WBCもいいけれど、プロ野球もオープン戦やってます

どうも(・Д・)
ダークキングです(・Д・)
今日はもうすぐキューバ戦ですが、プロ野球開幕までに12球団全ての特集をしたいので、今日はオリックスについて書きました

WBCで大盛り上がりしているが、プロ野球はオープン戦の真っ只中
プロ野球ペナントレース開幕まで17日
開幕までに12球団の今年の注目選手や開幕予想オーダーなどを書いていく
今日はまず昨年パリーグ最下位のオリックスから書いていく
鬼軍曹・福良監督のもと1996年のがんばろうKOBE以来の優勝、日本一を目指す
投手陣は絶対的エース・金子千尋を大黒柱として戦うのは今年も変わらないだろう
金子千尋と共に柱として活躍してもらいたい西勇輝
そして外国人助っ人・ディクソン
この3人を中心としたローテーションとなるだろう
金子千尋は昨年通算100勝を達成
14年には16勝で最多勝も獲得
その14年のオフに4年20億の大型契約をするも一昨年、昨年は7勝止まり
不本意な成績が続いている
今年は最低でも二桁勝ってもらいたいところだ
西勇輝は3年連続で二桁勝利を達成するも二桁敗戦で最多敗戦投手となった昨年
防御率も4.14とワースト記録だった
4年連続二桁勝利はもちろんだが、敗戦を半分ぐらいまで減らすことが課題となるだろう
ディクソンは今年こそ二桁勝利したいところだ
昨年は8月20日に9勝目をあげながら、残り6先発で白星をあげられず二桁勝利はならなかった
課題はコントロール
四球71だった昨年
今年はもう少し減らしてもらいたいところだ
先発ローテーションの残る3枠は松葉貴大、山崎福也、岸田護、コーク、山岡泰輔の5人で奪いあう
松葉貴大は昨年7勝も9敗している
今年で5年目だけに、そろそろ安定して先発ローテーションを守ってもらいたい
山崎福也は昨年も先発定着はならなかったが3勝している
今年で3年目の若き左腕はスローカーブ習得でローテーション争いに食い込みたいところだ
岸田護は先発転向で開幕ローテを目指している
中継ぎ、抑えとしての実績はあるが昨年右肩痛で4ヶ月以上離脱している
先発として何処まで活躍出来るのか注目したいところだ
コークは今年からオリックスに加入した新外国人左腕
投球練習で大声も出すなど感情豊かな投手
自分の思ったボールが投げられずに自滅することがありえそうな投手だけに、何処まで日本の野球に馴染めるかで活躍出来るかどうかは変わるだろう
山岡泰輔はドラ1でオリックスに入団した1年目投手
社会人出身の即戦力右腕ダルビッシュ(レンジャーズ)も絶賛したスライダーが武器だ
5人のうち2人は落ちる先発ローテーション争い
怪我で出遅れている東明大貴が復活したときに再び先発ローテーション争いは激化するだろう
中継ぎは吉田一将、塚原頌平、佐藤達也の3人が柱となるだろう
吉田一将は昨年50試合を超える登板
勝利の方程式の一角を担った昨年
今年も勝利の方程式として活躍してもらいたい
塚原頌平も昨年50試合を超える登板
怪我で辞退した大谷に変わってオールスターにも出場した
佐藤達也は昨年4年連続の50試合登板ならず43試合止まりだった
故障に制球難で苦戦した昨年
今年は再び安定した投球を見せてもらいたい
抑えは言うまでもなく平野佳寿だ
WBCでも活躍している平野
昨年同様安定した活躍を今年も期待したい
続いて捕手
伊藤光と若月健也と伏見寅威の3人で争う
しかしほぼ確実に若月健也が正捕手で決まりだ
伊藤は内野での出場がオープン戦でも続いている
伏見は打撃でアピール出来てはいるが、守備が課題
若月は打撃が課題だが、リードはいいので正捕手は若月になるだろう
続いては内野手
ファーストはT-岡田が最有力
新選手会長となったT-岡田
オフに3年契約を結んだ
今年は1年間4番に定着してもらい、30本は打ってもらいたい
セカンドは西野真弘が最有力
昨年は全試合に出場
7本のスリーベースは昨年リーグ最多
3割打てるようになれば言うことなしだ
サードは鈴木昴平と小谷野栄一の一騎打ちに伊藤光が割って入る形となるだろう
ベテラン小谷野は昨年9月下旬に左足首を手術
今年復活をかけるベテラン
その小谷野に引導をわたしたいのが鈴木昴平
2年目の26歳
昨年45試合に出場したが、打率は.184
打撃が課題だが、オープン戦はここまで9-3とそれなりに打てている
そこに伊藤光が正捕手から弾かれて内野手争いに加わる可能性がある
ショートは安達了一が最有力
昨年は自主トレ中に難病の潰瘍性大腸炎になるも驚異の回復力で4月半ばに復帰
今年は初の30盗塁を目指す
次は外野手
駿太、吉田正尚、小島脩平、ロメロの4人で争われるだろう
駿太は守備と足は一流だが、打撃が今ひとつ
吉田正尚は2年目で将来のクリーンナップ選手
小島脩平は俊足も盗塁失敗が目立つ
3人ともまだまだ伸び代があるだけに我慢強く使う必要はあるだろう
ロメロは今年加入した新外国人
いろんなポジションが守れるユーティリティプレーヤー
中距離打者で三振も多くはない選手
最後にDHである指名打者だ
おそらく中島宏之だろう
中島はベテランだけに、外国人のモレルなども指名打者となる可能性も高いだろう
中島は昨年1500安打を達成
今年は3割打てたら上出来だろう
モレルは昨年8本塁打も来日1号、2号が雨でノーゲームとなるなどの不運もあった
今年は1軍で1年間戦ってもらいたい
開幕オーダーも予想してみた
1番 セカンド 西野
2番 ショート 安達
3番 ライト ロメロ
4番 ファースト T-岡田
5番 レフト 吉田正
6番 DH 中島
7番 サード 小谷野
8番 キャッチャー 若月
9番 センター 駿太
先発投手 金子千尋
21年ぶりの優勝へ
鬼軍曹・福良監督率いるオリックス
今年は最低でもAクラス入りしてもらいたい

この記事へのコメント