令和初の監督退場!なんであれがアウトなの?

ミランダ 乙坂智 筒香嘉智 秋山翔吾 平田良介 高橋周平 小島脩平 金子侑司 メヒア 福田周平 足立祐一 バーベイト 石川歩 バレンティン 西浦直亨 山田哲人 美馬学 石橋良太 フィルダースチョイス 内川聖一 セーフティースクイズ グラシアル 多和田真三郎 今江年晶 上田剛史 京田陽太 茂木栄五郎 源田壮亮 原監督 松田宣浩 木浪聖也 福田永将 野上亮磨 西武 登録抹消 楽天 成瀬善久 太田賢吾 阿部寿樹 千賀滉大 中村奨吾 村上宗隆 大田泰示 益田直也 高梨裕稔 インフルエンザ 山川穂高 岩崎優 今井達也 宮西尚生 柳裕也 守備妨害 オリックス レグナルト 犠牲フライ オーバーラン 令和初 島内宏明 中村祐太 ソフトバンク 會澤翼 阪神 田中靖洋 マルテ 山口俊 オコエ瑠偉 中島宏之 坂本勇人 菊池涼介 角中勝也 京山将弥 宋家豪 福留孝介 平沼翔太 リクエスト 藤岡裕大 高橋遥人 中日 寺原隼人 梅野隆太郎 阿知羅拓馬 増田達至 糸井嘉男 先頭打者ホームラン 代打 バリオス Kー鈴木 西川遥輝 丸佳浩 押し出し死球 ツーランホームラン 日本ハム バディスタ メッセンジャー 今村信貴 ジョンソン 新人王 盗塁王 広島 連続二桁奪三振 緒方監督 巨人 西村監督 左澤優 岩貞祐太 ドラフト6位 赤星憲広 近本光司 上原健太 ルーキー 2軍落ち 中村悠平 パ・リーグ ボルシンガー ソロホームラン セ・リーグ プロ野球 中村剛也 押し出し四球 伊藤光 大島洋平 甲斐拓也 DeNA ロペス 山足達也 監督退場 大城滉二 ロッテ 吉田正尚 井上晴哉 ヤクルト 森友哉
令和初の監督退場者が出た
なんと広島の緒方監督である
問題となったのは1回裏
ワンナウトランナーなし
菊池涼介のショートゴロも坂本勇人の送球が高く中島宏之がジャンプしてキャッチ
タイミングは余裕でセーフ
しかし、菊池涼介はここで中島宏之にぶつからないようにするために、ラインの内側を走ってオーバーラン
帰塁する際にタッチアウトとなった
審判の説明では、2塁に進塁しようとしていたとのことだが、普通に1塁を駆け抜けると中島宏之と接触する
そのために菊池涼介はフェアグランド側を走った
それでオーバーランと言われても不可抗力としか言いようがない
接触していれば守備妨害となる可能性が高い
そのために菊池涼介はフェアグランド側を走ったのだろう
それでアウトと言われたら、選手はどうしたらいいか分からない
緒方監督の怒りはもっともである
すでに意見書は提出しているらしいので、審判からの正式な解答を待つしかないが、あれがアウトでは野球にならない
前置きが少し長くなったが、この試合を含め昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
中日VSヤクルト
中日は柳裕也、ヤクルトは高梨裕稔が先発
試合はが動いたのは2回表
ワンナウト3塁
村上宗隆の打席時に柳裕也が暴投
0-1とヤクルトが先制する
中日はその裏
ワンナウト2塁3塁
阿部寿樹のタイムリーヒット
1-1と中日がすぐさま同点に追いつく
ヤクルトは5回表
ワンナウト2塁3塁
太田賢吾の打球を京田陽太がフィルダースチョイス
さらにワンナウト1塁3塁
上田剛史のセーフティースクイズ
打球をビシエドがフィルダースチョイス
さらにワンナウト満塁
山田哲人のタイムリーヒット
さらにワンナウト満塁
村上宗隆の2点タイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁3塁
西浦直亨の2点タイムリーヒット
1-8とヤクルトが勝ち越しに成功する
中日はその裏
ノーアウト3塁
高橋周平のセカンドゴロの間に3塁ランナーの平田良介がホームイン
2-8と中日が点差を縮める
さらに6回裏
この回先頭打者の福田永将が第4号ソロホームラン
3-8と中日が点差を縮める
さらに8回裏
ワンナウト1塁3塁
京田陽太のセカンドゴロの間に3塁ランナーの大島洋平がホームイン
4-8と中日が点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は高梨裕稔
負け投手は柳裕也
中日は平田良介、福田永将、阿部寿樹が2安打とマルチ安打の活躍
先発した柳裕也は6回8失点と炎上した
ヤクルトは青木宣親、山田哲人、西浦直亨、中村悠平が2安打とマルチ安打の活躍
先発した高梨裕稔は7回3失点と好投した
中日は4連敗で未だ令和になってから白星がない
12連戦も2勝6敗となり、勝ち越しの可能性がなくなった
ヤクルトは前回の中日戦で打ち込まれた高梨裕稔が中日打線を抑え、3勝目を手にした
打線もバレンティンを欠く中で連打でビッグイニングも作った
首位巨人とのゲーム差も0.5に縮まった

続いて阪神VS DeNA
阪神はメッセンジャー、DeNAはバリオスが先発
試合が動いたのは3回裏
ワンナウト満塁
福留孝介のタイムリーヒット
1-0と阪神が先制する
さらに5回裏
ツーアウト満塁
マルテに押し出し死球
さらにツーアウト満塁
木浪聖也に押し出し四球
3-0と阪神がリードを広げる
さらに6回裏
ワンナウト3塁
糸井嘉男のタイムリーヒット
さらにツーアウト1塁2塁
梅野隆太郎のタイムリーヒット
5-0と阪神がリードを広げる
DeNAはその裏の7回表
ノーアウト2塁3塁
筒香嘉智のショートゴロの間に3塁ランナーの乙坂智がホームイン
5-1とDeNAが点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手はメッセンジャー
負け投手はバリオス
DeNAは乙坂智、ロペス、伊藤光が安打を放った
先発したバリオスは4回3失点とピリッとしない内容だった
阪神は福留孝介が3安打と猛打賞の活躍
先発したメッセンジャーは9回1失点と好投した
DeNAは苦手メッセンジャーにこれで7連敗となった
天敵として立ちはだかるエースを攻略することは出来なかった
阪神のメッセンジャーは2年ぶりの完投勝利となった
5回までDeNA打線をノーヒットに抑え込むパーフェクトピッチングを披露
復帰戦を見事白星で飾った
近本光司は今シーズン10個目の盗塁を決めた
近本光司が目標とする赤星憲広は1年目72試合で10盗塁を達成した
近本光司は32試合目と40試合も早い記録となった
盗塁王と新人王のタイトル獲得に向け、これからもどんどん活躍してもらいたい

続いて広島VS巨人
広島はジョンソン、巨人は今村信貴が先発
試合は1回裏から動いた
ツーアウトランナーなし
バティスタの第6号ソロホームラン
1-0と広島が先制する
巨人は7回表
ワンナウト1塁2塁
丸佳浩の2点タイムリーツーベース
1-2と巨人が逆転に成功する
しかしその裏
ツーアウト2塁
代打・會澤翼のタイムリーツーベース
2-2と広島がすぐさま同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長10回裏
ツーアウト2塁
バティスタのタイムリーツーベース
3-2で広島がサヨナラ勝ちした
勝ち投手はレグナルト
負け投手は野上亮磨
巨人は丸佳浩が3安打と猛打賞の活躍
先発した今村信貴は5回1失点と好投した
広島はバティスタが3安打と猛打賞の活躍
先発したジョンソンは6回無失点と好投した
巨人は今シーズン初のサヨナラ負けとなった
10回に勝ち越しのチャンスを作るも、決めきれなかった
サヨナラのピンチの時に原監督自らがマウンドに行くも、流れを止めきれなかった
広島は3連勝となり、本拠地のマツダスタジアムでは8連勝となった
勝率5割まで1勝となった

続いてパ・リーグ
西武VS楽天
西武は多和田真三郎、楽天は美馬学が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト2塁
秋山翔吾のタイムリーツーベース
さらにツーアウト3塁
森友哉のタイムリーヒット
2-0と西武が先制する
楽天は3回表
ワンナウト1塁3塁
オコエ瑠偉の犠牲フライ
さらにツーアウト1塁2塁
島内宏明のタイムリーヒット
2-2と楽天が同点に追いつく
西武はその裏
ワンナウト3塁
山川穂高のショートゴロの間に3塁ランナーの源田壮亮がホームイン
3-2と西武がすぐさま勝ち越しに成功する
楽天はその裏の4回表
ツーアウト1塁2塁
茂木栄五郎のタイムリーヒット
3-3と楽天がすぐさま同点に追いつく
さらに6回表
ノーアウト2塁
今江年晶のタイムリーヒット
3-4と楽天が勝ち越しに成功する
西武はその裏
ワンナウトランナーなし
森友哉の第5号ソロホームラン
4-4と西武がすぐさま同点に追いつく
しかしその裏の7回表
ツーアウト1塁3塁
今江年晶のタイムリーヒット
5-4と楽天がすぐさま勝ち越しに成功する
さらに9回表
ツーアウト2塁3塁
足立祐一の打席時にマーティンが暴投
その間に3塁ランナーの島内宏明がホームイン
6-4と楽天がリードを広げる
しかし9回裏
ワンナウト1塁
メヒアの第3号ツーランホームラン
6-6と西武が同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長11回裏
ツーアウト2塁
金子侑司のタイムリーヒット
7-6と西武がサヨナラ勝ちした
勝ち投手は増田達至
負け投手は宋家豪
楽天は茂木栄五郎が4安打、今江年晶が3安打と猛打賞の活躍
先発した美馬学は6回4失点とピリッとしない内容だった
西武は金子侑司、源田壮亮、森友哉が2安打とマルチ安打の活躍
先発した多和田真三郎は5回1/3イニング4失点と打ち込まれた
楽天は2試合連続でのサヨナラ負けとなった
試合時間は2日合わせて9時間20分
ただただ疲労感だけが残る試合となった
リクエストが延長戦では1回しか使えず、最後のサヨナラのホームインが微妙なタイミングだったが、その前にリクエストに失敗しており、サヨナラ負けを受け入れるしかなかった
西武は今シーズン2度目のサヨナラ勝ちとなった
中村剛也が2塁から激走しサヨナラ勝ちを勝ち取った
微妙なタイミングだっただけに、リクエストがあれば覆った可能性もある
ルールとはいえ、なんとも言えないサヨナラとなった

続いてロッテVS日本ハム
ロッテはボルシンガー、日本ハムは上原健太が先発
試合は1回表から動いた
西川遥輝の第2号ソロホームラン
0-1と日本ハムが先制する
ロッテは5回裏
ワンナウト2塁3塁
藤岡裕大の打席時に上原健太が暴投
3塁ランナーの鈴木大地がホームイン
1-1とロッテが同点に追いつく
日本ハムはその裏の6回表
ワンナウト1塁2塁
平沼翔太のタイムリーヒット
1-2と日本ハムがすぐさま勝ち越しに成功する
ロッテは8回裏
ワンナウト3塁
角中勝也のタイムリーヒット
さらにツーアウト2塁
井上晴哉のタイムリーヒット
3-2とロッテが逆転に成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は田中靖洋
負け投手は宮西尚生
セーブは益田直也
日本ハムは大田泰示が2安打とマルチ安打の活躍
先発した上原健太は5回1失点と好投した
ロッテは角中勝也、中村奨吾が2安打とマルチ安打の活躍
先発したボルシンガーは6回2失点と好投した
西川遥輝は自身3度目となる先頭打者ホームランとなった
令和初の先頭打者ホームランとなった
平沼翔太はプロ初打点となった
ロッテは逆転勝ちで連敗を2で止めた
井上晴哉が4番の仕事をしっかりと果たした

最後はソフトバンクVSオリックス
ソフトバンクは千賀滉大、オリックス成瀬善久
試合は1回裏から動いた
ツーアウト1塁2塁
松田宣浩のタイムリーヒット
さらにツーアウト1塁2塁
グラシアルのタイムリーヒット
2-0とソフトバンクが先制する
さらに3回裏
ノーアウト1塁
松田宣浩のタイムリーツーベース
ノーアウト1塁3塁
内川聖一の犠牲フライ
4-0とソフトバンクがリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は千賀滉大
負け投手は成瀬善久
オリックスは福田周平、小島脩平、吉田正尚、大城滉二、山足達也が安打を放った
先発した成瀬善久は2回4失点と打ち込まれた
ソフトバンクは松田宣浩、グラシアル、甲斐拓也が2安打とマルチ安打の活躍
先発した千賀滉大は7回無失点と好投した
オリックスの成瀬善久は2軍落ちが確定した
負けはしたが収穫はあった
ドラフト6位ルーキーの左澤優が1回無失点と好投した
貴重なサウスポー投手
西村監督も戦力として期待を寄せた
ソフトバンクは千賀滉大の二桁奪三振がストップ
5試合連続二桁奪三振には後1つ届かなかった

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ
14時プレイボール予定
中日(阿知羅拓馬)VSヤクルト(寺原隼人)
14時プレイボール予定
阪神(高橋遥人)VS DeNA(京山将弥)
13時30分プレイボール予定
広島(中村祐太)VS巨人(山口俊)
パ・リーグ
13時プレイボール予定
西武(今井達也)VS楽天(石橋良太)
14時プレイボール予定
ロッテ(石川歩)VS日本ハム(バーベイト)
13時プレイボール予定
ソフトバンク(ミランダ)VSオリックス(Kー鈴木)

中日の阿知羅拓馬は前回6回1失点と好投するも負け投手となった
今シーズン2度目の先発
前回と同じく好投し、チームの勝利に貢献してもらいたい
ヤクルトの寺原隼人は前回登板で5回2/3イニング2失点と好投し移籍後初勝利を挙げた
ベテランのピッチングで中日打線を封じこんでもらいたい
阪神の高橋遥人は今シーズン初登板
ローテーション的には岩貞祐太だったが、岩貞祐太と岩崎優がインフルエンザにかかり登録抹消となった
巡ってきた先発マウンドだけに、しっかりと結果を残してもらいたい
DeNAの京山将弥は今シーズンまだ勝ち星がない
6試合目の登板だけにそろそろ勝ち星がほしい
チームが苦手な阪神打線を押さえ込んで今シーズン初勝利といきたいところだ
広島の中村祐太は今シーズン初登板
3連勝と勢いに乗るチームの波にのって巨人打線を押さえ込んでもらいたい
巨人の山口俊は今シーズン4勝0敗と絶好調
前回の広島戦では7回2失点と好投し、勝ち星を挙げた
首位をキープするためにも、3連敗を阻止するピッチングに期待したい
西武の今井達也は今シーズン3勝2敗も防御率が5.10と高い
前回登板は7回2失点と好投した
チームの柱となるためにも、前回以上のピッチングに期待したい
楽天の石橋良太は今シーズン初先発
中継ぎとして9試合に登板
2試合連続サヨナラ負けの悪い空気を吹き飛ばすピッチングに期待したい
ロッテの石川歩は今シーズン日本ハム戦に2試合登板し防御率1.64と安定感抜群も白星なし
今日も前回まで同様に安定感のあるピッチングで日本ハム打線を押さえ込んでもらいたい
日本ハムのバーベイトは今シーズンロッテ戦に2試合登板し防御率0.00
2試合目となる先発登板でロッテ打線を今度も抑え込めるか期待したい
ソフトバンクのミランダはここまで1勝2敗
防御率も6.16と高い
昨シーズン2戦2勝と相性のいいオリックス打線を押さえ込んでもらいたい
オリックスのKー鈴木は前回登板で7回無失点と好投するもリリーフ陣が踏ん張れず勝ち星を手に出来なかった
前回同様のピッチングで今度こそ白星を挙げてもらいたい

この記事へのコメント