10年のプロ野球生活にピリオド。あなたは間違いなく侍でした!

阪神のメッセンジャーの引退試合が行われた
阪神に入団して10年間、チームを支える柱として活躍した
日米通算100勝も達成
開幕投手も6回務めた
通算1475奪三振は日本プロ野球の外国人選手としては歴代1位
シーズン二桁勝利7度も外国人選手としては歴代最多である
偉大な記録を作り続けた虎のエースがユニホームを脱いだ
マウンドでの闘志あふれるピッチング
その姿はまさに侍だった
10年間お疲れ様様でした
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
阪神VS中日
阪神はメッセンジャー、中日は柳裕也が先発
試合が動いたのは5回裏
ツーアウトランナーなし
代打・陽川尚将の第3号ソロホームラン
1-0と阪神が先制する
さらに6回裏
ワンナウト満塁
高山俊の2点タイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
梅野隆太郎のタイムリーヒット
4-0と阪神がリードを広げる
さらに7回裏
ワンナウト1塁
大山悠輔の第14号ツーランホームラン
6-0と阪神がリードを広げる
中日は9回表
ツーアウト2塁3塁
代打・堂上直倫のタイムリーヒット
さらにツーアウト1塁
渡辺勝のタイムリーツーベース
6-3と中日が点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手はガルシア
負け投手は柳裕也
中日は福田永将が2安打とマルチ安打の活躍
先発した柳裕也は5回1/3イニング4失点と打ち込まれた
阪神は梅野隆太郎が3安打と猛打賞の活躍
先発したメッセンジャーは1/3イニング無失点だった
中日は5位が確定した
根尾昂はプロ初出場を果たした
阪神は5連勝で勝率5割復帰
逆転でのCS進出に望みをつないだ

最後はパ・リーグ
オリックスVSソフトバンク
オリックスは山本由伸、ソフトバンクほ高橋礼が先発
試合は1回裏から動いた
ツーアウト満塁
安達了一のタイムリー内野安打
さらにツーアウト満塁
小田裕也の走者一掃のタイムリーツーベース
4-0とオリックスが先制する
ソフトバンクは6回表
この回先頭打者の代打・福田秀平が第9号ソロホームラン
4-1とソフトバンクが先制する
オリックスは8回裏
ノーアウト満塁
宗佑磨に押し出し死球
5-1とオリックスがリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は山本由伸
負け投手は高橋礼
ソフトバンクは牧原大成が2安打とマルチ安打の活躍
先発した高橋礼は6回4失点と打ち込まれた
オリックスは吉田正尚、宜保翔、宗佑磨、安達了一、小田裕也が安打を放った
先発した山本由伸は6回1失点と好投した
ソフトバンクは全日程終了
松田宣浩がチームで唯一全試合に出場した
オリックスも全日程終了
山本由伸は球団最年少での最優秀防御率獲得となった
パ・リーグはこの試合でペナントレースが全日程終了となった

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ
18時プレイボール予定
阪神(青柳晃洋)VS中日(大野雄大)

阪神の青柳晃洋はここまで8勝9敗
対中日戦はここまで5試合に登板して1勝3敗
前回の中日戦は7回1失点で負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
中日の大野雄大はここまで9勝8敗
対阪神戦はここまで5試合に登板して3勝0敗
前回の阪神戦は9回無失点で勝ち投手となった
今日も好投してチームを勝利に導いてもらいたい

この試合をもって、今シーズンのペナントレースは全日程終了となる
posted by ダークキング at 17:00Comment(0)日記

まだ終わっていない!逆襲の猛虎なるか逆転CS!

負けたらその時点でCS進出の可能性が消滅する阪神
今シーズン初となる6連勝でCS進出となる
厳しい条件となったが、それでもまだ諦めてなどいない
昨日勝って4連勝となった
残り2試合も勝ってCS進出を決められるか注目である
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
ヤクルトVS巨人
ヤクルトは小川泰弘、巨人は山口俊が先発
試合が動いたのは8回表
ツーアウト1塁
岡本和真のタイムリーツーベース
0-1と巨人が先制する
ヤクルトはその裏
ノーアウト1塁3塁
代打・荒木貴裕のショートゴロの間に3塁ランナーの広岡大志がホームイン
1-1とヤクルトがすぐさま同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長10回裏
ツーアウト2塁
太田賢吾のタイムリーヒット
2-1とヤクルトがサヨナラ勝ちした
勝ち投手は梅野雄吾
負け投手は鍵谷陽平
巨人は重信慎之介が2安打とマルチ安打の活躍
先発した山口俊は7回1失点と好投した
ヤクルトは広岡大志が2安打とマルチ安打の活躍
先発した小川泰弘は5回無失点と好投した
巨人は全日程終了
山口俊は最多勝、最高勝率、最多奪三振の3冠がほぼ確実となった
ヤクルトも全日程終了
史上初の全11球団に負け越しとなった

続いてDeNA VS阪神
DeNAは今永昇太、阪神は西勇輝が先発
試合が動いたのは4回表
ワンナウト満塁
中谷将大のタイムリーヒット
中継に入った大和が悪送球
その間に2塁ランナーの大山悠輔がホームイン
さらにワンナウト1塁3塁
木浪聖也のスクイズ
さらにツーアウト2塁
梅野隆太郎のタイムリーヒット
0-4と阪神が先制する
さらに8回表
ワンナウト1塁2塁
福留孝介のタイムリーヒット
さらにツーアウト2塁3塁
糸原健斗の2点タイムリーツーベース
0-7と阪神がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は西勇輝
負け投手は今永昇太
DeNAは佐野恵太と宮崎敏郎が2安打とマルチ安打の活躍
先発した今永昇太は7回1/3イニング7失点と炎上した
阪神は福留孝介、糸原健斗、梅野隆太郎が2安打とマルチ安打の活躍
先発した西勇輝は5回無失点と好投した
DeNAは全日程が終了した
今永昇太は最優秀防御率で初のタイトル獲得を目指したが、炎上してタイトル獲得はならなかった
阪神は西勇輝が初回に右足に打球が直撃するアクシデントがあったが、5回無失点と好投した
近本光司は159安打目を放ち、新人安打記録歴代2位まで後1安打となった

最後はパ・リーグ
オリックスVSソフトバンク
オリックスは荒西祐大、ソフトバンクはバンデンハークが先発
試合は1回表から動いた
ツーアウト2塁
柳田悠岐のタイムリーヒット
0-1とソフトバンクが先制する
オリックスは4回裏
ワンナウト1塁
マレーロのタイムリーツーベース
さらにワンナウト1塁2塁
西野真弘のタイムリーヒット
2-1とオリックスが逆転に成功する
さらに5回裏
ワンナウトランナーなし
吉田正尚の第29号ソロホームラン
3-1とオリックスがリードを広げる
ソフトバンクはその裏の6回表
ワンナウト1塁3塁
高田知季の打球を中川圭太がバックホームするも判定はセーフ
記録はフィルダースチョイス
3-2とソフトバンクが1点差に詰め寄る
さらに7回表
ツーアウト2塁
牧原大成のタイムリーヒット
3-3とソフトバンクが同点に追いつき、試合は延長戦に突入
しかし両チームとも点が取れず、試合は延長12回規定により引き分けとなった
ソフトバンクは柳田悠岐が2安打とマルチ安打の活躍
先発したバンデンハークは6回3失点とまずまずだった
オリックスは宗佑磨とマレーロが2安打とマルチ安打の活躍
先発した荒西祐大は8回2/3イニング3失点と好投した
ソフトバンクはドラフト3位ルーキーの野村大樹がプロ初打席初安打を放った
球団としては15年ぶりの快挙となった
オリックスの吉田正尚は自身初となる30号ホームランに王手をかけた
首位打者争いは、今日の最終戦で6打数6安打で逆転となるだけに厳しくなった

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ
14時プレイボール予定
阪神(メッセンジャー)VS中日(柳裕也)
パ・リーグ
15時プレイボール予定
オリックス(山本由伸)VSソフトバンク(高橋礼)

阪神のメッセンジャーはここまで3勝7敗
対中日戦はここまで2試合に登板して0勝2敗
前回の中日戦は5回3失点で負け投手となった
今日が引退試合となる
悔いの残らないピッチングをしてもらいたい
中日の柳裕也はここまで11勝6敗
対阪神戦はここまで5試合に登板して2勝1敗
前回の阪神戦は5回5失点で負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
オリックスの山本由伸はここまで7勝6敗
対ソフトバンク戦はここまで6試合に登板して2勝2敗
前回のオリックス戦は6回1/3イニング5失点で負け投手となった
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
ソフトバンクの高橋礼はここまで12勝5敗
対オリックス戦はここまで2試合に登板して1勝0敗
前回のオリックス戦は7回無失点で勝ち投手となった
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
posted by ダークキング at 12:00Comment(0)日記

3試合全てで引退試合!名選手がユニホームを脱ぐ

昨日行われたプロ野球3試合
全ての試合で引退試合が行われた
巨人の阿部慎之助、広島の赤松真人、日本ハムの田中賢介
3選手が今シーズン限りでの引退となった
日本球界を代表する名捕手として活躍した阿部慎之助
胃癌から復活を目指した赤星二世・赤松真人
鉄壁の守りと見事な小技と勝負強さでチームを牽引した田中賢介
偉大な男たちがユニホームを脱ぐ
現役生活お疲れ様でした
それでは昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
巨人VSDeNA
巨人はマシソン、DeNAは桜井周斗が先発
試合が動いたのは3回表
ツーアウト1塁
ソトの第43号ツーランホームラン
0-2とDeNAが先制する
巨人は4回裏
この回先頭打者の坂本勇人が第40号ソロホームラン
さらにワンナウトランナーなし
阿部慎之助の第7号ソロホームラン
2-2と巨人が同点に追いつく
さらに5回裏
ツーアウト満塁
炭谷銀仁朗の第6号グランドスラム
6-2と巨人が勝ち越しに成功する
DeNAは9回表
この回先頭打者のロペスが第31号ソロホームラン
さらにワンナウト1塁3塁
中井大介のサードゴロの間に3塁ランナーの宮崎敏郎がホームイン
6-4とDeNAが2点差に詰め寄るも、反撃はそこまで
勝ち投手は戸郷翔征
負け投手は濱矢廣大
DeNAは伊藤裕季也が3安打と猛打賞の活躍
先発した桜井周斗は2回無失点と好投した
巨人は坂本勇人、阿部慎之助、岡本和真、炭谷銀仁朗、ゲレーロ、重信慎之介、石川慎吾が安打を放った
先発したマシソンは1回無失点と好投した
DeNAのラミレス監督は元チームメイトの阿部慎之助の引退試合で惜別の盗塁指示をした
伊藤裕季也、桜井周斗の活躍にラミレス監督は喜んだ
巨人は戸郷翔征がプロ初勝利を挙げた
坂本勇人は生え抜き右打者として初の40号ホームランを放った

続いて広島VS中日
広島はジョンソン、中日は小笠原慎之介が先発
試合が動いたのは2回表
ワンナウト1塁3塁
平田良介のタイムリーヒット
0-1と中日が先制する
広島は5回裏
ワンナウト1塁3塁
石原慶幸の打席時に小笠原慎之介が暴投
その間に3塁ランナーの松山竜平がホームイン
1-1と広島が同点に追いつく
中日は7回表
ツーアウト3塁
木村拓哉のタイムリーツーベース
さらにツーアウト1塁
代打・堂上直倫の第12号ツーランホームラン
1-4と中日が勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は小笠原慎之介
負け投手はジョンソン
セーブは岡田俊哉
広島は西川龍馬が3安打と猛打賞の活躍
先発したジョンソンは6回2/3イニング4失点と打ち込まれた
中日は木下拓哉が2安打とマルチ安打の活躍
先発した小笠原慎之介は6回1失点と好投した
広島は最終戦に勝利出来ず、CS進出決定とはならなかった
阪神が残り3試合のうち1試合でも負けたら、広島のCS出場が決まる
中日は根尾昂が1軍に昇格
しかし出番はなく、プロ初出場はお預けとなった

最後は日本ハムVSオリックス
日本ハムはロドリゲス、オリックスは山岡泰輔が先発
試合が動いたのは2回表
ワンナウト1塁3塁
マレーロの犠牲フライ
0-1とオリックスが先制する
さらに3回表
ツーアウト3塁
福田周平のタイムリーヒット
0-2とオリックスがリードを広げる
さらに5回表
ツーアウト1塁2塁
福田周平の打球を大田泰示が悪送球
その間に2塁ランナーの小田裕也と1塁ランナーの宗佑磨がホームイン
0-4とオリックスがリードを広げる
さらに8回表
ワンナウトランナーなし
吉田正尚の第28号ソロホームラン
0-5とオリックスがリードを広げる
日本ハムはその裏
ツーアウト1塁2塁
田中賢介のタイムリーヒット
1-5と日本ハムが点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は山岡泰輔
負け投手は田中瑛斗
日本ハムは田中賢介と中田翔が2安打とマルチ安打の活躍
先発したロドリゲスは1回無失点と好投した
オリックスは福田周平が2安打とマルチ安打の活躍
先発した山岡泰輔は9回1失点と好投した
日本ハムは斎藤佑樹が約1ヶ月半ぶりに1軍登板を果たした
田中賢介は通算1500安打に後1本で引退となった
オリックスは山岡泰輔が完投勝利で13勝目を挙げた
これで最高勝率のタイトル獲得がほぼ確実となった

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ
18時プレイボール予定
ヤクルト(小川泰弘)VS巨人(山口俊)
14島プレイボール予定
DeNA(今永昇太)VS阪神(西勇輝)
パ・リーグ
18時プレイボール予定
オリックス(荒西祐大)VSソフトバンク(バンデンハーク)

ヤクルトの小川泰弘はここまで5勝12敗
対巨人戦はここまで3試合に登板して0勝2敗
前回の巨人戦は7回5失点も勝ち負けつかず
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
巨人の山口俊はここまで15勝4敗
対ヤクルト戦はここまで6試合に登板して4勝1敗
前回のヤクルト戦は5回2/3イニング4失点も勝ち投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
DeNAの今永昇太はここまで13勝6敗
対阪神戦は3試合に登板して1勝1敗
前回の阪神戦は7回3失点で負け投手となった
今日は好投してチームを勝利に導いてもらいたい
阪神の西勇輝はここまで9勝8敗
対DeNA戦はここまで3試合に登板して0勝1敗
前回のDeNA戦は6回2失点も負け投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
オリックスの荒西祐大はここまで1勝4敗
対ソフトバンク戦はここまで1試合に登板して0勝0敗
先発での登板は初となる
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ソフトバンクのバンデンハークはここまで2勝0敗
対オリックス戦は初登板となる
前回登板は6回無失点で勝ち投手となった
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
posted by ダークキング at 12:00Comment(0)日記