王者奪還も今年は険しき道のり!超強力打線で連覇を狙う

昨シーズン見事パ・リーグ王者となった西武
しかしオフにポスティングで菊池雄星がメジャーに移籍
さらにFAで浅村栄斗が楽天に、炭谷銀仁朗が巨人に移籍
投打の要と扇の要を失うこととなった
捕手は森友哉が成長したことにより、炭谷銀仁朗の穴は埋まるかもしれないが、第2捕手がいなくなったのは痛い
浅村栄斗はキャプテンだった上に、クリーンナップを任せていた主力
セカンドのポジションも含め、簡単に穴埋めできるものではないだろう
菊池雄星は昨シーズン14勝4敗と貯金を10個作ってくれたエース
この穴は1年では到底埋まるものではない
昨シーズン限りで引退、戦力外となった主な選手は以下の通り
松井稼頭央、ウルフが引退
松井稼頭央は2軍監督となった
坂田遼、高橋朋己が戦力外となった
高橋朋己は育成で再契約された
新加入は内海哲也
巨人にFA移籍した炭谷銀仁朗の人的補償で移籍した

抜けた選手も多く、穴埋めも大変な西武
今シーズンの注目選手選手を挙げていく
最初は投手(先発)
まずは今井達也
昨シーズンは5勝5敗
プロ2年目の昨シーズンはプロ初勝利も挙げた
今シーズンは先発ローテーションを守り、初の二桁勝利を達成してもらいたい

続いて高橋光成
昨シーズンは2勝1敗
僅か3試合の登板に終わった
ここ2年低迷している
今シーズンは先発ローテーション入りし、しっかりとチームに貢献してもらいたい

続いて多和田真三郎
昨シーズンは16勝5敗
最多勝のタイトルも獲得した
今シーズンは菊池雄星が抜けてエースとなる
今シーズンも二桁勝利でチームを引っ張ってもらいたい

続いて内海哲也
今シーズンから西武に加入
昨シーズンは5勝5敗
辻監督からも先発ローテーション入りを明言されている
期待十分なベテラン左腕が新天地でもう一花咲かせてほしい

続いて伊藤翔
昨シーズンはルーキーながら3勝0敗
プロ初勝利も挙げた昨シーズン
今シーズンは先発ローテーション入りの活躍を期待したい

続いてニール
今シーズンから加入した新外国人
多彩な変化球を操る技巧派
1年目から先発ローテーションを守ってもらいたい

上記メンバーがローテーション入りするだろう
ドラフト1位ルーキーの松本航が肺炎で離脱
榎田大樹は肩の張りで離脱中
十亀剣、高木勇人も不振が続いている
先発ローテーションの頭数がギリギリだけに、辻監督もやりくりが大変になりそうだ

続いて投手(中継ぎ)
まずは野田昇吾
昨シーズンは58試合に出場
ランナーを出してからの被打率が.269と打たれ気味
得点圏では.292と打ち込まれた
今シーズンはピンチでしっかり抑えられる投手になってもらいたい

続いて平井克典
昨シーズンは64試合に登板
スライダーを武器にリーグ優勝に貢献した
今シーズンは昨シーズン以上となる70試合登板を達成してもらいたい

続いてマーティン
昨シーズンは22試合に出場
シーズン途中に加入した昨シーズン
セットアッパーとしてリーグ優勝に貢献した
今シーズンは1年フル回転でチームに貢献してもらいたい

続いて小川龍也
昨シーズンは15試合に出場
シーズン途中に中日から移籍した
今シーズンは開幕からフル回転でキャリアハイを達成してもらいたい

続いて武隈祥太
昨シーズンは35試合出場にとどまった
防御率も6点台と打ち込まれ、登板数が大幅に減少した
今シーズンは防御率を半分の3点台まで下げて、再び50試合登板を達成してもらいたい

続いて齊藤大将
昨シーズンはルーキーながら16試合に登板
プロ初勝利も挙げた
しかしイニング数より四死球の方が多く、防御率も7点台と課題が残った
今シーズンは制球力を上げて、飛躍の年にしてもらいたい

続いて田村伊知郎
昨シーズンは4試合登板にとどまった
威力のあるストレートとカットボールを武器に、今シーズンはチームに貢献してもらいたい

上記のメンバーで争うことになりそうだ
実績のあるメンバーに若手がどれだけ対抗出来るかに注目したい

続いて投手(抑え)
まずは増田達至
昨シーズンは41試合登板にとどまった
セーブ数も14Sにとどまった
昨シーズンはフォームを崩し、抑えを全うできなかった
今シーズンは再び守護神としてチームに貢献してもらいたい

続いてヒース
昨シーズンは42試合に登板
シーズン途中に加入した助っ人
シーズン後半は増田達至に代わり守護神として活躍した
今シーズンも最速154kmのストレートとスライダーを武器に守護神として君臨してもらいたい

上記2人の守護神争いとなりそうだ
調子のいい方が守護神となる可能性もあるが、オープン戦的には増田達至が守護神となりそうだ

続いて捕手
まずは森友哉
昨シーズンは136試合に出場
16本塁打80打点と結果を残した
課題はやはり三振数
三桁の三振数をできるだけ減らし、20本塁打を達成してもらいたい

続いて岡田雅利
昨シーズンは52試合に出場
今シーズンは2番手捕手となるが、森友哉から正捕手を奪い取るためにも、打撃でも結果を出してほしい

上記2人の争いとなる
逆に言うと、この2人しかいない
1軍をほぼ経験していない捕手とルーキー達
この2人には怪我なくシーズンを戦ってもらいたい

続いて内野手
まずは外崎修太
昨シーズンは119試合に出場
アップル打法で注目を集めている
昨シーズンまでは外野がメインだったが、浅村栄斗が抜けたので、今シーズンからはセカンドがメインとなる

続いて源田壮亮
ルーキーイヤーに続いて、2年連続全試合出場を達成
2年連続30盗塁も達成した
今シーズンも全試合出場でチームを引っ張ってもらいたい

続いて山川穂高
昨シーズンは全試合に出場
47本塁打でホームラン王も獲得
4番としてチームを優勝に導いた
今シーズンは50本塁打で2年連続のホームラン王を獲得し、チームを連覇に導いてもらいたい

続いて中村剛也
昨シーズンは97試合出場にとどまった
前半戦は左肩痛で思うような成績を残せなかったが、後半戦だけで23本塁打を放った
今シーズンは山川穂高のライバルとして7度目のホームラン王獲得に期待したい

続いて山田遥楓
昨シーズンは14試合に出場
プロ初ホームランも記録した
しかし19打席でヒットはそのホームランのみ
打撃の確実性をアップしてさらなる飛躍に期待したい

続いて金子一輝
昨シーズンは6試合に出場
プロ初ホームランも記録した
内野が全て守れるユーティリティプレーヤー
出番を勝ち取るためにも、全てにおいてパワーアップしてもらいたい

続いて山野辺翔
ドラフト3位ルーキー
浅村栄斗の後釜として期待がかかるルーキー
パンチ力もあり、走力と守備もいいものを持っている
1年目から1軍デビューで活躍してもらいたい

内野は上記のメンバーとなりそうだ
ファースト 山川穂高
セカンド 外崎修太
サード 中村剛也
ショート 源田壮亮
この4人が開幕スタメンとなりそうだ

最後は外野手
まずは栗山巧
昨シーズンは114試合に出場
昨シーズンもさまざまな打順で活躍した
今シーズンも勝負強い打撃でチームを引っ張ってもらいたい

続いて金子侑司
昨シーズンは111試合に出場
持ち前の走力でチームに貢献した
今シーズンは打率アップで3年ぶりの盗塁王を獲得してもらいたい

続いて木村文紀
昨シーズンは75試合に出場
走力と強肩が持ち味だが、右投手への打率が課題
今シーズンはその課題を克服し、レギュラー争いに加わってもらいたい

続いて秋山翔吾
昨シーズンは全試合に出場
4年連続での全試合出場となった
今シーズンからは主将となった
今シーズンもチームを牽引してもらいたい

続いて熊代聖人
昨シーズンは25試合に出場
ベンチではムードメーカー的存在
主に代走や守備固めで活躍した
今シーズンはプレーで存在感を示してもらいたい

続いて鈴木将平
今シーズンプロ3年目の選手
昨シーズンまで1軍での試合出場は0である
昨シーズン2軍で盗塁王となった走力で、今シーズン1軍デビューしてもらいたい

続いて愛斗
昨シーズンは2試合に出場
2軍では13本塁打を放った
今シーズンは打率アップで1軍で飛躍の年にしてもらいたい

外野手は上記メンバーで争うことになりそうだ
レフト 金子侑司
センター 秋山翔吾
ライト 木村文紀
このメンバーとなりそうだ
栗山巧はDHとなりそうだ

開幕スタメン予想は以下の通り
1番 左 金子侑司
2番 遊 源田壮亮
3番 中 秋山翔吾
4番 一 山川穂高
5番 捕 森友哉
6番 DH 栗山巧
7番 二 外崎修太
8番 三 中村剛也
9番 右 木村文紀

主力の放出により、穴埋めが大変な西武
若手の台頭がなによりもチームにとってプラスとなるだろう
なによりも求められるのは投手陣の立て直しだが、今年中になんとかするのは難しそうだ
今年も打ち勝つ野球で2年連続の優勝、そして11年ぶりの日本一へ
今年は勝って辻監督を泣かせてもらいたい

この記事へのコメント