ようやく勝てた阪神!ついでに記録もストップさせた!

ようやく勝てた阪神!ついでに記録もストップさせた!

阪神がようやく勝てた
伝統の一戦と言われる巨人戦
今シーズン7度目の対決にしてようやく勝利
さらに巨人の坂本勇人が継続中だった開幕からの連続試合出塁の記録も36でストップさせた
日本記録には後4試合届かなかった
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
まずはセ・リーグ
巨人VS阪神
巨人は高橋優貴、阪神は青柳晃洋が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト3塁
丸佳浩のタイムリーツーベース
さらにワンナウト2塁
岡本和真のタイムリーヒット
2-0と巨人が先制する
阪神はその裏の2回表
ツーアウトランナーなし
マルテの第3号ソロホームラン
2-1と阪神が1点差に詰め寄る
さらに7回表
ツーアウト1塁2塁
代打・北條史也のタイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
糸原健斗の2点タイムリーヒット
2-4と阪神が逆転に成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は青柳晃洋
負け投手はアダメス
セーブはドリス
巨人は重信慎之介と丸佳浩が2安打とマルチ安打の活躍
先発した高橋優貴は6回1失点と好投した
阪神は糸原健斗、糸井嘉男、大山悠輔、福留孝介、マルテ、北條史也が安打を放った
先発した青柳晃洋は6回2失点と好投した
巨人は3連敗となった
坂本勇人は苦手青柳晃洋を攻略出来なかった
阪神の青柳晃洋は対巨人戦1041日ぶりの白星となった
阪神は巨人戦261日ぶりの勝利となった

続いて広島VSヤクルト
広島は野村祐輔、ヤクルトは原樹理が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト2塁3塁
鈴木誠也の犠牲フライ
1-0と広島が先制する
ヤクルトは3回表
ワンナウト1塁2塁
雄平のタイムリーツーベース
さらにワンナウト2塁3塁
村上宗隆のタイムリーヒット
1-2とヤクルトが逆転に成功する
広島はその裏
ワンナウト1塁
バティスタの第8号ツーランホームラン
3-2と広島がすぐさま逆転に成功する
ヤクルトはその裏の4回表
ツーアウト2塁
太田賢吾のタイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
雄平に押し出し四球
3-4とヤクルトがすぐさま逆転に成功する
しかし5回裏
ツーアウト1塁3塁
鈴木誠也の打球を村上宗隆が後逸
さらにツーアウト満塁
會澤翼に押し出し四球
さらにツーアウト満塁
安倍友裕の2点タイムリーヒット
7-4と広島が逆転に成功する
さらに7回裏
ワンナウト3塁
會澤翼の打球を大下佑馬がフィルダースチョイス
8-4と広島がリードを広げる
さらに8回裏
ツーアウト1塁3塁
西川龍馬のタイムリーヒット
9-4と広島がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手はレグナルト
負け投手は原樹理
ヤクルトは青木宣親が3安打と猛打賞の活躍
先発した原樹理は4回2/3イニング6失点と炎上した
広島は野間峻祥と菊池涼介が3安打と猛打賞の活躍
先発した野村祐輔は3回2/3イニング4失点と打ち込まれた
ヤクルトの村上宗隆は逆転タイムリーを放つもエラーが逆転負けに繋がった
西浦直亨は下半身のコンディション不良で2軍落ちとなった
広島は3連勝で今シーズン初の貯金2となった
2勝目を手にしたレグナルトは開幕から16戦連続無失点となった

DeNA VS中日は雨天中止となった

続いてパ・リーグ
楽天VS日本ハム
楽天は釜田佳直、日本ハムは有原航平が先発
試合が動いたのは5回表
ワンナウト2塁3塁
清水優心の犠牲フライ
さらにツーアウト3塁
中島卓也のタイムリーヒット
0-2と日本ハムが先制する
さらに7回表
ツーアウト3塁
西川遥輝のタイムリーヒット
さらにツーアウト1塁2塁
近藤健介のタイムリーヒット
0-4と日本ハムがリードを広げる
楽天はその裏
この回先頭打者のウィーラーが第8号ソロホームラン
1-4と楽天が点差を縮める
しかしその裏の8回表
ワンナウト1塁
石井一成の第1号ツーランホームラン
さらにワンナウト満塁
大田泰示の2点タイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
代打・谷口雄也の2点タイムリーヒット
さらにツーアウト1塁2塁
渡邉諒の2点タイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁
石井一成の打球を藤田一也がファンブル
その間に2塁ランナーの渡邉諒がホームイン
1-13と日本ハムが大量リードとし、そのまま逃げ切った
勝ち投手は有原航平
負け投手は釜田佳直
楽天は茂木栄五郎が2安打とマルチ安打の活躍
先発した釜田佳直は6回2失点と好投した
日本ハムは西川遥輝が4安打、近藤健介が3安打と猛打賞の活躍
先発した有原航平は8回1失点と好投した

最後はソフトバンクVS西武
ソフトバンクは椎野新、西武は高橋光成が先発
試合は1回裏から動いた
ツーアウト3塁
デスパイネの打席時に森友哉がパスボール
1-0とソフトバンクが先制する
西武はその裏の2回表
ワンナウト2塁3塁
外崎修太の第5号スリーランホームラン
1-3と西武がすぐさま逆転に成功する
さらに3回表
この回先頭打者の秋山翔吾が第6号ソロホームラン
さらにノーアウトランナーなし
山川穂高の第16号ソロホームラン
1-5と西武がリードを広げる
ソフトバンクは4回裏
ツーアウト2塁3塁
高橋光成がボーク
さらにツーアウト1塁3塁
釜元豪のタイムリーヒット
3-5とソフトバンクが2点差に詰め寄る
西武はその裏の5回表
ノーアウト1塁2塁
中村剛也の第6号スリーランホームラン
3-8と西武がリードを広げる
ソフトバンクはその裏
ノーアウト2塁3塁
松田宣浩のショートゴロの間に3塁ランナーの今宮健太がホームイン
さらにツーアウト3塁
内川聖一のタイムリー内野安打
5-8とソフトバンクが点差を縮める
西武はその裏の6回表
ノーアウト1塁3塁
栗山巧の打席時にパスボール
さらにワンナウト3塁
中村剛也の打席時に武田翔太が暴投
5-10と西武がリードを広げる
さらに9回表
ワンナウト1塁3塁
源田壮亮のサードゴロの間に3塁ランナーの外崎修太がホームイン
5-11と西武がリードを広げる
ソフトバンクはその裏
ワンナウト満塁
牧原大成に押し出し四球
さらにワンナウト満塁
代打・明石健志の犠牲フライ
7-11とソフトバンクが点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は高橋光成
負け投手は椎野新
セーブは増田達至
ソフトバンクは釜元豪、今宮健太、グラシアルが2安打とマルチ安打の活躍
先発した椎野新は2回5失点と炎上した
西武は山川穂高と外崎修太が3安打と猛打賞の活躍
先発した高橋光成は5回5失点と炎上した
ソフトバンクの椎野新はプロ初先発も炎上
ブルペンデーと銘打って挑んだ試合だったが11失点と炎上する試合となった
西武は今シーズン初の4本塁打となった
高橋光成はラストチャンスで白星を手にしたが、5回5失点の投球内容だけに、辻監督もOKを出すことはなかった

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ
18時プレイボール予定
巨人(菅野智之)VS阪神(岩田稔)
17時45分プレイボール予定
DeNA(東克樹)VS中日(大野雄大)
18時プレイボール予定
広島(大瀬良大地)VSヤクルト(スアレス)
パ・リーグ
13時プレイボール予定
楽天(古川侑利)VS日本ハム(金子弌大)
18時15分プレイボール予定
ロッテ(涌井秀章)VSオリックス(榊原翼)
18時プレイボール予定
ソフトバンク(大竹耕太郎)VS西武(本田圭佑)

巨人の菅野智之はここまで5勝2敗
前回の阪神戦は6回2/3イニング3失点で勝ち投手となった
エースとしてチームの連敗を止めてもらいたい
阪神の岩田稔はここまで1勝0敗
前回登板は5回2/3イニング無失点も勝ち負けつかず
今日も好投し、チームの勝利に貢献してもらいたい
DeNAの東克樹はここまで0勝1敗
今シーズン初登板となった前回登板は3回8失点で負け投手となった
昨シーズンの新人王として、今日は勝ち投手となってもらいたい
中日の大野雄大はここまで3勝1敗
前回のDeNAは6回2/3イニング1失点で勝ち投手
今日もエースとしての投球に期待したい
広島の大瀬良大地はここまで3勝2敗
前回登板は9回2失点で勝ち投手となった
今日もチームを勝利に導いてもらいたい
ヤクルトのスアレスはここまで1勝1敗
前回登板は7回2失点も負け投手となった
今日も好投し、チームの勝利に貢献してもらいたい
楽天と日本ハムはデーゲームのためすでに試合が行われている
7回裏で4-8と日本ハムがリードしている
この試合については今日の他の試合と含め、明日記載する
ロッテの涌井秀章はここまで3勝1敗
前回のオリックス戦は7回無失点で勝ち投手となった
オリックスの榊原翼はここまで1勝3敗
前回のロッテ戦は7回2失点も負け投手となった
今シーズン2度目の投げ合いとなる両投手
今日はどちらが投げ勝つか注目してしたい
ソフトバンクの大竹耕太郎はここまで1勝1敗
前回登板は7回2失点も勝ち負けつかず
今日も好投し、チームの勝利に貢献してもらいたい
西武の本田圭佑はここまで2勝2敗
前回登板は5回1/3イニング3失点で負け投手となった
今日は好投し、チームの勝利に貢献してもらいたい

この記事へのコメント