交流戦最高勝率チームとなったのはソフトバンク!3連覇達成!

どうも(・Д・)
ダークキングです(・Д・)
日曜日の試合結果等とノーゲームで月曜日に行われた試合結果等と両方になります(・Д・)

ソフトバンクが交流戦3連覇を達成
勝った方が交流戦最高勝率チームとなった広島との直接対決
見事に競り勝ち栄冠を手にした
この試合を含め、日曜日の試合を振り返る
巨人VSロッテ 7-5 巨人の勝ち
勝ち投手 高木勇人 負け投手 大嶺祐太
阿部慎之助 9号、10号
亀井善行 1号
鈴木大地 8号

試合が動いたのは2回裏
ワンナウトランナーなしで阿部慎之助のソロホームランで先制
さらに3回裏
ワンナウト2塁で山本泰寛のタイムリーヒットで追加点
さらに4回裏
この回先頭打者の阿部慎之助のソロホームランで追加点
3-0と巨人がリードを広げる
ロッテの反撃はその裏の5回表
ワンナウト一、三塁で代打・井口資仁の犠牲フライで1点返す
さらに8回表
ツーアウト1塁で鈴木大地のツーランホームランで同点
3-3の同点となり、試合は延長戦へ
延長12回表
ワンナウト一、三塁で代打・柿沼友哉のバントを高木勇人がエラーし勝ち越し
ツーアウト満塁で大嶺翔太に押し出しの四球で追加点
3-5とロッテが勝ち越しに成功する
しかしその裏
ワンナウト2塁で坂本勇人のタイムリーツーベースで1点返す
さらにワンナウト一、二塁で亀井善行のスリーランホームランでサヨナラ
7-5で巨人が勝利した
巨人は今シーズン2度目のサヨナラ勝ち
ロッテは5連敗となった

ヤクルトVS日本ハム 3-6 日本ハムの勝ち
勝ち投手 有原航平 負け投手 石川雅規
試合が動いたのは4回表
ツーアウト二、三塁でレアードの2点タイムリーヒットで先制
さらに6回表
ツーアウト一、二塁で市川友也の2点タイムリーツーベースで追加点
さらに7回表
ツーアウト一、二塁で西川遥輝の2点タイムリーツーベースで追加点
ヤクルトの反撃は9回裏
ノーアウト一、二塁で山田哲人の打球をレアードが後逸
さらにノーアウト満塁でグリーンのタイムリーヒットで追加点
さらにワンナウト満塁で藤井亮太のショートゴロの間に3塁ランナーの山田哲人がホームイン
しかし反撃もここまで
3-6で日本ハムが勝利した
日本ハムの有原航平は約1ヶ月ぶりの勝利となった

中日VS西武 4-3 中日の勝ち
勝ち投手 柳裕也 負け投手 牧田和久 セーブ 田島慎二

試合は1回表から動いた
ワンナウト一、二塁で浅村栄斗のタイムリーツーベースで先制
しかしその裏
ワンナウト一、三塁でゲレーロの打席時に1塁ランナーの大島洋平が盗塁
炭谷銀仁朗が悪送球する間に、3塁ランナーの京田陽太がホームイン
さらにツーアウト3塁で森野将彦のタイムリーヒットで勝ち越し
2-1と中日すぐさま試合をひっくり返す
さらに3回裏
ツーアウト1塁で藤井淳志のタイムリーツーベースで追加点
しかし6回表
ワンナウト1塁で中村剛也のタイムリーツーベースで1点返す
さらにツーアウト3塁でメヒアの打席時に柳裕也がワイルドピッチで同点
西武が3-3の同点に追いつく
中日は7回裏
ワンナウト2塁で亀澤恭平のタイムリーヒットで勝ち越し
4-3と勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切った
中日の柳裕也はプロ初勝利

阪神VS楽天 0-1 楽天の勝ち
勝ち投手 岸孝之 負け投手 小野泰己 セーブ 松井裕樹

試合が動いたのは6回表
ワンナウト一、二塁で岡島豪郎のタイムリーヒットで先制
0-1と楽天が先制し、そのまま逃げ切った
阪神は10安打するも、要所を抑えられた

広島VSソフトバンク 4-7 ソフトバンクの勝ち
勝ち投手 岡本健 負け投手 中村祐太
松山竜平 4号

試合は1回表から動いた
ツーアウト3塁で松田宣浩のタイムリーヒットで先制
しかしその裏
ツーアウト一、二塁でエルドレッドのタイムリーヒットで同点
1-1とすぐさま同点に追いつく
しかしその裏の2回表
ワンナウト一、二塁で甲斐拓也のタイムリーヒットで勝ち越し
さらにツーアウト二、三塁で福田秀平の2点タイムリーヒットで追加点
1-4とソフトバンクが勝ち越しに成功する
広島はその裏
ツーアウト2塁で田中広輔のタイムリーヒットで1点返す
しかし5回表
ツーアウト2塁で松田宣浩のタイムリーヒットで追加点
さらに8回表
ワンナウト2塁で高田知季のタイムリースリーベースで追加点
さらにワンナウト3塁で甲斐拓也のスクイズで追加点
2-7とソフトバンクがリードを広げる
広島は9回裏
ワンナウト1塁で代打・松山竜平のツーランホームランで2点返すも、反撃はそこまで
4-7でソフトバンクが勝利した
広島は先発の中村祐太が2回持たなかったのが誤算だった

DeNAVSオリックスの試合は雨のためノーゲームとなり、月曜日にDeNA 飯塚悟史、オリックス 金子千尋の先発で仕切り直しとなった
その試合結果は下記の通り
DeNAVSオリックス 4-7 オリックスの勝ち
勝ち投手 黒木優太 負け投手 三上朋也 セーブ 平野佳寿
小谷野栄一 3号
ロメロ 11号

試合が動いたのは4回裏
ワンナウト一、三塁で宮崎敏郎のタイムリーヒットで先制
さらに6回裏
ツーアウト一、二塁で宮崎敏郎のタイムリーヒットで追加点
さらにツーアウト一、二塁で戸柱恭孝の2点タイムリーツーベースで追加点
4-0とDeNAがリードを広げる
オリックスの反撃はその裏の7回表
ワンナウト一、二塁で小谷野栄一のスリーランホームランで3点返す
4-3とオリックスが1点差に詰め寄る
さらに8回表
ワンナウト1塁でロメロのツーランホームランで逆転
さらにツーアウト一、三塁で伊藤光のタイムリーツーベースで追加点
さらにツーアウト二、三塁で西野真弘のタイムリーヒットで追加点
4-7とオリックスが逆転に成功し、そのまま逃げ切った
オリックスは連敗を6でストップさせた

全日程を終えた交流戦
パ・リーグの56勝51敗1分け
8年連続でパ・リーグがセ・リーグに勝ち越す形となった
23日より再び両リーグの公式戦が再開される

この記事へのコメント