令和突入!初ホームランは巨人の坂本勇人!

5月となり、令和に突入した
その令和に最初の試合で誰よりも早くホームランを放ったのは巨人の坂本勇人
令和第1号となった
その試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
巨人VS中日
巨人は菅野智之、中日は大野雄大が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト満塁
亀井善行のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁陽岱鋼のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
山本泰寛のショートゴロの間に3塁ランナーの岡本和真がホームイン
さらにツーアウト1塁3塁
小林誠司の打席時に山本泰寛が2塁に盗塁
その間に3塁ランナーの亀井善行がホームスチール
4-0と巨人が先制する
さらに2回裏
ワンナウトランナーなし
坂本勇人の第8号ソロホームラン
5-0と巨人がリードを広げる
中日は9回表
ノーアウト1塁3塁
ビシエドのタイムリーヒット
5-1と中日が点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は菅野智之
負け投手は山井大介
中日は京田陽太、ビシエドが2安打とマルチ安打の活躍
先発した山井大介は5回5失点と炎上した
巨人は坂本勇人、丸佳浩、亀井善行が2安打とマルチ安打の活躍
先発した菅野智之は9回1失点と好投した
中日の山井大介は立ち上がりから滅多打ちされ炎上
与田監督も山井大介の立ち上がりの悪さに苦言を呈した
巨人の菅野智之は令和初の完投勝利した
通算1000奪三振も達成した

続いてDeNA VSヤクルト
DeNAは大貫晋一、ヤクルトは高橋奎二が先発
試合が動いたのは3回裏
ツーアウト2塁
大和のタイムリーヒット
1-0とDeNAが先制する
さらに6回裏
ワンナウト2塁
ソトのタイムリーツーベース
さらにツーアウト1塁2塁
宮崎敏郎のタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁3塁
神里和毅の2点タイムリーツーベース
5-0とDeNAがリードを広げる
ヤクルトはその裏の7回表
村上宗隆の第7号ソロホームラン
5-1とヤクルトが点差を縮めるも、反撃そこまで
勝ち投手は大貫晋一
負け投手は高橋奎二
ヤクルトは太田賢吾、雄平、西浦直亨、村上宗隆、西田明央が安打を放った
先発した高橋奎二は5回2/3イニングで5失点と炎上した
DeNAは石川雄洋、宮崎敏郎が2安打とマルチ安打の活躍
先発した大貫晋一は6回1/3イニング1失点と好投した
ヤクルトはバレンティンにアクシデント
2回の守備から退いた
試合前から上半身に違和感があったとのことで、大事をとっての交代となったようだ
DeNAの宮崎敏郎は21打席ぶりにヒットを放った
打点も10戦ぶりについた
昨シーズンまで2年連続で開幕投手を務めた石田健大が1軍に登録された
中継ぎとして起用するための1軍昇格となった
早速昨日の試合でも7回途中から出番があり、2/3イニング無失点と役割を果たした

最後は阪神VS広島
阪神は才木浩人、広島は野村祐輔が先発
試合が動いたのは3回表
ワンナウト1塁
菊池涼介のタイムリーツーベース
さらにワンナウト2塁
バティスタのタイムリーツーベース
0-2と広島が先制する
阪神は4回裏
ワンナウト満塁
梅野隆太郎のサードゴロの間に3塁ランナーの糸原健斗がホームイン
1-2と阪神が1点差に詰め寄る
さらに5回裏
ワンナウト2塁3塁
近本光司の2点タイムリーヒット
さらにワンナウト3塁
糸原健斗のタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁
大山悠輔のタイムリーヒット
5-2と阪神が逆転に成功する
さらに6回裏
ワンナウトランナーなし
マルテの第1号ソロホームラン
6-2と阪神がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は才木浩人
負け投手は野村祐輔
広島はバティスタ、西川龍馬、田中広輔が2安打とマルチ安打の活躍
先発した野村祐輔は5回5失点と炎上した
阪神は近本光司、糸原健斗、大山悠輔、マルチが安打を放った
先発した才木浩人は5回2失点と好投した
広島の田中広輔は令和最初の失策を記録した
田中広輔は打順が8番に下げられたが2安打とマルチ安打も勝利にはつながらず、4連敗となり単独5位に転落した
阪神のマルチは来日初アーチがチームの令和初アーチとなった
阪神は4連勝で勝率5割復帰で単独3位に浮上した

続いてパ・リーグ
西武VS日本ハム
西武は高橋光成、日本ハムは掘瑞輝が先発
試合は1回表から動いた
ツーアウト2塁
中田翔のタイムリーヒット
さらにツーアウト2塁
田中賢介のタイムリーツーベース
0-2と日本ハムが先制する
西武は2回裏
この回先頭打者の山川穂高が第12号ソロホームラン
1-2と西武が1点差に詰め寄る
しかしその裏の3回表
ツーアウト満塁
清水優心に押し出し四球
さらにツーアウト満塁
西川遥輝の2点タイムリーヒット
1-5と日本ハムがリードを広げる
さらに5回表
ワンナウト満塁
近藤健介の2点タイムリーヒット
1-7と日本ハムがリードを広げる
西武は6回裏
ツーアウトランナーなし
秋山翔吾の2号ソロホームラン
2-7と西武が点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手はロドリゲス
負け投手は高橋光成
西武は山川穂高、森友哉が2安打とマルチ安打の活躍
先発した高橋光成は2回2/3イニングで5失点と炎上した
日本ハムは大田泰示が3安打と猛打賞の活躍
先発した2回1/3イニングで1失点とまずまずだった
西武の山川穂高はパ・リーグの令和第1号ホームランとなった
高橋光成は2戦連続で大量失点の炎上となった
日本ハムは6人による継投で5割復帰で単独3位になった

続いてオリックスVSロッテ
オリックスは榊原翼、ロッテは涌井秀章が先発
試合が動いたのは4回表
ツーアウト2塁
鈴木大地のタイムリーヒットで先制
0-1とロッテが先制する
さらに6回表
ツーアウト3塁
レアードが振り逃げ
3塁ランナーの角中勝也がその間にホームイン
0-2とロッテがリードを広げる
さらにツーアウト1塁2塁
鈴木大地の2点タイムリースリーベース
0-4とロッテがリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は涌井秀章
負け投手は榊原翼
オリックスは佐野皓大、メネセス、大城滉二が2安打とマルチ安打の活躍
先発した榊原翼は7回2失点と好投した
ロッテは鈴木大地が3安打と猛打賞の活躍
先発した涌井秀章は7回無失点と好投した
オリックスは令和初の零封負けとなった
若月健矢は令和初の捕逸となった
ロッテの鈴木大地は令和初の猛打賞とスリーベースを達成した
涌井秀章は5回に大城滉二の打球が右足に直撃もあり、7回での降板となった

最後はソフトバンクVS楽天
ソフトバンクは武田翔太、楽天は辛島航が先発
試合が動いたのは2回表
ワンナウト1塁2塁
ブラッシュのタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁3塁
オコエ瑠偉の2点タイムリーヒット
0-3と楽天が先制する
さらに3回表
ツーアウト3塁
ウィーラーのタイムリーヒット
さらにツーアウト1塁2塁
ブラッシュのタイムリーヒット
0-5と楽天がリードを広げる
さらに7回表
ノーアウト満塁
ウィーラーのタイムリーヒット
さらにノーアウト満塁
銀次のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
嶋基宏に押し出し四球
さらにワンナウト満塁
オコエ瑠偉のタイムリーヒット
0-9と楽天が大きくリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は辛島航
負け投手は武田翔太
ソフトバンクは川島慶三、デスパイネ、内川聖一、三森大貴、上林誠知、栗原陵矢、周東佑京が安打を放った
先発した武田翔太は1回2失点だった
楽天は銀次が猛打賞の活躍
先発した辛島航は6回無失点と好投した
ソフトバンクの武田翔太は2回ウィーラーに頭部死球で危険球退場
令和最初の危険球退場となった
さらに5回の守備から内川聖一が交代
アクシデントの可能性が高いが、大事をとっての交代であってもらいたい
楽天のウィーラーは死球を受けるもどこも怪我はなかったようで、そのまま試合に出続けた
チームも連敗を5でストップした

明日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ 3試合とも14時プレイボール予定
巨人(ヤングマン)VS中日(ロメロ)
DeNA(今永昇太)VSヤクルト(スアレス)
阪神(岩田稔)VS広島(大瀬良大地)

パ・リーグ
14時プレイボール予定
西武(榎田大樹)VS日本ハム(金子弌大)
13時プレイボール予定
オリックス(山本由伸)VSロッテ(岩下大輝)
13時プレイボール予定
ソフトバンク(大竹耕太郎)VS楽天(古川侑利)

巨人のヤングマンはここまで2勝0敗
今シーズン初対決となる中日戦
無敗の投球を披露してもらいたい
中日のロメロは前回の巨人戦では6回2失点と好投
現在防御率0.95と抜群の安定感を誇る助っ人が巨人打線を抑え込めるか注目である
DeNAの今永昇太はここまで2勝1敗
今シーズン初対決となるヤクルト相手に安定感のある投球を披露してもらいたい
ヤクルトのスアレスは今シーズン2度目の先発
前回登板では6回無失点と好投
初対決となるDeNA戦でもその安定感のある投球を披露することが出来るか注目である
阪神の岩田稔はここまで1勝0敗
今シーズン初対決となる広島を相手にどのようなピッチングをするか注目である
大瀬良大地は前回の阪神戦で7回3失点と好投したが負け投手に
今日こそ勝ってチームの連敗を止めてもらいたい
西武の榎田大樹は今シーズン初登板となる
昨シーズン二桁勝利でチームの優勝に貢献した左腕
開幕出遅れたが、その遅れを取り戻すためにもまずは今日の試合で勝ってもらいたい
日本ハムの金子弌大は前回の西武戦には2番手で登板も2回5失点と炎上した
今日は先発なので、5回までは投げて西武打線を押さえ込んでもらいたい
オリックスの山本由伸は前回のロッテ戦では8回1失点と好投した
ロッテの岩下大輝は前回のオリックス戦では6回1失点と好投した
2度目の投げ合いとなる両投手
前回は山本由伸が勝ち投手となり、岩下大輝は勝ち負けがつかなかった
岩下大輝にとってはリベンジの試合となる
ソフトバンクの大竹耕太郎はここまで0勝1敗
防御率は0.89と抜群の安定感を誇るも未だ今シーズン勝ち星なし
そろそろ打線が援護して勝ち星をプレゼントしてあげてもらいたい
楽天の古川侑利は2試合目の先発
前回の投球では6回1失点と好投したが勝ち負けつかず
両先発とも今シーズン初勝利を目指す試合となる

令和となり新しい記録が次々と作られたプロ野球
今日の試合でもまた新たな記録の誕生に期待したい

この記事へのコメント