連続で代打で結果を残した

最後はソフトバンクVSオリックス
ソフトバンクはミランダ、オリックスは竹安大知が先発
試合は1回裏から動いた
ツーアウト2塁3塁
松田宣浩の2点タイムリーヒット
2-0とソフトバンクが先制する
さらに2回裏
ワンナウト3塁
甲斐拓也のタイムリー内野安打
さらにワンナウト1塁
上林誠知の第10号ツーランホームラン
5-0とソフトバンクがリードを広げる
さらに3回裏
ノーアウト1塁
デスパイネの第23号ツーランホームラン
7-0とソフトバンクがリードを広げる
さらに4回裏
ワンナウト1塁
今宮健太の第11号ツーランホームラン
9-0とソフトバンクがリードを大きく広げる
オリックスは9回表
ノーアウト満塁
モヤのタイムリーヒット
さらにノーアウト満塁
ロメロの犠牲フライ
9-2とオリックスが点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手はミランダ
負け投手は竹安大知
オリックスは福田周平、吉田正尚、モヤ、ロメロ、松井佑介、安達了一が安打を放った
先発した竹安大知は2回7失点と炎上した
ソフトバンクは今宮健太、内川聖一、長谷川勇也、甲斐拓也、上林誠知が2安打とマルチ安打の活躍
先発したミランダは6回無失点と好投した
オリックスの竹安大知は自己ワーストの2回7失点で降板となった
竹安大知の投球に西村監督は苦言を呈した
ソフトバンクは連敗を3でストップした
内川聖一は史上43人目の350二塁打を達成した

高校野球では16大会で決勝戦が行われた
宮城大会では仙台育英が東北を15-10で敗り、3年連続28回目の夏の甲子園大会出場となった
福島大会では聖光学院が日大東北を2-0で敗り13年連続16回目の夏の甲子園大会出場となった
栃木県大会では作新学院が文星芸大付を6-2で敗り、9年連続15回目の夏の甲子園大会出場となった
西東京大会では国学院久我山が創価を4-2で敗り、28年ぶり3回目の夏の甲子園大会出場となった
神奈川大会では東海大相模が日大藤沢を24-1で敗り、4年ぶり11回目の夏の甲子園大会出場となった
埼玉大会では花咲徳栄が山村学園を11-2で敗り、5年連続7回目の夏の甲子園大会出場となった
石川大会では星稜が小松大谷を6-2で敗り、2年連続20回目の夏の甲子園大会出場となった
三重大会では津田学園が海星を6-4で敗り、2年ぶり2回目の夏の甲子園大会出場となった
京都大会では立命館宇治が京都国際を3-2で敗り、37年ぶり3回目の夏の甲子園大会出場となった
岡山大会では岡山学芸館が倉敷商を2-1で敗り、4年ぶり2回目の夏の甲子園大会出場となった
島根大会では石見智翠館が開星を8-7で敗り、4年ぶり10回目の夏の甲子園大会出場となった
香川大会では高松商が英明を2-1で敗り、23年ぶり20回目の夏の甲子園大会出場となった
高知大会では明徳義塾が高知を4-1で敗り、2年ぶり20回目の夏の甲子園大会出場となった
大分大会では藤陰が大分商を5-1で敗り、2年連続3回目の夏の甲子園大会出場となった
長崎大会では海星が鎮西学院を10-1で敗り、5年ぶり18回目の夏の甲子園大会出場となった
鹿児島大会では神村学園が鹿屋中央を5-3で敗り、2年ぶり5回目の夏の甲子園大会出場となった
posted by ダークキング at 17:00Comment(0)日記