プロ初完封目前でスルリ・・・9回に悪夢!

ロペス 成瀬善久 ビシエド 中村剛也 京田陽太 西川龍馬 清水達也 坂本勇人 ゲレーロ 山崎康晃 バティスタ 荻野貴司 木浪聖也 平沢大河 プロ野球 高梨裕稔 柳裕也 オリックス 2軍落ち バースデータイムリー 浅村栄斗 松田遼馬 ソロホームラン 代打 レアード 小川監督 東條大樹 掘瑞輝 右手首 石川亮 犠牲フライ ロメロ 堂上直倫 松本航 村上宗隆 Kー鈴木 多和田真三郎 増田達至 山田哲人 押し出し 岸孝之 バーベイト 中島宏之 リクエスト 復帰戦 西野勇士 茂木栄五郎 完封勝利 田中俊太 ルーキー 近藤大亮 ドラフト1位 石川歩 松井佑介 中崎翔太 パ・リーグ 益田直也 ヤクルト 大島洋平 日本ハム 阪神 DeNA プロ初完封 ツーランホームラン 高橋礼 増井浩俊 スリーランホームラン 死球 福田秀平 二桁勝利 石川雅規 石橋良太 菊池涼介 ガルシア 甲斐拓也 山本泰寛 秋山翔吾 森脇亮介 高橋周平 田中広輔 ロッテ 通算50勝 アドゥワ誠 走者一掃 メルセデス ジョンソン 宋家豪 アクシデント 上茶谷大河 矢野監督 平沼翔太 宮崎敏郎 清宮幸太郎 濱口遥大 ソフトバンク 清田育宏 鈴木誠也 楽天 守護神 ミランダ 風張蓮 4試合連続 亀井善行 兄弟 野間峻祥 青木宣親 スタメン落ち 巨人 メッセンジャー ボルシンガー 栗山巧 吉田正尚 東京ドーム 11連勝 3年ぶり ハーラートップ 広島 森友哉 セ・リーグ 先頭打者ホームラン 上沢直之 ダブルプレー 太田賢吾 中日 糸井嘉男 福田永将 山口俊 伊藤康祐 西武 ワイルドピッチ 安倍友裕 釜元豪 通算100試合登板 ソト 筒香嘉智
DeNAのドラフト1位ルーキー上茶谷大河がプロ初完封をあと一歩で逃した
8回まで無失点と完封ペースで好投
しかし9回につかまり完封勝利は目前でスルリと消えた
勝利投手となったが、あわや逆転負けとなりそうだった
勝ち投手となれただけまだついていたのかもしれない
この試合を含め、昨日の試合を振り返る
まずはセ・リーグ
巨人VS広島
巨人はメルセデス、広島はジョンソンが先発
試合が動いたのは2回表
ノーアウト1塁3塁
安倍友裕のダブルプレーの間に3塁ランナーの鈴木誠也がホームイン
0-1と広島が先制する
さらに3回表
ワンナウトランナーなし
菊池涼介の第4号ソロホームラン
0-2と広島がリードを広げる
さらに4回表
ワンナウト1塁3塁
ジョンソンのタイムリーヒット
さらにワンナウト1塁3塁
野間峻祥のタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁3塁
バティスタの振り逃げの際に3塁ランナーのジョンソンがホームイン
0-5と広島がリードを広げる
巨人は5回裏
ワンナウトランナーなし
ゲレーロの第7号ソロホームラン
1-5と巨人が点差を縮める
しかしその裏の6回表
ツーアウト1塁2塁
西川龍馬のタイムリーツーベース
1-6と広島がリードを広げる
さらに8回表
ツーアウトランナーなし
バティスタの第12号ソロホームラン
1-7と広島がリードを広げる
巨人はその裏
この回先頭打者の山本泰寛が第1号ソロホームラン
さらにノーアウト2塁3塁
中島宏之の犠牲フライ
さらにワンナウト2塁
坂本勇人の第16号ツーランホームラン
5-7と巨人が2点差に詰め寄るも、反撃はそこまで
勝ち投手はジョンソン
負け投手はメルセデス
セーブは中崎翔太
巨人は亀井善行とゲレーロが2安打とマルチ安打の活躍
先発した3回1/3イニング5失点と炎上した
広島はバティスタが3安打と猛打賞の活躍
先発したジョンソンは7回4失点と打ち込まれた
巨人は痛恨の連敗
山本泰寛は本拠地・東京ドームで初めてホームランを放った
兄弟間でのアウトセーフでリクエストもあった
兄である広島の田中広輔が3盗した際に勢いが余りベースから足が離れた
その間に弟である巨人の田中俊太がタッチし、アウトと判定された
リクエストの結果判定はセーフに覆った
広島は3年ぶりの11連勝となった
ジョンソンは通算50勝を達成
100試合登板での達成となった

続いてヤクルトVS中日
ヤクルトは石川雅規、中日は柳裕也が先発
試合は1回表から動いた
ツーアウト2塁
ビシエドのタイムリーヒット
0-1と中日が先制する
ヤクルトはその裏
ワンナウトランナーなし
青木宣親の第7号ソロホームラン
1-1とヤクルトがすぐさま同点に追いつく
中日は3回表
ノーアウト2塁
大島洋平のタイムリーヒット
1-2と中日がすぐさま勝ち越しに成功する
ヤクルトはその裏
ツーアウトランナーなし
山田哲人の第10号ソロホームラン
2-2とヤクルトがすぐさま同点に追いつく
しかしその裏の4回表
この回先頭打者の堂上直倫が第3号ソロホームラン
2-3と中日がすぐさま勝ち越しに成功する
さらに6回表
ツーアウト1塁2塁
代打・松井佑介のタイムリーヒット
2-4と中日がリードを広げる
さらに7回表
ノーアウト満塁
高橋周平のタイムリーヒット
2-5と中日がリードを広げる
ヤクルトはその裏
ワンナウトランナーなし
太田賢吾の第2号ソロホームラン
3-5とヤクルトが2点差に詰め寄る
しかしその裏の8回表
ツーアウト1塁3塁
大島洋平のタイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
高橋周平の走者一掃のタイムリースリーベース
さらにツーアウト3塁
京田陽太の打席時に風張蓮がワイルドピッチ
その間に3塁ランナーの高橋周平がホームイン
3-10と中日がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は柳裕也
負け投手は石川雅規
ヤクルトは太田賢吾と山田哲人が2安打とマルチ安打の活躍
先発した石川雅規は4回3失点とピリッとしない内容だった
中日は伊藤康祐、大島洋平、高橋周平が3安打と猛打賞の活躍
先発した柳裕也は5回2失点と好投した
ヤクルトは村上宗隆がスタメン落ち
怪我などではなく、小川監督が総合的に判断しスタメンを外した
しかし負の連鎖は止まらず10連敗となった
中日はキャプテンの高橋周平が絶好調
ここ4試合で8安打9打点と大暴れ
アクシデントもあった
福田永将が右手首を痛めて帰名した
その代わりにスタメンに名を連ねた伊藤康祐がプロ初の猛打賞の活躍
福田永将の怪我は大事に至らないでもらいたい

続いてDeNA VS阪神
DeNAは上茶谷大河、阪神はメッセンジャーが先発
試合が動いたのは5回裏
ワンナウト満塁
ロペスの犠牲フライ
1-0とDeNAが先制する
さらに6回裏
ワンナウト満塁
宮崎敏郎のタイムリーヒット
さらにツーアウト満塁
筒香嘉智の2点タイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁3塁
ロペスの2点タイムリーヒット
6-0とDeNAがリードを広げる
阪神は9回表
ノーアウト2塁3塁
糸井嘉男の第3号スリーランホームラン
さらにツーアウト2塁3塁
木浪聖也の2点タイムリーヒット
6-5と阪神が1点差に詰め寄るも、反撃はそこまで
勝ち投手は上茶谷大河
負け投手はメッセンジャー
セーブは山崎康晃
阪神は木浪聖也が2安打とマルチ安打の活躍
先発したメッセンジャーは5回2/3イニング6失点と炎上した
DeNAはソトが2安打とマルチ安打の活躍
先発した上茶谷大河は8回4失点とピリッとしない内容だった
阪神のメッセンジャーが炎上するも、微妙なところのストライク判定とってもらえなかったことに矢野監督もふれて、メッセンジャーを庇った
DeNAは阪神戦の連敗を7で止めた
上茶谷大河は今シーズン二桁勝利することを力強く宣言した

続いてパ・リーグ
楽天VSオリックス
楽天は岸孝之、オリックスは成瀬善久が先発
試合が動いたのは4回裏
ツーアウトランナーなし
浅村栄斗の第13号ソロホームラン
1-0と楽天が先制する
しかし7回表
この回先頭打者のロメロが第2号ソロホームラン
1-1とオリックスが同点に追いつく
さらに8回表
ワンナウト満塁
吉田正尚の2点タイムリーヒット
さらにツーアウト2塁
ロメロのタイムリーヒット
1-4とオリックスが勝ち越しに成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は近藤大亮
負け投手は宋家豪
セーブは増井浩俊
楽天は茂木栄五郎が2安打とマルチ安打の活躍
先発した岸孝之は7回1失点と好投した
オリックスはロメロが2安打とマルチ安打の活躍
先発した成瀬善久は5回2/3イニング1失点と好投した
楽天の岸孝之は復帰戦を白星で飾れず
7回1失点と好投も、同点弾を打たれた場面を悔やんだ
オリックスの成瀬善久も好投するも約3年ぶりの白星はお預けとなった
本人はある程度は納得したようだが、ピンチを作っての途中交代など課題をしっかり見据えていた

続いて西武VS日本ハム
西武は多和田真三郎、日本ハムはバーベイトが先発
試合は1回裏から動いた
秋山翔吾の第8号初回先頭打者ホームラン
さらにワンナウト1塁2塁
森友哉のタイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁3塁
栗山巧の2点タイムリーヒット
4-0と西武が先制する
さらに2回裏
この回先頭打者の秋山翔吾が第9号ソロホームラン
5-0と西武がリードを広げる
日本ハムは4回表
ツーアウト満塁
清宮幸太郎の2点タイムリーツーベース
さらにツーアウト2塁3塁
平沼翔太の2点タイムリースリーベース
さらにツーアウト3塁
石川亮のタイムリーツーベース
5-5と日本ハムが同点に追いつく
しかし7回裏
ワンナウト満塁
中村剛也に押し出し四球
さらにワンナウト満塁
栗山巧の犠牲フライ
7-5と西武がリードを広げ、そのまま逃げ切った
勝ち投手は森脇亮介
負け投手は掘瑞輝
セーブは増田達至
日本ハムは石川亮が2安打とマルチ安打の活躍
先発したバーベイトは1回5失点と炎上した
西武は秋山翔吾が4安打と猛打賞の活躍
先発した多和田真三郎は3回2/3イニング5失点と炎上した
日本ハムの清宮幸太郎は今シーズン初安打を記録
20歳の誕生日にバースデータイムリーを放った
西武の多和田真三郎は2軍落ちが決まった
期限は設けず無期限での2軍落ちとなる
辻監督もエースとしての自覚を促した
この日は中田翔に死球を与えてからリズムが狂った
5点リードの4回表ツーアウトランナーなしから死球を与えてそこから一気に同点に追いつかれた

最後はロッテVSソフトバンク
ロッテはボルシンガー、ソフトバンクは高橋礼が先発
試合は1回裏から動いた
ツーアウト1塁2塁
レアードのタイムリーヒット
1-0とロッテが先制する
さらに2回裏
ワンナウトランナーなし
平沢大河の第1号ソロホームラン
2-0とロッテがリードを広げる
ソフトバンクはその裏の3回表
ツーアウトランナーなし
釜元豪の第2号ソロホームラン
2-1とソフトバンクが1点差に詰め寄る
さらに6回表
ワンナウト3塁
福田秀平のタイムリー内野安打
さらにワンナウト3塁
甲斐拓也のセーフティースクイズ
2-3とソフトバンクが逆転に成功する
しかし7回裏
ワンナウト2塁
清田育宏の第5号ツーランホームラン
4-3とロッテが逆転に成功し、そのまま逃げ切った
勝ち投手は東條大樹
負け投手は松田遼馬
セーブは西野勇士
ソフトバンクは福田秀平が2安打とマルチ安打の活躍
先発した高橋礼は6回1/3イニング3失点と好投した
ロッテは荻野貴司が3安打と猛打賞の活躍
先発したボルシンガーは5回1/3イニング3失点とピリッとしない内容だった
ソフトバンクの福田秀平は復帰戦でいきなり2安打とマルチ安打を放った
しかしチームは敗戦
対ロッテ戦は今シーズンここまで3勝8敗と大きく負け越しとなっている
ハーラートップを狙った高橋礼でも勝つことはできなかった
ロッテは守護神・益田直也に代わって西野勇士が抑えをした
元抑えだけにしっかりと0に抑えた
益田直也との守護神争いとなりそうだ
清田育宏は4試合連続でのホームランとなった

今日の予告先発は以下の通り
セ・リーグ
14時プレイボール予定
巨人(山口俊)VS広島(アドゥワ誠)
18時プレイボール予定
ヤクルト(高梨裕稔)VS中日(清水達也)
13時プレイボール予定
DeNA(濱口遥大)VS阪神(ガルシア)
パ・リーグ
13時プレイボール予定
楽天(石橋良太)VSオリックス(Kー鈴木)
13時プレイボール予定
西武(松本航)VS日本ハム(上沢直之)
14時プレイボール予定
ロッテ(石川歩)VSソフトバンク(ミランダ)

巨人の山口俊はここまで4勝2敗
前回の広島戦は7回3失点で勝ち負けつかず
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
広島のアドゥワ誠はここまで2勝1敗
前回の巨人戦は2番手で2回無失点と好投した
対巨人戦初先発となる
好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ヤクルトの高梨裕稔はここまで4勝3敗
対中日戦は3試合に登板して1勝2敗
前回の中日戦は7回3失点で勝ち投手となった
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
中日の清水達也はここまで2勝0敗
前回登板は5回2失点で勝ち投手となった
初のヤクルト戦でも好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
DeNAの濱口遥大はここまで2勝1敗
前回の阪神戦は9回無失点と完封勝利
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
阪神のガルシアはここまで0勝2敗
前回のDeNA戦は4回7失点も勝ち負けつかず
1軍復帰登板となる今日の試合
今度こそ好投して移籍後初勝利を手にしてもらいたい
楽天の石橋良太はここまで2勝2敗
前回のオリックス戦は5回2/3イニング1失点も勝ち負けつかず
オリックスのKー鈴木はここまで1勝1敗
前回の楽天戦は7回無失点も勝ち負けつかず
今シーズン2度目の投げ合いとなる両投手
今日どちらかに白星を手にしてもらいたい
西武の松本航はここまで1勝0敗
前回登板は5回2失点でプロ初勝利を手にした
今日も好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
日本ハムの上沢直之はここまで3勝2敗
対西武戦2戦2勝と相性がいい
前回の西武戦は6回5失点も勝ち投手となった
今日は好投してチームの勝利に貢献してもらいたい
ロッテの石川歩はここまで1勝2敗
前回のソフトバンク戦は6回4失点も勝ち投手となった
ソフトバンクのミランダはここまで3勝2敗
前回のロッテ戦は5回2失点も勝ち負けつかず
今シーズン2度目の投げ合いとなる両投手
今日はどちらが投げ勝つか注目である

この記事へのコメント