巨人が異例の入れ替え!外国人助っ人2人とも2軍へ!

プロ野球 セ・リーグ パ・リーグ 巨人 阪神 ヤクルト DeNA 広島 中日 ソフトバンク 西武 ロッテ 日本ハム オリックス 楽天 ゲレーロ ビヤヌエバ 登録抹消 アダメス マルティネス ブキャナン 青柳晃洋 山崎晃太朗 雄平 犠牲フライ 村上宗隆 ツーランホームラン 大山悠輔 梅野隆太郎 梅野雄吾 近本光司 糸原健斗 糸井嘉男 高山俊 マルテ 木浪聖也 福永春吾 青木宣親 山田哲人 石山泰稚 プロ初セーブ 矢野監督 東克樹 高橋優貴 坂本勇人 陽岱鋼 炭谷銀仁朗 山本泰寛 ロペス 宮崎敏郎 重信慎之介 筒香嘉智 桑原将志 福谷浩司 アドゥワ誠 高橋周平 遠藤一星 安倍友裕 トンネル 磯村嘉孝 代打 松山竜平 ソロホームラン 西川龍馬 走者一掃 菊池保則 谷元圭介 野間峻祥 バティスタ 鈴木博 本田圭佑 福井優也 メヒア 辰巳涼介 オコエ瑠偉 茂木栄五郎 ウィーラー 銀次 外崎修太 島内宏明 ブラッシュ スリーランホームラン 栗山巧 十亀剣 プロ初本塁打 種市篤暉 有原航平 角中勝也 大田泰示 近藤健介 岡大海 井上晴哉 三木亮 鈴木大地 レアード 田中賢介 益田直也 荻野貴司 東浜巨 アルバース 今宮健太 周東佑京 若月健矢 川島慶三 デスパイネ グラシアル 小島脩平 松田宣浩 吉田正尚 福田周平 西浦颯大 伏見寅威 中川圭太 来日最短 原樹理 秋山拓巳 大野雄大 野村祐輔
巨人が異例の入れ替えをした
ゲレーロとビヤヌエバを揃って登録抹消した
ゲレーロはここまで打率.226 4本塁打13打点
ビヤヌエバはここまで打率.235 5本塁打13打点
それなりの数字ではあるが、助っ人としてみるとやはり低く感じる
なにより得点圏打率が低いのが決定的となっただろう
ゲレーロは.200 ビヤヌエバは.167
この数字では入れ替えも致し方ない
代わりに中継ぎ右腕のアダメスと両打ちで内外野こなせるマルティネスが1軍に昇格となった
2人の活躍に期待したい
それでは昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
ヤクルトVS阪神
ヤクルトはブキャナン、阪神は青柳晃洋が先発
試合は1回裏から動いた
ノーアウト3塁
山崎晃太朗のタイムリーヒット
さらにワンナウト2塁3塁
雄平の犠牲フライ
2-0とヤクルトが先制する
さらに4回裏
ノーアウト1塁
村上宗隆の第9号ツーランホームラン
4-0とヤクルトがリードを広げる
阪神は6回表
ワンナウト2塁3塁
大山悠輔の犠牲フライ
さらにツーアウト2塁
梅野隆太郎の打球を村上宗隆がトンネル
その間に2塁ランナーの糸原健斗がホームイン
4-2と阪神が2点差に詰め寄るも、反撃はそこまで
勝ち投手はブキャナン
負け投手は青柳晃洋
セーブは梅野雄吾
阪神は近本光司、糸原健斗、糸井嘉男、高山俊、マルテ、木浪聖也が安打を放った
先発した青柳晃洋は4回4失点(自責点は3)と打ち込まれた
ヤクルトは雄平が2安打とマルチ安打の活躍
先発したブキャナンは5回2/3イニング2失点(自責点は1)と好投した
昨日途中交代で出場が危ぶまれた阪神の近本光司は1番センターで先発出場し、ヒットも放った
福永春吾は今シーズン初登板で1回を無失点に抑えた
青木宣親、山田哲人を連続三振に抑え、リリーフとしての役割を果たした
矢野監督からも高評価だった
ヤクルトの山崎晃太朗は今シーズン初の1軍で2年ぶりとなるタイムリーを放った
ヤクルトは8人の選手を入れ替える大胆な入れ替えを敢行
その入れ替えによって今シーズン初の1軍を手にした山崎晃太朗がいきなり結果を出した
アクシデントもあった
守護神の石山泰稚が上半身のコンディション不良のため登録抹消
代わりに守護神を務めた梅野雄吾はプロ初セーブを挙げた

続いてDeNA VS巨人
DeNAは東克樹、巨人は高橋優貴が先発
試合は1回表から動いた
ノーアウト1塁
坂本勇人の第11号ツーランホームラン
さらにツーアウト1塁
陽岱鋼のタイムリーツーベース
0-3と巨人が先制する
さらに3回表
ワンナウト1塁2塁
炭谷銀仁朗の2点タイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁
山本泰寛のタイムリーヒット
さらにツーアウト2塁
坂本勇人の第12号ツーランホームラン
0-8と巨人がリードを広げる
DeNAは5回裏
ワンナウトランナーなし
ロペスの第5号ソロホームラン
1-8とDeNAが点差を縮める
さらに7回裏
この回先頭打者の宮崎敏郎が第3号ソロホームラン
2-8とDeNAが点差を縮める
しかし9回表
ワンナウト3塁
重信慎之介の第1号ツーランホームラン
2-10と巨人がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は高橋優貴
負け投手は東克樹
DeNAは筒香嘉智が2安打とマルチ安打の活躍
先発した東克樹は3回8失点と炎上した
巨人は山本泰寛が3安打と猛打賞の活躍
先発した高橋優貴は7回2失点と好投した
DeNAは4連敗となったが、いいニュースもあった
桑原将志が1軍に戻ってきた
4月24日に極度の不振で登録抹消となっていた
復帰戦は代打で出場
見事にヒットを放った
切り込み隊長の完全復活も近そうだ
巨人の坂本勇人は1試合2本塁打で本塁打数がリーグ単独トップに立った

続いて中日VS広島
中日は福谷浩司、広島はアドゥワ誠が先発
試合が動いたのは4回裏
ツーアウト1塁
高橋周平のタイムリースリーベース
さらにツーアウト3塁
遠藤一星の打球を安倍友裕がトンネル
2-0と中日が先制する
広島は6回表
ツーアウトランナーなし
磯村嘉孝の第2号ソロホームラン
2-1と広島が1点差に詰め寄る
さらに9回表
ツーアウト3塁
代打・松山竜平のタイムリーヒット
2-2と広島が土壇場で同点に追いつき、試合は延長戦に突入
延長10回表
ワンナウト満塁
西川龍馬が走者一掃のタイムリースリーベース
さらにワンナウト3塁
安倍友裕の第3号ツーランホームラン
2-7と広島が勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は菊池保則
負け投手は谷元圭介
中日は高橋周平が3安打と猛打賞の活躍
先発した福谷浩司は6回1失点と好投した
広島は野間峻祥、バティスタ、安倍友裕が3安打と猛打賞の活躍
先発したアドゥワ誠は6回2失点と好投した
中日は守護神の鈴木博が乱調
2夜連続での失点となった
守護神として、次回の登板ではビシッと抑えてもらいたいところだ
広島は3試合連続となった延長戦を制し勝率5割復帰となった

続いてパ・リーグ
西武VS楽天
西武は本田圭佑、楽天は福井優也が先発
試合が動いたのは2回裏
ワンナウト2塁3塁
メヒアの犠牲フライ
1-0と西武が先制する
楽天はその裏の3回表
ツーアウトランナーなし
辰巳涼介の第1号ソロホームラン
1-1と楽天がすぐさま同点に追いつく
さらに4回表
ワンナウト満塁
オコエ瑠偉の打席時に本田圭佑が暴投
1-2と楽天が勝ち越しに成功する
さらに6回表
ツーアウト満塁
茂木栄五郎のタイムリー内野安打
1-3と楽天がリードを広げる
さらに7回表
ノーアウト1塁3塁
ウィーラーのタイムリーヒット
さらにノーアウト1塁3塁
銀次の打球を外崎修太がファンブル
その間に3塁ランナーの島内宏明がホームイン
さらにノーアウト1塁2塁
ブラッシュの第6号スリーランホームラン
1-8と楽天が大きくリードを広げる
西武は8回裏
ワンナウト満塁
栗山巧の2点タイムリーヒット
さらにワンナウト1塁3塁
メヒアの犠牲フライ
4-8と西武が点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は福井優也
負け投手は本田圭佑
西武は秋山翔吾が2安打とマルチ安打の活躍
先発した本田圭佑は5回1/3イニング3失点とまずまずだった
楽天はウィーラーとブラッシュが2安打とマルチ安打の活躍
先発した福井優也は5回1失点と好投した
西武の十亀剣は3番手で登板するも、ワンナウトも取れずに5失点で降板となった
それでも12日の日本ハム戦で先発予定となった
楽天のドラフト1位ルーキー・辰巳涼介はプロ初ホームランとなった
これを機に活躍に期待したい

続いてロッテVS日本ハム
ロッテは種市篤暉、日本ハムは有原航平が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト3塁
角中勝也の犠牲フライ
1-0とロッテが先制する
日本ハムは3回表
ツーアウト3塁
大田泰示のタイムリーヒット
さらにツーアウト3塁
近藤健介のタイムリーツーベース
1-2と日本ハムが逆転に成功する
ロッテは5回裏
この回先頭打者の岡大海が第1号ソロホームラン
さらにツーアウト満塁
井上晴哉の打席時に有原航平が暴投
その間に3塁ランナーの三木亮がホームイン
さらにツーアウト2塁3塁で有原航平が再び暴投
3塁ランナーの鈴木大地がホームイン
4-2とロッテが逆転に成功する
さらに6回裏
この回先頭打者のレアードが第11号ソロホームラン
5-2とロッテがリードを広げる
ロッテは8回表
ツーアウト1塁3塁
代打・田中賢介のタイムリーヒット
5-3と日本ハムが2点差に詰め寄るも、反撃はそこまで
勝ち投手は種市篤暉
負け投手は有原航平
セーブは益田直也
日本ハムは大田泰示が3安打と猛打賞の活躍
先発した有原航平は6回5失点と炎上した
ロッテは荻野貴司、岡大海が2安打とマルチ安打の活躍
先発した種市篤暉は5回1/3イニング1失点と好投した
日本ハムの有原航平は今シーズン初の負け投手となった
フォークボールが続けて暴投となり自滅した形となった
ロッテは2カードぶりの勝ち越しとなった
岡大海とレアードの2人が古巣を相手にホームランを放った

最後はソフトバンクVSオリックス
ソフトバンクは東浜巨、オリックスはアルバースが先発
試合は1回裏から動いた
ノーアウト1塁3塁
今宮健太の打席時に1塁ランナーの周東佑京が盗塁
若月健矢が2塁へ送球している間に3塁ランナーの川島慶三がホームスチール
さらにノーアウト1塁3塁
デスパイネの第6号スリーランホームラン
さらにノーアウト1塁
グラシアルのタイムリーツーベース
さらにツーアウト1塁3塁
川島慶三のタイムリーヒット
6-0とソフトバンクが先制する
オリックスはその裏の2回表
ワンナウトランナーなし
小島脩平の第2号ソロホームラン
6-1とオリックスが点差を縮める
しかしその裏
ツーアウト2塁
松田宣浩の第8号ツーランホームラン
さらにツーアウトランナーなし
グラシアルの第4号ソロホームラン
9-1とソフトバンクがリードを広げる
オリックスは4回表
ワンナウト2塁
吉田正尚のタイムリーヒット
9-2とオリックスが点差を縮める
さらに5回表
ワンナウト2塁3塁
福田周平のタイムリーヒット
さらにワンナウト1塁3塁
西浦颯大のピッチャーゴロの間に3塁ランナーの伏見寅威がホームイン
9-4とオリックスが点差を縮める
さらに8回表
ワンナウト2塁3塁
吉田正尚の犠牲フライ
9-5とオリックスが点差を縮める
さらに9回表
ノーアウト1塁3塁
伏見寅威のダブルプレーの間に3塁ランナーの中川圭太がホームイン
9-6とオリックスが点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は東浜巨
負け投手はアルバース
オリックスは福田周平、中川圭太が2安打とマルチ安打の活躍
先発したアルバースは1回2/3イニング9失点と炎上した
ソフトバンクはグラシアルが3安打と猛打賞の活躍
先発した東浜巨は5回4失点と打ち込まれた
オリックスのアルバースは来日後最短でのKOとなった
初回は僅か10球で4失点
捕手の若月健矢と共に、2回で交代となった
ソフトバンクの東浜巨は今シーズン2勝目を手にするも、登録抹消となることが決まった
6試合に投げて防御率6.16
1度ローテーションを飛ばして調整することとなった

明日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ 2試合とも18時プレイボール予定
ヤクルト(原樹理)VS阪神(秋山拓巳)
中日(大野雄大)VS広島(野村祐輔)

ヤクルトの原樹理は前回の阪神戦で5失点ながらも完投勝利を挙げた
今日は失点を減らして完投してもらいたい
阪神の秋山拓巳は前回の登板で7回無失点と好投し、今シーズン初勝利を手にした
今シーズン初のヤクルト戦でも前回のような好投に期待したい
中日の大野雄大は前回の広島戦で8回2失点と好投するも勝ち負けつかず
広島戦には2試合登板しているが、いずれも勝ち負けつかず
今日こそ広島に勝ってもらいたい
広島の野村祐輔は中日戦2戦2勝と相性がいい
防御率も0.64と驚異的な数字となっている
今日も中日打線を押さえ込んでもらいたい

この記事へのコメント