まさかの最下位で終了!投壊が目立つ投手を立て直しなるか!

今シーズン最下位に終わったヤクルト
昨シーズン2位だっただけに、今シーズンは優勝争いかと思われたがダントツの最下位
5月14日〜6月1日までの16連敗でセ・リーグ記録となった
結果としては、これがダントツ最下位を決定付けてしまった
交流戦でも11位と奮わなかった
そして11球団全てに負け越しと不名誉な記録を作ったシーズンとなった
小川監督はシーズン終了後に辞任
いいことがないシーズンと言いたくなるシーズンだったが、2年目の村上宗隆が大躍進した
全試合に出場し、打率は.231と低かったがホームラン数は36本と高卒2年目にして最多ホームラン数に並んび、10代最多ホームラン数を更新
打点は96とこれもまた新記録となった
山田哲人は昨シーズンから38連続盗塁成功の日本新記録達成
ホームランも35本放ったが、打率が.271だったので4度目となるトリプルスリーとはならなかった
打線はよかったヤクルト
しかし、投手陣が崩壊していた
昨シーズン4.13とリーグ4位だったチーム防御率
今シーズンはセ・リーグ唯一4点台
それも4.78と昨シーズンよりさらに悪くなった
エースの小川泰弘は3年ぶりに規定投球回数に到達
しかし5勝12敗 防御率4.57
いずれも自己ワーストの記録となった
守護神の石山泰稚はコンディション不良もあり3度の登録抹消
そのためハフ、マクガフ、梅野雄吾が抑えとして登板していた
梅野雄吾は来シーズン守護神となる可能性もありそうだ
来シーズンはどれだけ若き力がチームに貢献できるかが鍵となりそうだ
梅野雄吾、寺島成輝、高橋奎二、奥村展征、宮本丈、村上宗隆、中山翔太
今シーズンチームに貢献したこの若き力が、どれだけ来シーズン活躍出来るか
それが来シーズンのヤクルトの順位を左右することとなりそうだ
個人の意見となるが、選手のランクを超一流、一流、二流、三流に分ける
超一流
山田哲人
バレンティン

一流
石山泰稚
高梨裕稔
大下佑馬
原樹理
石川雅規
近藤一樹
ブキャナン
小川泰弘
山田大樹
マクガフ
梅野雄吾
ハフ
高橋奎二
五十嵐亮太
平井克典
大引啓次
西浦直亨
荒木貴裕
青木宣親
山崎晃太朗
広岡大志
雄平
太田賢吾
中村悠平
村上宗隆

二流
中尾輝
清水昇
寺島成輝
星知弥
館山昌平
坂本光士郎
寺原隼人
中澤雅人
屋宜照悟
久保拓眞
田川賢吾
風張蓮
山中浩史
スアレス
奥村雅稔
藤井亮太
川端慎吾
中山翔太
塩見泰隆
西田明央
松本直樹
畠山和洋
宮本丈
坂口智隆
渡邉大樹
上田剛史
田代将太郎
吉田大成

三流
蔵本治孝
市川悠太
村中恭兵
岩橋慶侍
金久保優斗
浜田太貴
古賀優大
大村孟
三輪正義
井野卓
山川晃司

ここに新人選手が加わる
ドラフト1位 奥川恭伸
ドラフト2位 吉田大喜
ドラフト3位 杉山晃基
ドラフト4位 大西広樹
ドラフト5位 長岡秀樹
ドラフト6位 武岡龍生

小川監督が退任となり、新監督に高津2軍監督が昇格
メジャーも経験した名投手が低迷する投手陣をどう立て直すか
超大物ルーキー奥川恭伸が入団することにより、投手陣にもいい刺激となるだろう
来シーズンの巻き返しに期待したい
posted by ダークキング at 17:00Comment(0)日記