シーズン終了、そしてストーブリーグが幕を開ける

どうも(・Д・)
ダークキングです(・Д・)
FA市場的な内容です(・Д・)

ソフトバンクが日本一となり、今シーズンは全日程が終了
数々のドラマが生まれた今シーズン
そしてストーブリーグがいよいよ幕を開ける
FAを所持している選手が移籍するのか残留するのか
注目は大和(阪神)、俊介(阪神)、鶴岡慎也(ソフトバンク)、野上亮磨(西武)、炭谷銀仁朗(西武)、牧田和久(西武)、平野佳寿(オリックス)、涌井秀章(ロッテ)、大野奨太(日本ハム)、増井浩俊(日本ハム)となるだろう
シーズン中にはFAすると言われていた中田翔(日本ハム)はFAせずに残留となる可能性が高い
今シーズンは.216 16本塁打 67打点と奮わなかった
この成績ではさすがにFAしても獲得する球団は少ないだろう
牧田和久、涌井秀章、平野佳寿はメジャーへの移籍が濃厚となる
鶴岡慎也は移籍が前提のFA
宮西尚生(日本ハム)もFA行使するかどうかを悩んでいるところのようだ
俊介も悩んでいるところのようなので、もしかすると行使せず残留の可能性もある
大和にはDeNAとオリックスが興味を示している
野上亮磨は阪神が動きを見せそうだ
大野奨太は中日が動きを見せる予定となっている
その他の選手は、FAしたら何処が動くか
捕手が多いだけに、捕手が欲しい球団は動きを見せるだろう
昨シーズン大型補強を敢行した巨人
今シーズンは今のところは動きを見せていないが、いつも唐突に動くだけに今年もまた巨人の大型補強があるかもしれない
日本ハムは逆に大量放出の可能性がある
セットアッパーに守護神に正捕手と4番
4人が抜ける可能性がある
さすがに全員の流出は避けたいところだろう
若手を育てるのが日本ハムの特性ではあるが、この4人が抜けては壊滅的な打撃となる
ましてや大谷翔平がメジャー移籍が確定しているだけに、最大で5人が移籍することとなる
それだけは避けたいところだろう
今年も大型補強やメジャーへの移籍
目白押しのオフとなりそうだ

この記事へのコメント