20年ぶりの快挙達成!ドラ1はやはりモノが違う!

茂木栄五郎 王柏融 中田翔 バティスタ 青山浩二 銀次 ロッテ 西武 堂上直倫 代打 鹿児島 鈴木博 ビシエド 降雨コールド アドゥワ誠 秋山拓巳 与田監督 浅村栄斗 近藤健介 西川遥輝 筒香嘉智 ソト ソロホームラン 石川雄洋 スリーランホームラン ドラフト1位 ルーキー 松坂大輔 プロ初勝利 プロ初先発 プロ初登板 巨人 パ・リーグ セ・リーグ プロ野球 ウィーラー ソフトバンク 中日 広島 DeNA ヤクルト 阪神 楽天 オリックス 日本ハム ロペス 濱口遥大 高梨裕稔 20年ぶり オープン戦 キャンプ 森友哉 プロ初スタメン ダブルプレー 大城卓三 自打球 大山悠輔 完封勝利 45日ぶり バレンティン ツーランホームラン 江夏豊 岡本和真 溝脇隼人 福田永将 亀井善行 坂本勇人 山口俊 清水達也 ラミレス監督 元阪神 大島洋平 菊池涼介 鈴木誠也 石川歩 球団史上初 矢野監督 中谷将大 堀内謙伍 鈴木大地 福井優也 レアード 今江年晶 移籍後初 松永昂大 井口監督 アクシデント 右股関節内転筋 中川圭太 小田裕也 木村文紀 栗山巧 外崎修太 松本航 エップラー 登録抹消 藤田一也 犠牲フライ グランドスラム 辻監督 7年ぶり 秋山翔吾 小島脩平 グラシアル 上原健太 ミランダ 川島慶三 デスパイネ 平沼翔太 渡邉諒 牧原大成 中島卓也 甲子園
西武のドラフト1位ルーキーの松本航が快挙を達成した
プロ初登板初先発で初勝利を挙げた
球団としては松坂大輔が記録して以来20年ぶりの快挙となった
キャンプやオープン戦の時から騒がれていた松本航
開幕ローテーション入りも確実だった実力を遺憾なく発揮してくれた
これからの活躍が楽しみである
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
ヤクルトVS DeNA
ヤクルトは高梨裕稔、DeNAは濱口遥大が先発
試合が動いたのは4回表
ノーアウト1塁2塁
ロペスの第9号スリーランホームラン
さらにワンナウトランナーなし
石川雄洋の第2号ソロホームラン
0-4とDeNAが先制する
さらに5回表
ワンナウト3塁
ソトのタイムリーヒット
0-5とDeNAがリードを広げる
さらに9回表
ツーアウト1塁
筒香嘉智の第10号ツーランホームラン
0-7とDeNAがリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は濱口遥大
負け投手は高梨裕稔
ヤクルトはバレンティンと西田明央が安打を放った
先発した高梨裕稔は5回5失点と打ち込まれた
DeNAはソトが3安打と猛打賞の活躍
先発した濱口遥大は9回無失点と好投した
ヤクルトは2安打完封負けで5連敗となった
45日ぶりに勝率5割に逆戻りとなった
今シーズン5度目の完封負け
小川監督も相手の濱口遥大を褒めた
DeNAの濱口遥大は今シーズン2度目の完封勝利
1972年に江夏豊(元阪神)が作った1シーズン2度の1安打完封勝利は9回に2安打目を打たれて記録は次回以降に持ち越しとなった
今シーズン初の同一カード3連勝もラミレス監督はまだ始まったばかりと先を見据えた

中日VS巨人
中日は清水達也、巨人は山口俊が先発
試合は1回表から動いた
ノーアウト2塁
坂本勇人のタイムリーヒット
さらにツーアウト3塁
亀井善行のタイムリーツーベース
0-2と巨人が先制する
中日はその裏
ノーアウト3塁
福田永将のショートゴロの間に3塁ランナーの溝脇隼人がホームイン
1-2と中日が1点差に詰め寄る
さらに5回裏
ワンナウト満塁
ビシエドの2点タイムリーヒット
3-2と中日が逆転に成功する
さらに6回裏
ワンナウト2塁
代打・堂上直倫のタイムリーヒット
4-2と中日がリードを広げる
巨人はその裏の7回表
ツーアウト1塁3塁
岡本和真のタイムリーヒット
4-3と巨人が1点差に詰め寄る
しかし8回裏
ツーアウト1塁3塁
大島洋平のタイムリーツーベース
5-3と中日がリードを広げる
巨人はその裏
この回先頭打者の代打・大城卓三が第1号ソロホームラン
5-4と巨人が1点差に詰め寄るも、反撃はそこまで
勝ち投手は清水達也
負け投手は山口俊
セーブは鈴木博
巨人は山本泰寛、坂本勇人、岡本和真が2安打とマルチ安打の活躍
先発した山口俊は5回1/3イニング4失点と打ち込まれた
中日は溝脇隼人とビシエドが3安打と猛打賞の活躍
先発した清水達也は5回2失点と好投した
巨人は後1点が遠い試合となった
9回表ワンナウト1塁3塁と一打同点の場面も岡本和真がダブルプレーでゲームセットとなった
中日の溝脇隼人はプロ初スタメンで猛打賞
7年目の苦労人が見事に起用に応えた
清水達也は本拠地初勝利を挙げた
上記にも書いた9回表での場面
守護神の鈴木博に与田監督が自らマウンドに行って喝を入れた
そして見事に鈴木博が抑えてチームは勝利した
与田監督は初めて直接マウンドに行った

続いて阪神VS広島
阪神は秋山拓巳、広島はアドゥワ誠が先発
試合は1回表から動いた
ワンナウト1塁2塁
鈴木誠也の2点タイムリーツーベース
0-2と広島が先制する
さらに2回表
ツーアウト3塁
菊池涼介のタイムリー内野安打
0-3と広島がリードを広げる
さらに4回表
ツーアウト1塁
菊池涼介のタイムリースリーベース
さらにツーアウト3塁
バティスタのタイムリーヒット
0-5と広島がリードを広げる
阪神は9回裏
ツーアウト1塁
中谷将大のタイムリーツーベース
1-5と阪神が点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手はアドゥワ誠
負け投手は秋山拓巳
阪神は大山悠輔と中谷将大が2安打とマルチ安打の活躍
先発した秋山拓巳は5回5失点と炎上した
広島は菊池涼介が4安打と猛打賞の活躍
先発したアドゥワ誠は7回無失点と好投した
阪神は本拠地甲子園でまさかの3タテされ、4位に後退した
3試合で3得点の打線に矢野監督は苦言を呈した
昨シーズンに続いて甲子園での負けが目立ちつつある
昨シーズンの二の舞にならないようにするためにも、打線の奮起は不可欠である
広島は怒涛の7連勝
首位巨人にゲーム差なしとなった
今シーズン2度目となる7連勝は2年ぶりとなった
開幕から43試合での7連勝2回は球団史上初となった

続いてパ・リーグ
ロッテVS楽天
ロッテは石川歩、楽天は福井優也が先発
試合は1回裏から動いた
ノーアウト1塁
鈴木大地の第4号ツーランホームラン
2-0とロッテが先制する
楽天はその裏の2回表
ワンナウト満塁
堀内謙伍の2点タイムリーヒット
さらにワンナウト2塁3塁
茂木栄五郎の2点タイムリーツーベース
2-4と楽天がすぐさま逆転に成功する
ロッテは3回裏
ツーアウト1塁
レアードの第15号ツーランホームラン
4-4とロッテが同点に追いつく
さらに5回裏
ツーアウトランナーなし
レアードの第16号ソロホームラン
5-4とロッテが勝ち越しに成功する
楽天はその裏の6回表
ワンナウト1塁3塁
今江年晶のタイムリーヒット
5-5と楽天がすぐさま同点に追いつく
さらに7回表
ツーアウトランナーなし
浅村栄斗の第11号ソロホームラン
さらにツーアウトランナーなし
ウィーラーの第10号ソロホームラン
5-7と楽天が勝ち越しに成功する
さらに9回表
ワンナウト1塁3塁
浅村栄斗の2点タイムリーツーベース
さらにワンナウト1塁2塁
銀次のタイムリーヒット
5-10と楽天がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は青山浩二
負け投手は松永昂大
ロッテは鈴木大地とレアードが2安打とマルチ安打の活躍
先発した石川歩は6回5失点と炎上した
楽天は茂木栄五郎、浅村栄斗、ウィーラー、今江年晶が2安打とマルチ安打の活躍
先発した福井優也は3回4失点と打ち込まれた
ロッテのレアードは移籍後初の2打席連続ホームラン
しかしチームは逆転負けとなり、井口監督はご立腹だった
楽天はベテランにアクシデント
藤田一也が右股関節内転筋を痛めて登録抹消となった
ここまで規定打席未満とはいえ打率.373と高打率だっただけに、チームにとっては痛手となった

続いてオリックスVS西武
オリックスはエップラー、西武は松本航が先発
試合が動いたのは3回表
ワンナウト1塁2塁
外崎修太のタイムリーヒット
0-1と西武が先制する
さらに4回表
ツーアウト3塁
栗山巧のタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁
木村文紀のタイムリーヒット
0-3と西武がリードを広げる
オリックスは5回裏
ワンナウト2塁3塁
小田裕也のタイムリーヒット
さらにワンナウト1塁3塁
中川圭太の犠牲フライ
2-3とオリックスが1点差に詰め寄る
しかし7回表
ワンナウト満塁
森友哉の第6号グランドスラム
2-7と西武がリードを広げる
さらに8回表
ワンナウト1塁
外崎修太の第7号ツーランホームラン
2-9と西武がリードを広げる
オリックスは9回裏
ノーアウト2塁3塁
小田裕也に四球を与えた際にワイルドピッチ
3-9とオリックスが点差を縮めるも、反撃はそこまで
勝ち投手は松本航
負け投手はエップラー
オリックスは小島脩平が3安打と猛打賞の活躍
先発したエップラーは3回2/3イニング3失点と打ち込まれた
西武は秋山翔吾が4安打、森友哉が3安打と猛打賞の活躍
先発した松本航は5回2失点と好投した
オリックスは日曜日の試合に勝てない
12球団で唯一日曜日白星なしが続いている
来週の日曜日こそは勝ってもらいたいところだ
さらに18試合連続で1ケタ安打
7年ぶりの屈辱的記録となった
1試合でも早く止めてもらいたい
西武は森友哉がルーキー松本航のプロ初勝利に貢献
その松本航に辻監督は辛口で注文をつけた
5回2失点だっただけに、もっと長いイニング任せられる投手になってもらいたい
そんな親心を感じた

最後はソフトバンクVS日本ハム
ソフトバンクはミランダ、日本ハムは上原健太が先発
試合は1回裏から動いた
ワンナウト1塁
グラシアルの第7号ツーランホームラン
2-0とソフトバンクが先制する
さらに3回裏
ワンナウトランナーなし
川島慶三の第1号ソロホームラン
3-0とソフトバンクがリードを広げる
日本ハムはその裏の4回表
ワンナウト満塁
中島卓也の打球を牧原大成が悪送球
その間に3塁ランナーの渡邉諒と2塁ランナーの平沼翔太がホームイン
記録はタイムリー内野安打
3-2と日本ハムが1点差に詰め寄る
しかしその裏
この回先頭打者のデスパイネが第11号ソロホームラン
4-2とソフトバンクがリードを広げ、試合は5回終了後に降雨コールドゲームとなった
勝ち投手はミランダ
負け投手は上原健太
セーブは武田翔太
日本ハムは西川遥輝、近藤健介、中田翔、王柏融、渡邉諒、平沼翔太、中島卓也が安打を放った
先発した上原健太は3回4失点と打ち込まれた
ソフトバンクは川島慶三が2安打とマルチ安打の活躍
先発したミランダは4回2失点とまずまずだった
またしても雨に泣く形となった日本ハム
しかしファンにとってはたまらない時間があった
4回裏の開始前にグランド整備が行われた
その時間を使ってレフトの近藤健介がスタンドのファンとキャッチボールをした
さらには牧原大成が自打球による負傷で治療中にセンターの西川遥輝がファンが差し出した折りたたみ傘を受け取り談笑
記念撮影にも快く応じた
ソフトバンクファンの人と思われる人が相手だっただけに、思わぬ形での敵味方を超えた交流となった
ソフトバンクは鹿児島での試合は95年から負けなしの9連勝となった
チームはこれで3連勝となった

この記事へのコメント