1-0の試合から一変!壮絶な打ち合いの好ゲーム!

プロ野球 セ・リーグ パ・リーグ 巨人 阪神 ヤクルト DeNA 広島 ソフトバンク 西武 ロッテ 日本ハム オリックス 楽天 中日 29本 又吉克樹 小川泰弘 山田哲人 中村悠平 村上宗隆 高橋周平 ソロホームラン ツーランホームラン ビシエド 太田賢吾 12球団 唯一 完投 令和 西勇輝 阪口皓亮 神里和毅 上本博紀 大山悠輔 サヨナラ ジョンソン 三嶋一輝 宮崎敏郎 PJ(ジョンソン) 近本光司 連続試合安打 連続試合無失点 床田寛樹 メルセデス 會澤翼 バティスタ 鈴木誠也 犠牲フライ 阿部慎之助 安倍友裕 トンネル 丸佳浩 西川龍馬 フランスア 田原誠次 中崎翔太 陽岱鋼 山本泰寛 連続試合出塁 戸根千明 通算100号 王手 相内誠 加藤貴之 清水優心 近藤健介 田中賢介 渡邉諒 中村剛也 中田翔 西川遥輝 山川穂高 岡田雅利 外崎修太 秋山翔吾 2軍落ち プロ初勝利 お立ち台 腰の手術 レフトゴロ 令和最初 平成最後 中島卓也 金子侑司 吉田正尚 大城滉二 角中勝也 山岡泰輔 二木康太 増井浩俊 岡大海 1000安打 武田翔太 釜田佳直 松田宣浩 島内宏明 ウィーラー 嶋基宏 牧原大成 浅村栄斗 デスパイネ グラシアル 山下斐紹 茂木栄五郎 代打 内川聖一 加治屋蓮 高梨雄平 藤田一也 今宮健太 メットライフドーム 250号 柳裕也 高梨裕稔 メッセンジャー バリオス 今村信貴 多和田真三郎 美馬学 ボルシンガー 上原健太 千賀滉大 成瀬善久 無敗記録 復帰戦 プロ初登板 今シーズン初登板
ソフトバンクVS楽天
一昨日の試合では1-0と投手戦
しかし昨日の試合は両チーム合わせて29本の安打が飛び出した
ホームランも両チーム合わせて8本
滅多打ちの試合となった
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
中日VSヤクルト
中日は又吉克樹、ヤクルトは小川泰弘が先発
試合は1回表から動いた
ノーアウト満塁
山田哲人の2点タイムリーツーベース
0-2とヤクルトが先制する
さらに4回表
ワンナウト3塁
中村悠平の犠牲フライ
0-3とヤクルトがリードを広げる
さらに6回表
ワンナウト1塁2塁
中村悠平の2点タイムリーツーベース
0-5とヤクルトがリードを広げる
さらに8回表
ノーアウト1塁
村上宗隆の第8号ツーランホームラン
0-7とヤクルトが大きくリードを広げる
中日は9回表
ツーアウト2塁3塁
高橋周平の2点タイムリーヒット
2-7と中日が点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は小川泰弘
負け投手は又吉克樹
中日はビシエドが2安打とマルチ安打の活躍
先発した又吉克樹は5回1/3イニング5失点と炎上した
ヤクルトは太田賢吾と村上宗隆が2安打とマルチ安打の活躍
先発した小川泰弘は9回2失点と好投した
中日は3連敗となり、12球団で唯一令和になってから白星がない
又吉克樹は2年ぶりの先発も炎上した
ヤクルトの小川泰弘は2年8ヶ月ぶりの完投で、今シーズン初勝利となった
山田哲人は今シーズン初の4番で出場
2打点と4番の仕事を果たした

続いて阪神VS DeNA
阪神は西勇輝、DeNAは阪口皓亮が先発
試合が動いたのは2回表
ワンナウト1塁2塁
神里和毅のタイムリーヒット
0-1とDeNAが先制する
阪神は6回裏
この回先頭打者の上本博紀が第1号ソロホームラン
1-1と阪神が同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長10回裏
ツーアウト1塁
大山悠輔のタイムリーツーベース
2-1と阪神がサヨナラ勝ちした
勝ち投手はPJ(ジョンソン)
負け投手は三嶋一輝
DeNAは宮崎敏郎が2安打とマルチ安打の活躍
先発した阪口皓亮は5回無失点と好投した
阪神は大山悠輔が2安打とマルチ安打の活躍
先発した西勇輝は8回1失点と好投した
DeNAの阪口皓亮はプロ初登板も初勝利はお預けとなった
しかし5回無失点と堂々たるピッチング
次回の登板が楽しみである
阪神の近本光司は連続試合安打が13でストップした
PJ(ジョンソン)は14戦連続0封
チームの柱としてブルペン陣を支えている

続いて広島VS巨人
広島は床田寛樹、巨人はメルセデスが先発
試合が動いたのは2回裏
ツーアウト2塁
會澤翼のタイムリーヒット
1-0と広島が先制する
さらに6回裏
ノーアウト3塁
バティスタの犠牲フライ
さらにワンナウトランナーなし
鈴木誠也の第8号ソロホームラン
3-0と広島がリードを広げる
巨人はその裏の7回表
ノーアウト1塁2塁
代打・阿部慎之助のタイムリーヒット
さらにノーアウト1塁3塁
坂本勇人の打球を安倍友裕がトンネル
さらにノーアウト1塁3塁
丸佳浩の犠牲フライ
3-3と巨人が同点に追いつく
しかし8回裏
ワンナウト1塁3塁
西川龍馬の犠牲フライ
さらにツーアウト3塁
安倍友裕の第2号ツーランホームラン
6-3と広島がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手はフランスア
負け投手は田原誠次
セーブは中崎翔太
巨人は陽岱鋼、山本泰寛、メルセデス、阿部慎之助が安打を放った
先発したメルセデスは5回2/3イニング3失点とまずまずだった
広島は鈴木誠也と安倍友裕が3安打と猛打賞の活躍
先発した床田寛樹は6回1/3イニング3失点(自責点0)と好投した
巨人の坂本勇人は29試合連続出塁
戸根千明は10試合目の登板も1回無失点に抑え、防御率0.00をキープした
広島の床田寛樹は菊池涼介、安倍友裕のエラーもあり、5勝目はお預けとなった
鈴木誠也は第8号ホームランで通算100号に王手をかけた

続いてパ・リーグ
西武VS日本ハム
西武は相内誠、日本ハムは加藤貴之が先発
試合が動いたのは2回表
ワンナウト満塁
清水優心の2点タイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
近藤健介のタイムリーヒット
0-3と日本ハムが先制する
さらに4回表
ワンナウト3塁
近藤健介のタイムリーヒット
さらにワンナウト1塁2塁
田中賢介のタイムリーツーベース
さらにワンナウト2塁3塁
渡邉諒の2点タイムリーヒット
さらにツーアウト1塁2塁
清水優心のタイムリーヒット
0-8と日本ハムが大きくリードを広げる
西武は5回裏
ワンナウトランナーなし
中村剛也の第4号ソロホームラン
1-8と西武が点差を縮める
しかし7回表
この回先頭打者の中田翔が第7号ソロホームラン
1-9と日本ハムがリードを広げる
さらに8回表
ワンナウト1塁
西川遥輝のタイムリーツーベース
1-10と日本ハムが大きくリードを広げる
西武は9回裏
ノーアウト1塁
山川穂高のタイムリーツーベース
さらにノーアウト3塁
岡田雅利のタイムリーヒット
3-10と点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は加藤貴之
負け投手は相内誠
西武は秋山翔吾、山川穂高、岡田雅利、中村剛也、外崎修太が安打を放った
先発した相内誠は3回1/3イニング8失点と炎上した
日本ハムは西川遥輝、近藤健介、田中賢介が3安打と猛打賞の活躍
先発した加藤貴之は5回1失点と好投した
西武の相内誠は2軍落ちが確定した
プロ初勝利はまたしばらくお預けとなった
日本ハムの清水優心は腰の手術から復帰して4試合目で今シーズン初のお立ち台に立った
珍記録もうまれた
4回に中島卓也の打球がレフト前に落ちた
しかし2塁ランナーの渡邉諒はレフトが捕ると思い2塁に帰塁していた
レフトの金子侑司が3塁に送球しアウトとなり、記録はレフトゴロとなった
平成最後の試合で巨人もレフトゴロを記録していたが、令和最初のレフトゴロとなった

続いてオリックスVSロッテ
試合は1回裏から動いた
ツーアウト2塁
吉田正尚のタイムリーヒット
1-0とオリックスが先制する
さらに4回裏
ツーアウト1塁
大城滉二のタイムリースリーベース
2-0とオリックスがリードを広げる
さらに6回裏
ツーアウト1塁2塁
大城滉二のタイムリーヒット
3-0とオリックスがリードを広げる
ロッテは8回表
ツーアウト1塁
角中勝也のタイムリースリーベース
3-1とロッテが2点差に詰め寄るも、反撃はそこまで
勝ち投手は山岡泰輔
負け投手は二木康太
セーブは増井浩俊
ロッテは角中勝也が2安打とマルチ安打の活躍
先発した二木康太は5回2/3イニング3失点とまずまずだった
オリックスは大城滉二が2安打とマルチ安打の活躍
先発した山岡泰輔は8回1失点と好投した
ロッテの岡大海は今シーズン22打席目にようやく今シーズン初ヒットが出た
角中勝也は通算1000安打まで残り4本となった
オリックスの山岡泰輔は無傷の3連勝となった
オリックスは令和最初のカードを2勝1敗と勝ち越した

最後はソフトバンクVS楽天
ソフトバンクは武田翔太、楽天は釜田佳直が先発
試合は1回裏から動いた
ツーアウト2塁3塁
松田宣浩の第6号スリーランホームラン
3-0とソフトバンクが先制する
楽天は3回表
ワンナウト満塁
島内宏明のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
ウィーラーの2点タイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
嶋基宏の走者一掃のタイムリーツーベース
3-6と楽天が逆転に成功する
ソフトバンクはその裏
ツーアウト1塁2塁
牧原大成のタイムリーツーベース
4-6とソフトバンクが2点差に詰め寄る
楽天はその裏の4回表
ワンナウト1塁
浅村栄斗の第6号ツーランホームラン
4-8と楽天がリードを広げる
ソフトバンクはその裏
ワンナウト2塁
デスパイネの第4号ツーランホームラン
さらにワンナウトランナーなし
松田宣浩の第7号ソロホームラン
7-8とソフトバンクが1点差に詰め寄る
さらに6回裏
ワンナウト1塁2塁
グラシアルの第2号スリーランホームラン
10-8とソフトバンクが逆転に成功する
しかし8回表
ワンナウトランナーなし
代打・山下斐紹の第1号ソロホームラン
さらにツーアウトランナーなし
茂木栄五郎の第4号ソロホームラン
10-10と楽天が同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長10回表
この回先頭打者の山下斐紹が第2号ソロホームラン
10-11と楽天が勝ち越しに成功する
しかしその裏
ワンナウト3塁
代打・内川聖一のタイムリーヒット
11-11とソフトバンクがすぐさま同点に追いつく
さらに12回裏
ワンナウト満塁
デスパイネのタイムリーヒット
12-11とソフトバンクがサヨナラ勝ちした
勝ち投手は加治屋蓮
負け投手は高梨雄平
楽天は藤田一也が3安打と猛打賞の活躍
先発した釜田佳直が3回1/3イニング7失点と炎上した
ソフトバンクは今宮健太が3安打と猛打賞の活躍
先発した武田翔太は3回2/3イニング8失点と炎上した
楽天は4点のリードを守りきれず競り負けた
明日はメットライフドームでのデーゲームなので、移動のために試合後は足早に球場を去った
ソフトバンクの松田宣浩は通算250号本塁打を達成した
武田翔太は滅多打ちされるもチームはサヨナラ勝ちで令和3日目での2敗目は阻止できた

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ 3試合とも14時プレイボール予定
中日(柳裕也)VSヤクルト(高梨裕稔)
阪神(メッセンジャー)VS DeNA(バリオス)
広島(ジョンソン)VS巨人(今村信貴)

パ・リーグ 3試合とも14時プレイボール予定
西武(多和田真三郎)VS楽天(美馬学)
ロッテ(ボルシンガー)VS日本ハム(上原健太)
ソフトバンク(千賀滉大)VSオリックス(成瀬善久)

中日の柳裕也は今シーズン2勝0敗
前回のヤクルト戦では5回1/3イニング3失点とまずまずだった
今シーズン無敗記録を更新するピッチングをしてもらいたい
ヤクルトの高梨裕稔は今シーズン2勝2敗
しかし2敗とも中日戦
前回の中日戦では2回5失点と炎上した
お得意様と言われるようになる前に、中日戦初勝利を挙げたいところだ
阪神のメッセンジャーは復帰戦となる
4月19日に右手に打球を受けて登録抹消となっていた
復帰戦を白星で飾ることが出来るか注目である
DeNAのバリオスは今シーズン初登板
出遅れてしまった分はピッチングで取り返してもらいたい
そのためにも、今日の試合で阪神打線を押さえ込んでもらいたい
広島のジョンソンはここまで1勝3敗と苦しんでいる
前回の巨人戦では3回4失点と打ち込まれた
そろそろ本調子に戻ってもらわないと、2軍落ちもありえる
回避するためにも、ナイスピッチングに期待したい
巨人の今村信貴はここまで1勝0敗
広島戦での登板は今シーズン初となる
巨人は昨シーズン広島にやられっぱなしだっただけに、なんとか連敗は避けたいところだ
西武の多和田真三郎は今シーズン1勝2敗と今ひとつ調子が良くない
しかし対楽天戦は無敗
相性の良さを武器に勝敗を5分に戻してもらいたい
楽天の美馬学は今シーズン2勝1敗
西武戦は今シーズン初登板となる
今シーズンは対西武戦無敗の楽天
今日も勝って西武に苦手意識を植え付けたいところだ
ロッテのボルシンガーはここまで1勝2敗
前回の日本ハム戦では6回1失点と好投し、今シーズン初勝利を挙げた
今シーズンロッテは対日本ハム戦1勝4敗
唯一勝ったボルシンガーで勝利を収めたいところだ
日本ハムの上原健太はここまで0勝2敗
対ロッテ戦は今シーズン初登板となる
5試合目の登板となるだけに、そろそろ勝ち星を手にしてもらいたい
ソフトバンクの千賀滉大は5戦連続の二桁奪三振に挑む
達成されれば球団記録に並ぶ
見事に達成し、チームを勝利に導いてもらいたい
オリックスの成瀬善久は今シーズン初登板
2軍では防御率1点台と安定している
今シーズン初登板で初勝利を挙げてもらいたい

この記事へのコメント