紅白戦に対外試合!キャンプもいよいよ中盤へ

2月1日から一斉キャンプインで始まった今年のプロ野球
各球団シート打撃や紅白戦、そして対外試合など実戦での練習が増えている
ロッテは前日に引き続き台湾王者のラミゴと対外試合
前日は大勝だったが、昨日は8-6逆転勝ちを収めた
注目の藤原恭大はノーヒットも、初盗塁を決めた
前日大暴れだったドラ1コンビの安田尚憲と平沢大河はノーヒットだった
12日からの遠征組みの発表も行われ、ルーキーからは藤原恭大、東妻勇輔、小嶋和哉、中村稔弥、松田進の5人が選出された
13日にDeNA、14日に中日と練習試合を行う
DeNAは投手陣の伝統練習ブドウ畑が行われた
高さ1.5mのネットの中で、コーチが左右にボールを転がす
三浦コーチの激が飛ぶなか、ルーキーの上茶谷大河も初のブドウ畑を体験した
オリックスは紅白戦を行った
5イニング制の特別ルール
阪神から移籍の竹安大知が先発し、2イニングを2安打3奪三振1失点だった
ドラ1ルーキーの太田椋はノーヒットだった
安達了一は2安打1打点と活躍した
オリックスは紅白戦を5試合予定している
巨人も紅白戦を行った
こちらは普通に9イニング
ドラ1ルーキーの高橋優貴が先発し、3イニングを2安打1失点で抑えた
同学年の岡本和真との対戦も2打数ノーヒットと完璧に抑え込んだ
その岡本和真は第4打席にバックスクリーンへ放り込み、原監督も驚嘆した
移籍組や助っ人も出場した
丸佳浩は5打数2安打2打点
ビヤヌエバは2打数1安打2打点
炭谷銀仁朗は1打数ノーヒット1打点
打撃陣は上々の出来だった
投手陣では
今村信貴が3イニング投げて6失点
大竹寛は1イニング2失点
森福允彦は2イニング1失点
宮國椋丞は1イニング1失点
アメダスは1イニング2失点
投手陣はイマイチな成績が目立った
日本ハムも紅白戦を行った
こちらは5イニングの特別ルール
清宮幸太郎が4番で出場
同期入団の宮台康平からヒットを放った
王柏融もヒットを放った
投手陣は両先発の上原健太、西村天裕が揃って2イニング1安打無失点に抑えた
ヤクルトは11日に韓国のKIAと練習試合を行う
先発投手は寺島成輝
去年のドラ1村上宗隆は4番を打つ予定
若きツバメ軍団の活躍に期待したい
ソフトバンクではあの男が帰ってきた
日本球界最強と言っても過言ではない
最強の守護神 サファテである
昨シーズンは森唯斗が守護神を務め、37セーブでセーブ王に輝いている
この日は森唯斗にクローザー アイ アムと守護神奪還の戦線布告を行った
12日にもブルペン入りする予定
他球団のファンからすれば、名前すら聞きたくない守護神が完全復活を目指す
広島ではドラ2の島内颯太郎がシート打撃に登板
田中広輔、鈴木誠也を含む6人の打者を完璧に抑え込んだ
ドラ1の小園海斗ばかり目立っているが、島内颯太郎も覚えておいてもらいたい
話題のドラ1小園海斗はシート打撃で初盗塁を決めた
50m5秒8の俊足はやはり伊達じゃない
西武ではドラ1の松本航がシート打撃で山川穂高の対戦
見逃し三振に抑えた
昨シーズンのホームラン王を見逃し三振
開幕ローテーション入りも十分ありそうだ
阪神ではドラ3ルーキーの木浪聖也がシート打撃で岩貞祐太から2打席連続ヒットを放った
1本目はスリーベース
2本目はヒット
ポジションはショート
鳥谷敬が復帰を目指し、北條史也、植田海とライバルは多いが、ルーキーが紅白戦でのスリーランに続きアピールに成功した
矢野監督も絶賛し、レギュラーを狙って欲しいと話した
鳥谷敬がルーキー時代に開幕スタメンを勝ち取ったときのように、木浪聖也も開幕スタメンを目指してもらいたい
中日では右ふくらはぎの肉離れで出遅れている根尾昂が屋外でマシン相手にフリー打撃を行った
32スイングで安打性は13本
早く実戦で見たいが、球界の宝だけにまだもうしばらく2軍での調整が続くだろう
対外試合や紅白戦と試合形式が増えてきたプロ野球
いよいよ日本球団同士の練習試合も今週中から行われる
今月末にはオープン戦も始まり、シーズンへ向けて期待がますます高まる

この記事へのコメント